ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

医療専門学生のための簡単な参考書

 私は社会人から専門学校へ進学しました。3年制の専門学校の2年生で、折り返し地点です。勉強はとても大変ですが、自分なりに工夫して頑張っていたら、だんだん要領をつかめてきたと思います。まあそれでも大変ですけど、、、(笑)

 今回は、私が鍼灸学校へ行って、参考になった本を紹介しようと思います。 

 

f:id:mogemilk:20170119183431j:plain

 

教科書だけでは足りない

 鍼灸学校の教科書は、医学書ですから、とても難しい言葉が多いです。言葉を覚えるのに苦労することが、勉強全体のほとんどだと思います。教科書は2色刷りなので見にくく、図も簡易的で小さく、わかりにくいです。なので、私は学校の教科書の他にも様々な本を読みました。

 

 

読んでよかった本

 

①アトラス

 アトラスとは、人体解剖図のことです。専門の画家が描いていて、細かい説明も多いので、わかりやすいです。

 

プロメテウス解剖学 コア アトラス 第2版

プロメテウス解剖学 コア アトラス 第2版

 

 

 このシリーズは、私は一番見やすいと思います。イラストはリアルで美しく、写真のような仕上がりです。コラムやX線写真もあり、解剖学だけでなく、臨床的な文章も参考になります。「コア」には全ての部位が載っておりますが、各器官の専門の本も出ています。そのほかに、コンパクト版は手のひらに載るサイズで、持ち運びが簡単です。私は学校に常備しています。

 

 

プロメテウス解剖学アトラス コンパクト版

プロメテウス解剖学アトラス コンパクト版

 

 

 

 最近では、アトラスの電子書籍も出ていますが、私の印象としては、まだまだ専門性が足りないかなあ・・・といったところです。いまいち、情報が少ないように感じます。タブレットをお持ちの方はそれでも便利かもしれませんが、私は本を手にとって、ページをめくって、見る方が好きなので、紙の本を好んで使っています。

 

 

②生理学

 

カラー図解 生理学の基本がわかる事典

カラー図解 生理学の基本がわかる事典

 

 

  生理学は情報量が多いので、教科書だけで理解するのは元落ちこぼれの私には不可能に近いものがありました。この本は、各器官の大まかな説明が載っていて、フルカラーでわかりやすく書いてあります。何より、教科書より文章が簡単です。大変読みやすい本になっております。簡単なぶん、この本だけは足りませんが、ワンクッションおいて、教科書を見ることにより、大幅にわかりやすくなりました。

 

 

③経絡経穴

 他学科医学生には参考にならないと思うのですが、経絡も教科書だけでは難しいもののひとつでした。

 

ツボ単―経穴取穴法・経穴名由来解説・〔ユ〕穴単語集

ツボ単―経穴取穴法・経穴名由来解説・〔ユ〕穴単語集

 

 

 写真で筋・骨が載っており、とてもわかりやすかったです。ただ、流注の説明が少ないため、そこは何とかしてほしいところです。経絡の国家試験対策にはこの一冊で十分でしょう。

 

 

読んでもダメだった本

 

①標準シリーズ

 

標準生理学 (Standard textbook)

標準生理学 (Standard textbook)

 

 

 標準シリーズは、大学医学部学生向けだと思います。専門学生には全くわかりませんでした・・・。見慣れないのか、文章が難しいのかはわかりませんが、少なくとも2年の初期に読んでも、イマイチでした。だんだん理解力は上がっていると思うので、来年あたりまた挑戦してみます(笑)

 

 

②海外出版、日本翻訳本

 

[DVD付] アナトミー・トレイン 第2版―徒手運動療法のための筋筋膜経線

[DVD付] アナトミー・トレイン 第2版―徒手運動療法のための筋筋膜経線

  • 作者: トーマス・W.マイヤース,Thomas W. Myers,DVD日本語監修:谷佳織,板場英行,石井慎一郎
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2012/05/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「英語→日本語」翻訳の本は、文章が独特で、非常に読みにくかったです。理学療法ではとても重要な手技のようで、クラスメイトでも勉強している方が何人かおられましたが、私にはものすごく読みにくく、理解できませんでした。これも来年、また挑戦します。

 

 

まとめ

  • アトラスは一冊持っておいたほうが良い。
  • 専門学生は、大学医学部学生とは違う。自分に合った本を見つけると、勉強が理解しやすい。
  • 電子書籍は、専門書の品揃えが発展途上である。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 今回は一般のセラピスト向けではありませんでしたが、すでに進学された方、進学をお考えになっている方の参考になれば光栄です。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 国家資格学校は学費も数百万円とかなり高額です。民間資格スクールは、数十万円程度で資格取得できるものもあります。座学と技術、どちらも学べるところも多く、入門者にはおすすめです。

 セラピストには小顔矯正の技術があると、指名や集客にかなり強くなります。コースも高額なものが普及しておりますので、興味のある方は学んでみてはいかがでしょうか。

 

 

参考記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

勉強は大変ですが、技術職の人には、最も大事なことです。セラピストは一生勉強、かもしれませんね。私も日々、精進していきます。