ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

リラクゼーションと整体の事故

f:id:mogemilk:20160920085936j:plain

 マッサージ、というと色々思い浮かぶことがありますが、時々聞かれるのが、「事故は本当にあるのか?」ということです。 結論から言うと、ほとんど起きないが、ゼロでは無い。今回は私の知っている中ではありますが、この問題について書いてみます。

 

 

どんな事故があるのか

 サロンや整体である事故は、骨折や挫傷などです。挫傷とは、筋肉などが無理に圧迫を受けたり、引き伸ばされて、傷ついてしまうこと。知識の無いセラピストや整体師により、怪我をさせられてしまう、という事故がたまにあります。ニュースなどで大々的に報じられるため、印象が強いと思います。

 

 

どのくらいの頻度なのか

 程度の低いものなら、とても頻繁に起きています。マッサージを受けた後、「もみかえし」が起きることがありますが、あれは、強く揉まれたことにより、筋肉など身体の中がわずかに壊れて、痛みが出る現象です。痛みが出るということは、少なからず身体が傷付いています。健康な人であれば問題になりませんが、もし病気や怪我の方に起きてしまうと、大変な問題になります。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 世の中で問題になるのは、裁判になるほどの大きな怪我です。万が一に備え、多くのサロンは保険に入っていますが、店がつぶれるほどの大問題になりかねないので、細心の注意を払っています。大きな怪我は、代表的なのが骨折だと思いますが、普通のマッサージで骨折させられることはまずありません。それほどの力を加える前に、必ず強い痛みが出ます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

リスクの高い手技

 リラクゼーションで行われるものの中には、怪我をする可能性の高い、危険な手技もあります。セラピストの多くは、その危険を知らずに行っていて、事故が起きるのは、こういった危険な手技がきっかけとなります。

 

①ストレッチ

 ストレッチは、人によって「伸び」が違うので、その人の状態にあった手技をするのには、訓練と知識が必要です。よく見られる手技ですが、専門店を除くリラクゼーションサロンでは、「身体はどこまで動くか」という知識が無い中でストレッチをしていますので、リスクの高い手技であると言えます。

 

②カイロプラクティック

 カイロは骨を動かすことを目的とした手技です。知らない人がやると、骨折のリスクが高いですが、これを使っている方の多くは、何らかの教育を受けています。ただ、国家資格でないため、知識にも技術にもバラつきがあり、施術者によりまちまちです。専門店意外で受けることはおすすめ出来ません。 

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

私が見たリラクゼーションのトラブル

 実際に現場に立ち会ったことはありませんが、少なからず、働いている中で事故の可能性のある話が耳に入ってくることがありました。

 

カイロプラクティックの例

 同僚の話ですが、カイロを習った人が店長で、その人の手技により、泡を吹いて救急搬送された方がいた、というのを聞きました。泡を吹く、というのがどういう状態かはわかりませんし、聞いた話なので真偽は不明ですが、カイロの事故は過去にも報告があります。諸外国ではもっと大胆なことをしますので、重大事故になってしまった、という報告を目にします。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

しかし日本は監視体制が強いですし、商品管理が厳しいので、そこまでの重大事故が起きたというのは、私は聞いたことがありません。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

激安サロンの例

 私が働いていた激安サロンにも電話がかかってきたことがあります。ベテランの、トップセラピストの方が、ストレッチを多用する方だったのですが、かなり大胆なことをしていて、大丈夫かなあ・・・と思っていたところ、痛みが出た、とご立腹の方から電話があり、対応に追われているのを見たことがあります。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 痛みが出ること自体は、マッサージでよくあることですし、すぐに治癒するのでそこまで心配ではありません。が、やはりなんで癒してもらいに行って、痛くなるんだ・・・とは思います。経験が左右するところで、全く痛みが出ないように揉む、というのは難しく、ベテランでも痛みが出るときは出ますし、1年、2年くらい勤務したセラピストにはかなり厳しいものがあると思います。 

 

 

最も問題であること

 もみかえしなど害の無い反応であれば、多少出てもしょうがない部分がありますが、一番問題なのは、多くのセラピストに、「事故を起こすかもしれない」という危機意識が無いことです。リラクゼーションサロンのほとんどのスタッフは、こういう危険意識がありません。事故がおこるとしたら、その油断からであると断言できます。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 マッサージを受けるにあたり、心配なら国家資格者に診てもらうのが安心ですし、マッサージ以外にも治療技術はありますので、治療院で相談するのが無難だと思います。

 

 事故自体はそこまで高頻度ではありません。リラクゼーションサロンで神経質になる必要は無いと思います。ただ、ゼロではない、というのは覚えておいたほうが良いでしょう。心配ならサロンへ聞いてみるのが良いと思います。安心してから、行きましょう。