ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

病院医療

胸にしこりがあるので検査に行ってみた話【乳腺外科】

女性の30代というと身体のことが色々心配になってきます。 今に始まった話ではないのですが、私は子供の時から胸にしこりがありました。 胸のしこりというと、疑われるのが乳がんです。 でも胸がふくらんできてからずっとあるので、がんにしては変だなーと、…

マッサージ師がリハビリ室で見る診療情報提供書。医療職でも文章を書く練習はした方がいいと思う

私の病院はターミナルケア病院・施設です。 治療を終えた患者の最終受け入れを行なっています。 退院する人はほぼいません。 まれに転院する場合がありますが ほぼ皆さんが緩和ケアのために入院します。 患者さんが転送されてくる時に、前院から診療情報提供…

ひざ痛の母が「助けて!」って言ってきた話。整形も接骨院も通っているのに痛いのはなぜか

昨晩、母からラインがきました。 「整形外科も、接骨院も通っているのに、膝が痛くてしょうがない。どうしたら痛くなくなるの!?」 と、結構必死に助けを訴えてきたのですが 普段からひざ痛の方と接している私は 「いや整形かかっているなら先生の指示があ…

鍼灸マッサージ師だけど有床病院リハビリ室に就職した!ひとりのセラピストが病院職員になって色々大変な話。

鍼灸マッサージ師のめりーです。 多くの鍼灸マッサージ師は、治療院や接骨院などに勤めるそうですが 私は病院に就職しました。 今日は職場のお話です。 専門学校中に、看護助手をやってみた はりきゅうあん摩マッサージ指圧の専門学校を、この春卒業しました…

鍼灸マッサージ師で末期医療をしてみたけど、患者を見送ることについて書いてみる

鍼灸・マッサージ師として新卒で末期医療病院に就職して早3ヶ月が経とうとしています。 色々ショッキングなことがありましたけど 亡くなる人を見送るっていうのが考え深いので、 自分の思考を整理する意味も含めて文章を書いてみます。 一般にあまり知られて…

鍼灸・マッサージ指圧師が病院で働くメリットとデメリット。やりたいことができる素晴らしい環境!でも、やっぱり辛い時もある

私はターミナルケア(終末医療)の病院で鍼灸・マッサージ師として働いていますが、 辛いことがありつつも、患者さんに感謝されることは多く、新卒ながら、ひとりの鍼灸・マッサージ師として、非常にやりがいを感じています。 今回は、鍼灸・マッサージ師が…

ターミナルケア病院てどんなところ?終末医療の中のあん摩マッサージ指圧師の仕事

私は現在ターミナルケア(終末医療)を行う病院でマッサージ師として仕事をしています。あまり聞き慣れないターミナルケアですが、どんな病院で、どんな患者さんがおられるか、簡単にご紹介いたします。 ターミナルケアとは ターミナルケア terminal care 終…

鍼灸マッサージ師(仮)がEBMセミナーに行ってきた!医師・薬剤師と一緒に勉強してみて思ったこと

先日、医師主催のセミナーへ参加してきました。このイベントの参加は2回目で、今回は社会人向けということで現役の医師・薬剤師と同じグループで勉強させて頂きました。 結論から言うと超大変だった!自分乙!! 今日は医学系大学卒の人たちと勉強した感想で…

「めりーさん、入院です。」お腹が痛くて病院に行ったら帰れなくなった事件。【大腸憩室炎】

先日の記事で「めりーさん入院事件」をちょろっと書いたのですが、この話が絶対面白いと思うので詳細を語ります。 世の中には色々な病気があるのですが、「大腸憩室炎」と言う病気もその1つです。一回かかるとまたかかってしまうことのある、「あんまり死に…

最近の病院のトレンド知ってる?10年でずいぶん変わったなあな話と終わらない歯医者さん【歯科】

私は歯が汚れやすいようで、よく色が着きます。 タバコとかお茶のせいだとは思うのですが、ほかの喫煙者の人はこんなに色がつかないので、何か理由があるのかもしれない。 言い訳はいいとして、反省して歯医者に行ってきました。 時々、クリーニングと定期検…

