ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

楽して成績アップしたい人へ。勉強はただやってもダメ!鍼灸学生が考えるテストの点を伸ばす最も効率の良い勉強方法とは?

  私の学校では3年生になるとほぼ毎月のペースで大きなテストがあります。

  7月から重要度が増してくるので、それまではリア充しようと思って全く勉強しませんでした。授業もほぼ寝ていましたよ(笑)

  しかし時期が近づいてくるにつれ「やべえな」となってきます。

  というわけで今週からぼちぼち本気を出しているのですが、勉強はただやっていても身につきません。

  そこで私が在学中の今までに考えた効率の良い勉強テクニックをご紹介します。

 

  一見バカっぽいけどマジです。

 

f:id:mogemilk:20161222195507j:plain

 

医学を学ぶにあたり

  鍼灸学校は医学を学びます。

  医学の勉強はほとんど暗記でカタが付きます。

  掘り下げると、分子科学、生物学や組織学などの知識があったほうが有利ですが、時間のロスが大きいのでやらない方がいいかも知れません。

 

  ツボは約400、骨は200、筋肉は300、病気の名前は200くらい、さらに徒手検査のやり方50くらい、法律、統計学、衛生学、上げるとキリがないのでこのへんで。

  これを暗記すれば合格します。量が膨大。

 

脳の動かし方

  やっていると、これって筋トレと大して変わらねえなと気づきます。

  身体こそ動かさないものの、脳を動かして暗記をするのはとんでもなく疲れる。私はなぜか勉強すると非常に寝つきが悪くなります。興奮しすぎて止まらなくなるのですが、一方、机に向かい始めた時は、なかなかスイッチが入らなくて困ります。

 

  私が考えた、脳の動かし方。

 

①準備体操に音読

  やる気スイッチのオン・オフは受験生永久の課題です。

  暗記は脳にとっては大変な重労働なので、いきなりやろうとしてもキツくて気が向きません。そこで覚えようとするのではなく、間違えずに読むことに集中し、教科書を音読します。

  音読には脳の色々な部分を使いますので、準備体操にちょうどいい。

  ちなみに軽い運動も良いそうです。

  何事も準備は必要!

 

②水を飲む

  水分不足は身体に悪影響を及ぼします。

  それと関係があるかどうかは不明なのですが、水を十分飲んだ方が、脳のはたらきが良くなるらしい。

  実験で結果が出ているそうですが、理由はよくわからんとか。

  でも結果が出ているのならやるべきです!

  私もマネして水を飲みながら勉強しますが、心なしか疲れ度合いが違う気がする。楽な気がします。でもトイレが近くなるので自宅で勉強する時にやりましょう!

 

参考

shuchuryoku.jp

 

③百会に置鍼する

  鍼灸学生オリジナル勉強法です。

  クラスメイトがこんなラインを流していました。

 

  「めりーさん!!!百会に鍼打って勉強したらすげえ入ります!!やべえwwww

 

  ハッキリ言ってこれを見た時若干引きました、だまされたと思ってやってみたらなんか良い気がする。

  念のため説明しますと、百会は頭のてっぺんにあるツボ。色々な使い道のある便利 なツボですが、勉強にも使えるんですね。すげえな。

 

  しかし自分で脳天に鍼を打ったままにして勉強するってかなりクレイジー

  鍼灸学生のみなさんはやろうと思えば出来ますが、事故っても私は責任を取れませんので、良い子はマネしないでね。

 

④カフェやレストランで勉強して優越感を得る

  医学を学ぶのって、偉いと思うんです。

  偉くね?自分。でも周りのみんなも同じことをしているので、特に褒めてもらえません。

  そこで普通の人がわんさかいるカフェやレストランで堂々と医学を勉強してみます。

  別に誰からも褒められないし、誰も見ていないかと思いますが、「私、みなさんと違うのよ」と勝手に思って優越感に浸りながら勉強します。心なしか優越感のためにはかどる気がする。

 

⑤疲れたら散歩

  とはいえずっとやっていると疲れます。

  特に暗記は長い時間集中することが難しいです。

  1日勉強していると、疲れてきて死にたくなる時があります。

  ヤバいですね。

 

  死にたくなる前に勉強を中断して、少し散歩をしましょう。

  歩くことは強制的に脳内の血流を変更できますので、疲れている脳の部分が休むことができます。

 

  私の住んでいるシェアハウスにはコンピュータープログラマーの人も数人いますが、彼らはプログラムを書くことに疲れると、外へフラッと手ぶらで出かけて、しばらくすると帰ってきます。聞くと、「脳が溶けてるから歩いてリフレッシュしているんだ」と言う。溶けることはないでしょうが、良い気分転換です。

 

 

  他にも色々ありますが、ネタ的な部分だけチョイスして今回はここまで。

  脳の仕組みを科学的に考えると、効率の良い勉強方法は意外と知られているのです。勉強するのは、脳。脳の使い方を知ることは、勉強が上手になることです。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

あるトルコ人の話

  先週の模試、ノー勉で受けたら5位タイでした。

  すごいのでしょうが、何しろノー勉だったので逆に負けたことが悔しかったんです。点数もそんなに良くなくて。やっていたらもっと良い点数だった。

  1位の常連さんがいるのですが、その方に勝つには満点を取るしかありません。

  満点の労力って、尋常じゃないんですよ。100点満点なら150点取る気持ちで勉強しないと取れません。

 

 

  先ほど、いつものトルコ人にぼやきました。

 

 

関連記事*トルコ人の小ネタ

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

 

めりー  「1番勉強ができる人が、すごく頭良いんだよね。」

トルコ人  「でもそのヒトはカワイソウです。勉強ばかりしている。」

めりー  「うーん、でもやっぱ負けると悔しいじゃん。その人に勝つには、100%正解するしかないんだよね。」

トルコ人   「エーッ、そんなに勉強したらNO LIFEデス。めりチャン戻ってきてクダサイ。」

めりー  「ほう、トルコ人、良いこと言うな!NO LIFEか!」

 

トルコ人  「はい。ワタシは勉強デキナイから、そうやって思うコトにシテマス。

 

めりー  最後のやつ、いらねえ!!!

 

 

  受験生、がんばりま〜〜す(゚ω゚)