ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

夢の脱サラ・転職で専門学校へ!社会人経験者が学生へ戻る。入学して良かったこと、大変だったこと

  私はリラクゼーションセラピストから、医療を目指して進学しました。鍼灸の専門学校へ通学しています。入学する時は、大変な覚悟をしましたが、行ってみて本当に良かった、と思っています。今回は鍼灸学校へ入学して、私が良かった、と思ったことについて書いてみます。

 

 

学校へ行って良かった事 

   進学前の私の周りには全くいませんでしたが、社会人を経て学校へ行く人は意外と多く、クラスメイトでは半分以上が社会人経験のある大人です。そのため、子供の時とは違った目で周りを見ることができ、ああ、良かったなあと思うことがたくさんあります。

  まずは良かったことからまとめます。

 

 

自分が特殊だと気づいた

  私は社会人を長らくやりましたが、どうもなんだか周りと合わないなあ・・・と思っていました。周囲の人に言っても理解してもらえず、居心地の悪さを感じながら仕事をしてきましたが、社会人を経て学生へ戻る人というのが、私の周りには全くいなくて、そうか、私はやっぱり変わっているのかもしれないな、と気づきました。

 

類は友を呼ぶ

  私が変わっているように、周りにも変わった人が多いと思います。

たとえば

・台風がすごく好きな人

・お経がカッコよくて通学中に聴く人

・スプラッタ映画が好きな人

・お金稼ぐのにハマり、学校そっちのけで稼ぎまくっている人

・タイトルを読んでも何の本かわからないような難しい本を読む人

 

  変ですね。(笑)よくよく話を聞いていると変わっている人が多いですw

  そんな感じの人が結構いるので、私も安心して自分を出せていると思います。こんなにのびのびと社会生活をしているのは、初めてです。 

  

勉強して良かった

  社会人になって、学校へ行くと、それだけマジで勉強します。子供の頃、全く勉強したことの無い私が、こんなに勉強するようになるとは、誰が想像したでしょうか(笑)

 

  勉強すると、やっぱり頭が良くなる気がします。今まではできなかった客観視や、論理的な話し方を身につけることができました。以前はすぐ感情的になっていましたが、今は全くそんなことありません。

  それから単純に勉強が面白いです。今までずっと、自分のことをバカだと思っていたのですが、自分が勉強が得意なことに気づきました。知らなかった(笑)

 

 

学校へ通って、大変なこと

  良い事がたくさんある学校生活。もちろん嫌だったり、大変だったりすることもあります。

 

金銭的に貧しい

  安定した思考回路を持ち、精神的には豊かになったと思いますが、贅沢してくらすわけにはいきません。学費の支払いに追われて毎日を過ごしています。みんな同じ悩みを抱えていて、中には仕事のために勉強がおろそかになり、留年して学校を辞めてしまう人もいるそうです。

 

定期テストのストレス

  テストは年二回。ただし、一回につき実技含め、10科目以上あります。とてもとてもとって~~~も大変です・・・。1科目の範囲も広く、膨大な量です。テスト前に勉強しただけでは、とてもじゃないけど合格しません。日頃から勉強を習慣づけることが大切になってきます。

 

 

  私が学校へ通っていてきついな、と感じるのはこの2つくらいです。

  お金については由々しき問題ですが、いっちゃえばどうにでもなります。入学前はきっとお金に困ることになるだろうと思っていたのですが、何の不便もなく暮らしています。ただ、楽ではありませんが(笑)

 

 

 

  鍼灸専門学校はワクワクがいっぱいです。でも、勉強はもう本当に大変。入学は多少の覚悟が必要です。私は入学を2年前から計画し、実行してきたのですが、行ってみると思ったよりは勉強も簡単で、とても楽しめました。ただテストは大変です(笑)

  今年は3年生で、最後の年。来年には国家試験があります。思う存分、学生ライフをエンジョイします!