認知症の患者さんが教えてくれたこと。看護助手のひとりごと

私は内科病棟で看護助手として働いています。 患者さんにはやはり高齢者の方が多いのですが、認知症の方もしばしば入院されています。 私は認知症の方とお話したことが一度もなかったのですが、先日とても良い経験をしたので、そのことについてまとめてみま…

整形外科医の講義を聴いてきた!人工関節と再生医療による関節の治療。再生医療はもう身近だ!

私はよく外部の勉強会にお邪魔しているのですが、先日は初めてドクターによる勉強会を拝聴してまいりました。 職場の外でドクターに会うのが初めて、 しかも外科の先生は私の中で色んなイメージがありましたが・・・ とっても良い人で助かった。 学校では教…

病院であったホッコリする話。頑張っていれば誰かが見ていてくれる!【看護助手はミラレタ】

私は放課後、大学病院で看護助手のアルバイトをしています。 助手とはいえ、体力的に結構キツくて、大変な仕事だと思いますが、とても楽しく働かせて頂いております。 最近ドクターとの間にステキな出来事があったのでこちらにご報告。 ドクターとの間にステ…

トレーナーセミナーに行ってきた!治療家による治療家のための身体づくりセミナー

そろそろ勉強を再開し、毎日フル回転で(今は)徒手検査を暗記中の私めりーさんですが、先日またもやトレーナーさんのセミナーへお邪魔してきました。 治療家のみなさんをはじめ、医療従事者は患者さんの体調を考えることが仕事ですが、さて、ご自身のお身体…

身体が治るってどういうこと?人間の身体は、治る方が、珍しい!

医学は人を癒すためにあります。私たちが医学を学ぶのは、人を癒すため、治すためなのですが、さて、なぜ傷は治るのでしょうか? 子供のころから、膝を擦りむいてもいつか傷は治る、というのが当たり前でしたが、それって、何で? 考えたことありますか? 実…

感染症予防、意識していますか?衛生管理は実は超大事!看護助手のゾッとする話

私は鍼灸学生の傍、ブロガーと看護助手を並行して行っております。 看護助手は国家資格のいらない医療職ですが、大規模病院で患者さんや先端医療に接していると、身の引き締まる思いです。 病院では衛生管理にとても気をつけています。 衛生についての意識に…

「もしよかったら」メモにアドレスが!お客さんや患者さんに連絡先をもらう問題【命題】

お客さんや患者さんにものをもらうことがあります。 www.tenishoku-serapisuto.net タダでものをもらって喜ぶのは小学生までで、大人になるにつれ何か裏があるのでは・・・と疑心暗鬼になっていくもの。 別の言い方をすれば、汚れていくものです。 医療従事…

骨折ってどれくらい痛いの!?私の骨折経験談。救助してくれたのは神、病院にいたのはボケ担当チームだった【整形外科】

うっかり骨を折りました。 いやあ・・・ 春休みが長かったので浮かれていたんです。 趣味でクロスバイクに乗っているのですが、近くに荒川があるのでちょくちょく走っていたんですね。 クロスバイクとかロードバイクに乗っている人なら分かると思うのですが…

柔道整復師がアツい!私がお会いした、能がありすぎ鷹な柔道整復師たち

最近、鎖骨を骨折しまして、その治療が徐々に終わろうとしています。身体に起きる様々な変化に驚き、不安になりましたが、お会いした柔道整復師の先生に治療を手伝って頂き、やっと普通に近い生活ができるようになりました。 今回はそんな頼りになる柔道整復…

ドクターもナースも理学療法士もみんなフェア!アメリカの医療現場とスタッフの資格

先日、アメリカでの治療経験のあるスポーツトレーナーの先生のセミナーへ行ってきました。大変参考になる講義でしたが、そのなかでも面白かったのが先生のアメリカでの経験でした。 今回はアメリカの治療業界について、私の知識も交えてお話します。 文化が…

