ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

治療院の種類と、目的に合った使い方、保険の使い方

 一般に、「治療院」という言葉はあまり使われていません。多くの一般の方は「病院」という言葉は使いますが、「治療院」についてご存知でない方は多いと思います。治療院について、よく混同されるのは、もみほぐしを行うリラクゼーションサロンと、マッサージ治療院です。何が違うのか、分かりにくいですよね。

 今回は治療院に限って、種類の説明をしようと思います。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

 

f:id:mogemilk:20160920084756j:plain 

 

接骨院

 接骨院は柔道整復師という国家資格を持った人が、骨折、捻挫、打撲など、急な外傷の治療を施してくれます。保険治療が多く、スポーツ外傷などでよく利用されます。交通事故時の怪我の利用も多いと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 ただし、複雑な怪我、病気や、重症のものは必ず病院へ行くことになります。接骨院には医師は居ません。よって、レントゲンなどの精密検査は、必ず病院を経由することになります。ですから、外傷の中でも、比較的軽症の患者さんが利用していると言えます。以下のほかの治療院と一体となっている接骨院も多いです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

鍼灸院

 鍼灸師という国家資格者が、「はり」や「きゅう」を用いて、慢性痛などの治療を施してくれます。こちらは急な外傷は扱いません。何年も痛みや痺れがなくならないような慢性痛や、怪我や病気の回復の他に、具合が悪くて病院にかかったものの、検査で異常が出ない、病気がみつからない、というような方に非常に有用です。最近は「美顔鍼」が流行っており、エステのような鍼灸院も増えました。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 鍼灸治療は保険の適用が出来ます。接骨院とは少々違うのですが、疾患を普段診てもらっている、かかりつけの医師に鍼灸治療を許可する「同意書」というものを発行してもらいます。その同意書を持っていくことで、保険治療を行うことができます。ただし、私がいた現場的には、そのやり方をご存知な方が多く無いようで、自費診療の患者さんが多いという印象です。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

あん摩マッサージ指圧院

 あん摩マッサージ指圧師という国家資格者が、マッサージや指圧を用いて、慢性痛などの治療を施してくれます。こちらも急な外傷は扱いませんが、筋肉の怪我や慢性痛に優れています。ただ、単独で存在する治療院は、他と比べ少なく、よく見るのは、接骨院や病院の治療の中にあん摩マッサージ指圧師が治療をしている姿です。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 本来、マッサージはあん摩マッサージ指圧師と医師しか行うことができません。保険治療に非常に必要とされているものなので、保険を扱う場所に、あん摩マッサージ指圧師はよく居ます。 保険適用の出張治療は非常に普及していて、家から外出できないような、身体に麻痺のある患者さんの治療を行うことが多いです。最近は高齢化社会の影響で、ニーズの高い職業です。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

病院

 病院には医師や看護師をはじめ、たくさんの医療スタッフがいます。大きな病院や、整形外科などに特化した病院には、上述した 柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師のいるところも多いです。特殊な例では、病院に接骨院が併設されているところもあります。医師がいれば、精密検査の指示が可能ですから、外傷の治療がスムーズになりますね。 

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

治療院の保険適用

 あまり知られていませんが、治療院では保険が使えます。上述しましたが、かかりつけの医師に、鍼灸やマッサージの治療を受けたいという旨を伝え、同意書を書いてもらいます。

 

保険の使い方

 柔道整復師のいる接骨院では、外傷での保険治療が行われています。これは接骨院側が手続きを取ってくれますので、医師に知らせる必要はありません。一方、鍼灸院やあん摩マッサージ指圧方院での保険適用には、医師の同意書が必要です。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 慢性的な疾患で保険を使いたい時、かかりつけ医にそのことを相談し、保険を使う許可を得てから、鍼灸師、あるいはあん摩マッサージ指圧師に診てもらうことになります。病院で治療を受ける場合でも、別の場所で治療を受ける場合でも、もし保険治療をするならば、まず医師の指示を仰ぐことが、法律で義務付けられています。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 世の中では鍼灸やあん摩マッサージ指圧の治療について、まだまだ知られていない部分が大きいです。最近の医療の考えは、患者の意思が最も重視されています。もし湿布などで改善が見られない時は、他の治療方法を医師に相談してみてください。あるいは、興味があったら一度自費診療で診てもらう、という方法も有効です。もし継続したかったら、その後に医師に相談すれば、金銭的にも、時間的にも、ご自身に有用な医療を選ぶことができます。

  

 

リラクゼーションと間違えないで

 ありがちなのは、リラクゼーションと治療院を混同してしまうことです。リラクゼーションは国家資格者が基本的にはいません。強い痛みや違和感があったり、動きにくい、痺れるなどの症状がある時は、リラクゼーションに行ってはいけません。必ず治療院、あるいは病院へ行きましょう。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 一言に「肩こり」と言っても、それを怪我とみなすか、疲労とみなすかで行くべき場所が変わってきます。本当に商売の幅は広いなあ、と感じます。その一方で、保険治療のしくみや、治療院や病院が何をしているところなのか、というところがあまり知られておりません。このあたりは、業界全体で、もっと周知する努力が必要であると感じています。

 

 

日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一 (講談社+α新書)