ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

ダイエット茶のおすすめ飲み方

 テレビCMや薬局などで、よく目にするサプリ系のお茶。あれ、本当に効くのかなあ・・・?と思いますよね。サロンへ行っても、勧められたり。ダイエット系のお茶には種類があります。どんな時に飲むか工夫することで、ダイエットをサポートすることができるのです。今回は、ダイエットのお供をするお茶について、考えてみます。

 

f:id:mogemilk:20170103205032j:plain

 

 

食事と一緒に楽しむお茶

 最近は「トクホ」のお茶が非常に流行っていますね。食べ物の吸収を穏やかにしたり、脂肪の分解をたすける働きのお茶が、コンビニでも買えるようになりました。しかし、ペットボトル入りのお茶は、値段が高めで、すこし味気ない感じもあります。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 オフィスや家で、ちょっと一息入れるときには、カップにお茶を入れて楽しんでいる女性は多いのではないかと思います。私も、学校で授業を聞きつつ、お茶を楽しんでいます。温かい飲み物があると、気持ちが安らぎますし、一息入れたい時にはカップやタンブラーが欠かせません。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 お茶がティーバッグであれば、仲間とも共有できますし、使い切りですから、手間が無く、ゴミも少なく済みます。そんな時のお茶が、ダイエットや健康に役立つものだったら一石二鳥ですよね。最近のお茶は、ティーバッグが主流で、大変使いやすいものが増えました。

 

 

ダイエット系お茶の種類

ダイエット目的のサプリ茶には、大きくわけて2つあります。

 

①出す系

 下剤と同じ機能のお茶です。基本的に、病院で出される下剤の一部を除いて、お茶もクスリも、ほぼ同じ成分が腸を刺激します。なので、うんちは確かに出ますが、なれると効きにくくなる「耐性」がデメリットとしてあります。効きにくくなったら(=耐性がついたら)しばらく止めなければいけません。

 

②燃やす系

 発汗作用があるお茶です。トウガラシの成分などが入っています。そのため、飲んだ感じスパイシーで、最初はなれないかもしれませんが、私はやみつきになりました(笑)こちらも刺激はありますが、下剤の効果はありませんので、耐性を気にせず飲めることが出来ます。

 

 

効果

結論から言うと、うんちを出しても、脂肪は燃えませんし、代謝をよくしても、運動しないと痩せません。なので、サポート的なものでしかないと思います。

 何もしなくても痩せるようなことがあったら、それは病気です。病院に行きましょう。ダイエットサプリやお茶は、バランスよく食べて、運動するという基本的なダイエットをサポートするアイテムだと思ってください。

 

 

おすすめのお茶

 

①出す系、便秘解消

 

 

 こちらはブレンド茶で、味の調節がしてあります。ウーロン茶風味、紅茶風味など、味が違うものがセットになっています。お茶でありがちな、飲むとき「飽きたなあ・・・」という感覚が回避できます。さらに、食事に合わせて選べるという、飲む楽しさがあるということ、ブレンドされている、ということもポイントです。

 出す系のお茶は、1種類のお茶より、ブレンドされていた方が、効果が優しくなります。よくありがちな、お腹が痛くなるということが起きにくいです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 ブレンドされていると、それだけ効果も弱まるのではないの?と心配な方もおられるでしょうが、出す系のお茶は、下剤と同じ成分が腸を刺激します。これは慣れてしまうと効かなくなる危険性を含んでいますから、ブレンドされていた方が、身体に優しく、効き目が変わりにくいので、安全に飲むことが出来ます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 ただ、原料が下剤と同じ成分を含む植物ですから、耐性がつくことは念頭に入れて使ってください。あまり連続して飲み続けることはおすすめできません。たとえば3日飲んだら、3日休む、とか。あるいは、1日おきに、出す系と、燃やす系を交互に飲む、というのも、効果を継続できる飲み方です。(但し、ダイエット茶には下剤の成分が含まれることがありますので、選ぶときに、出す作用が無いか確認するという、注意が必要です)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 飲み方としては、食事を邪魔しない味なので、食事のお供でも良いですし、きちんと出したい、という方であれば、寝る前にしっかりとした濃さのものを飲むのも良いと思います。ただ、飲まない時間を用意することは、効き目を継続させるために重要です。

 

 

②燃やす系、代謝促進

 

 

 こちらには下剤の成分は入っておりません。しょうがには発汗作用がありますので、冷え性の方にもおすすめです。ブレンド茶で、黒しょうがのほかに、漢方でよく使われる葉がたくさんブレンドされています。こちらはティーバックタイプになっているので、お湯があれば簡単に飲むことが出来、作りおきが必要ありません。冬場は勿論、夏のエアコンでも身体は冷えますから、暖める作用の強いしょうがを取るのは、代謝促進につながります。

 

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 飲み方としては、温める作用がありますから、朝起きた時に飲めば身体が温まりますし、お風呂に浸かりながらでも、発汗作用をより強くだせるのでオススメです。週末など時間の取れる時に、お茶を飲みながら、ゆっくりと半身浴すると、とてもリフレッシュできます。

 

まとめ

  • ダイエット茶は、サポートに飲む。
  • ダイエット茶には、耐性がつくものもあるので注意が必要。
  • ダイエットは、健康的な食事と運動が必須である。

 

 お茶もおいしく、楽しくのんで、健康的な身体になりましょう~~(^ω^)