ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

週末に疲れを取る!温泉でマッサージのナゼと値段の相場

f:id:mogemilk:20160920084615j:plain

 最近パソコンとにらめっこする日々が続いておりまして肩こりがひどいので、近所の温泉に行ってきました。いやあ、心の洗濯できました〜〜\(^o^)/

 さて、温泉といえばマッサージですが、それはなぜか?居酒屋でビールにお通しがついてくるように、温泉とマッサージはセットなのか?それとも、なにか良いことがあるから、セットなのか・・・?今回は温泉とマッサージについて持論を交え説明してみます(^ω^)

 

 

温泉複合施設

 温泉も最近はだいぶ行きやすくなりました。それというのも、日本は火山島なので、掘れば、湧く。(笑)スーパー銭湯のような感じで、街の色々な所に温泉があります。わざわざ遠くの療養地に行かなくても温泉に入れるようになりました。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 とは言いましても、その辺で湧く温泉は泉質が限られています。ほとんどがナトリウム泉です。ナトリウム泉とは、効能成分が塩化ナトリウム、つまり塩の温泉。湯冷めしにくく、芯まで温まる反面、湯疲れしやすかったり、湯あたりすることがあります。さらに、塩が肌につきますので、肌の弱い方は長湯できません。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 街中の温泉には多くの場合、休憩所、食堂、リラクゼーション店が同じ建物内にあります。理髪店のある所もありますね。温泉で癒した後、他にも様々なサービスがあります。以前に比べて、複合型の温泉施設がかなり増えて来ました。最近はインテリアや内装にこだわりのあるところや、エステなど女性向けサービスが充実しているところもあります。

 

 

温泉とマッサージのなぜ?

 そんな温泉とマッサージはなぜセットなのでしょうか。温泉にもマッサージにも血行促進効果があります。温泉の後、マッサージを受けると、血行が良くなり、疲労回復や冷え性の改善など、様々な効果を期待できます。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 全身の筋肉は幾重にも重なっているのですが、深部の筋肉がほぐしにくい、ということがしばしばあります。姿勢が悪かったり、身体の使い方だったりしますが、そこをほぐすとなると、結構大変です。いきなり深部にチカラを入れて揉もうとすると、無理があり、痛みや不快感が出ます。先に温泉に浸かってから、揉んでもらうと、全身の血行が良くなっているので、すでにほぐれやすい状態となりますから、同じ1時間でも、ほぐれるスピードが速くなるのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 私のお客様でも、箱根あたりの温泉帰りに寄ってくださった方がおられてまるで別人の身体のようでした。温泉があるとなしではほぐれ方も全然違うのです。温泉はマッサージをする人の助けにもなりますし、される人も、効率よく疲労回復ができます。

 

温泉のマッサージの注意点

 温泉でマッサージを受けるときに注意すべきことがあります。風呂上がりにビールを飲まれる方も多いと思うのですが、その後にマッサージを受けてしまうと、いつもよりアルコールがうまく分解できず、悪酔いする可能性があります。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 アルコールは肝臓が分解していますが、その働きは血流が必要です。温泉に入ったり、マッサージを受けたりすると、血流が良くなり、全身にめぐります。そこにアルコールが入って来ても、血流の分布が全身に行っていますから、うまく分解できず、悪酔いしてしまうことがあります。

 これは普段お酒に強い方でも起きる可能性がありますので、注意が必要です。マッサージを受ける前にお酒を飲むことは控えましょう。

 

 

 

 

温泉施設のマッサージの値段

 温泉施設の飲食店やサロンは「テーマパーク価格」であることがあります。相場よりもちょっと高め。でもそれは場所によって異なるようで、郊外の温泉施設はそこまで高いと感じないとこも多いです。都内はどこでも高めだと感じます。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 たとえば飲食店では、都内では生ビール1杯の値段が800円くらいのところが多い。居酒屋で500円しないところが多いことを考えると、かなり高い値段設定ですね。しかし、埼玉県内や千葉県内の温泉施設では、普通の飲食店と同じくらいか、ちょっと高いな、くらいの金額です。都内はやはり物価が高いようですね。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 マッサージはどうでしょうか。マッサージの値段の、一般の相場は1時間6000円です。最近は無資格の激安サロンが増えましたので、3000円くらいで受けられるようになりましたが、資格者であれば普通は1時間に6000円取ります。

 これも都内は物価が高く、「あかすり」では1時間6500〜7000円。手軽に受けられるようにするために、15分コースというのを設けている場所もありました。一方郊外では1時間4500〜6000円くらいのところがあり、これも郊外の方が物価が安いようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

温泉施設のマッサージ師

 温泉施設のマッサージ師は、基本的には無資格者が多いと思います。それというのも、治療施設ではありませんし、24時間体制で夜勤があったりと、ハードな労働環境です。あかすりなどではどこでも外国人スタッフが多く働いています。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

「 無資格者じゃあ、値段が高いのに下手なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、レベル的には、街中のリラクゼーションサロンよりも高い技術を持つ人が多いはずです。というのも、雇用形態に事情があって、キャリアのあるベテランしか働きにくいような環境になっています。セラピストを始めたばっかりという人は、他のサロンよりも少ないですので、ベテランに当たる可能性は比較的高いと言えます。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

 安くて便利な温泉。日頃溜まったストレスや疲れに、時々は贅沢をして、マッサージも一緒に利用してみてはいかがでしょうか。