ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

治療とリラクゼーションは違う。リラクゼーションサロンのリスク

f:id:mogemilk:20160920085936j:plain

 リラクゼーションで勤務していた時、明らかに手に負えない方は治療院や病院をおすすめしておりましたが、世の中のほとんどの方が、その違いをよくご存知でないなあと感じました。今日は治療とリラクゼーションの違いと、リラクゼーションで起こりうるリスクについて説明してみようと思います。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

その肩こり、本当にただの肩こり?

 肩が凝ってつらい方は、頻繁にリラクゼーションに通っている方もおられると思います。しかし肩が凝っているからといって、必ずしも肩が悪いとは限りません。中には大変な病気や怪我も隠れていることも、まれにあります。そうなってくると、リラクゼーションサロンでは手に負えません。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 リラクゼーションは安価に全身を揉んでもらえます。どこにでもたくさんあり、便利です。ただ、そこで働く方は基本的には無資格者です。つまり、医学的な勉強を全くしてない方がほとんど。ここに危険が隠れています。

 

  

リラクゼーションサロンのリスク

リラクゼーションサロンの中には、教育が行き届いていない方がいます。私の経験では、それは個人であったり、中小企業であったりするのですが、もし疾患、病気の疑いがある時、それに気づかず、自分でどうにかしようとしてしまいます。肩こりに何か隠れている場合、発見できません。これは非常に大きなリスクです。

 

医学の大変さ

 手技の練習はもちろん皆さん一生懸命やっておられましたが、医学の知識はほとんどありません。もし自分で本を読むなど、勉強する努力をしていたとしても、医学は大変難しい学問ですから、独学で学ぶのは不可能に近いと言えます。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 さらに、ここが一番厄介なのですが、知らないということは恐ろしいことで、自分の手に負えないということもわからない方がいます。自分の元へ通わせる、という意識しか無いため、言いくるめてしまっている方を見てきました。

 私は危機感を感じ、これでは及ばない、足りないのだと思い、専門学校へ進学しました。しかし比較的大企業はリスク管理が徹底されていて、同意書を書くところもあり、安心できるだけの教育がされている傾向にあります。

 

 

治療院、病院で働く人たち

 治療院には基本的には国家資格者しかおりません。医学的な知識を十分持っています。リラクゼーションから鍼灸学校へ行ってみたら、そのレベルの違いに驚きました。自分が何も知らなかったことがショックでした。知識的にも、技術的にも、比べ物になりません。個人差はあると思うのですが、技術、知識共に優れた人がたくさんおられます。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 治療院の先生は、疾患がある時に、それを発見できる可能性があります。最終的な検査は病院になるのですが、怪しい、と思ったら、どこへ行ったらいいか指示してくれます。さらに、健康面のアドバイスも、医学的な根拠に基づいており、的確です。治療には指導が必ず必要ですが、そういったことも安心できます。来院する必要が無くなれば、来なくて良い、と言ってくれるのも安心です。

 

どういう時に治療院へ行くべきか 

 リラクゼーションサロンは、怪我や病気の時に行ってはいけません。どうやって見極めたらいいかというと、痛みや痺れがある時は、一度、治療院か病院へ行って相談しましょう。治療院はレントゲンがありませんので、激しい痛みや痺れの時は、整形外科などで検査を受け、異常が無いことを確認してから、治療院へ行くのが普通です。

 

リラクゼーションサロンの使い方

 ではリラクゼーションサロンはどういう時に利用したらいいかというと、健康な時、です。どこにも痛みや痺れが無く、怪我をするようなことをしていなくて、疲れて身体がだるいとき、ストレスがたまっている時に利用します。リラクゼーションサロンは立地が良く、駅前など便利な場所にあります。遅い時間まで営業しているところも多いので、仕事帰りにも使えて、便利です。

 

 

おわりに

 長引く肩こりや腰痛は、一度病院や治療院へ行ってみて、大きな病気や怪我でないことを確認する必要があります。その後に、通いやすいサロンがあったら、そこへ通うというのがベストだと思います。

 お会いしたお客様の中には、本当にリラクゼーションサロンが好きで、色々なところへ行っているという方もおられましたが、ふだんあまり行かない、行ったことがない方は、一度病院や治療院で診てもらうのが無難です。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 ちなみに、ニュースでショッキングに報じられる、リラクゼーションのマッサージで骨折させられた、そこまでの怪我をさせられるのは本当に珍しいです。ただし、後日痛みが出た、というのは何回か目にしたことがあります。しかしまれで、働いていて年に1回、見るか見ないか程度。どうしても心配で気になる方は、リラクゼーションサロンへは行かず、国家資格者に診てもらうのがいいと思います。