医師でもない、看護師でもない、患者でもない、病院の不思議な立場【看護助手はミタ】

私は医療系学生をしていますが、放課後は専門とあまり関係のない、看護助手アルバイトをしています。このバイトを初めて半年経ちました。4月になり、新しい看護師さんや医師がやって来て、私の方が病院のことを知っていたりして不思議な気持ちになります。 …

白衣もおしゃれがある?病院で働く人の、医療用衣服の種類5選

病院で働いていると、その仕事の種類の多さがよくわかります。看護師、看護助手、検査技師、薬剤師、作業療法士などなど・・・。どうやって区別がつくかというと、皆、制服が違います。 全員白衣を着ているのですが、ワンポイントがあったり、色が付いていた…

骨折から10日経過。比較写真で分かる、腫れの経過。【整形外科】

右鎖骨骨折を治療中です。損傷から早くも10日目を迎えました。右手が不自由ですが、骨折は治癒までに時間がかかるものなので、早く慣れようと、いつもと変わらない生活を心がけておりました。 最近は症状のレポートばかりですが、せっかく大怪我したので記録…

骨折、怪我や病気の痛みが辛い。私が体験した痛みに勝つための5つの方法

利き手の骨折治療中の私ですが、生きていると病気になったり怪我をしたりしていろいろな体験をします。そのたびに「こうやって治っていくんだなあ」と人間の強さを知り、同時に痛みに対しても勝とうとする心得を習得しました。 今回は、怪我や病気の痛みに勝…

右鎖骨骨折5日目。救急病院が遠すぎたので転院したよ【整形外科2軒目】

月曜日に骨折してから5日が経過しました。 折れたのは右鎖骨の遠位端(一番外側)。ズレはあまり無く、固定のみで経過観察となっています。 ここまでの治療体験まとめです! www.tenishoku-serapisuto.net 転院することになった 受傷時に搬送された救急外来…

資格や勉強のいらない病院・医療系の仕事、働き方

私は社会人を経て医療系の専門学校へ入学しました。今では大学病院に勤めるようになり、どっぷりと医療業界に浸かっていますが、それも全て30歳を過ぎてからでした。やってみるまでは、医療従事者は若い人が高卒で進学し、それぞれ勤めるものだと思っていた…

ドクターとナースは恋愛する?病院内の恋愛事情を勘ぐってみる【看護助手はミタ】

下世話な話です。 院内恋愛対象ってあるのでしょうか?私は看護助手として大きな病院で働いていますが、ずっと気になっていたのでそういう目で周りを見てみることにしました。 今日は院内恋愛を考えます。 こんな看護助手さんがおられます。 detail.chiebuku…

医療系学生必見。熱血・正義感!救急救命現場の人たち、書籍とブログ4選

私はよく本を読みます。その時々により、マイブームがあるのですが、以前とってもハマったのが救急救命のドクターです。熱血系の先生が多く、著書だけでなくブログでも長らく愛読したものがありました。今回はそんな救命医の先生をご紹介します。 余談ですが…

女性患者が恋をする、ハンサム先生に遭遇した事件【看護助手はミタ】

私は学生のかたわら、大学病院で看護助手のアルバイトをしています。助手と言えども働いているのは最先端の医療現場、色々なシーンを目にしますが、時々面白いハプニングもあります。今回は、女性患者ファンが多い、ドクターハンサム(通称)のお話しです。…

花粉症でアレルギー性皮膚炎になったので病院へ行ってみた。【皮膚科】

私は花粉症ですが、近年はそれほどひどい鼻炎が無く、薬も飲まずに春を迎えておりました。しかし今年はどういうわけか顔面がひどい炎症を起こし、皮膚科を受診。花粉症で皮膚炎になることを知ると同時に、自分が敏感肌であることを知りました。 今回は、アレ…