ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

医療系学生あるある?勉強が大変なテストの悩み

f:id:mogemilk:20160920085331j:plain

 9月は期末テストがありました。私の学校は中間テストが無いので、年に2回の期末テストで成績が決まります。ノルマは全科目60点。科目数は学年と期によりますが、実技とあわせて12〜13科目あります。

 2年前期の期末テストを終えて勉強について、今・・・私が直面している悩みを書いてみます。

 

 

1年生の苦労

 私は東洋医療科の学生なので、東洋医学の専門用語がものすごく難解でした。生きていて一回も聞いたことないような理論です。解剖学とか、生理学は、なんとなくテレビでそれっぽいのを見たり、小中学校で習っていたりすることが、ほんのちょっぴりですがありました。食べ物の消化のしかたくらい、なんとなく覚えていました。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 しかし今の専門学校では生まれて初めて東洋医学を学びました。どんな言葉も聞いたことがなくて、理解しがたく、難しかったです。日本語の中に文化的に残っているものもたくさん出てくるものの、その生理的なメカニズムはイメージするのに大変時間がかかりました。わからないけれど、とりあえずやる、そんな状態だったと思います。

 

専門用語を並べて、比較してみます。

 

①西洋医学

神経、血管、リンパ

 

②東洋医学

気、血、津液

 

 神経・血管・リンパは一度くらい聞いたことがあります。細かいことは分からなかったですが、とりあえず聞き覚えのある言葉なので、理解するのが簡単でした。

 気・血・津液は初めて聞く方も多いのではないかと思います。気って何?パワー?わかりませんでした。気は東洋医学で重要なもので、 

気とは、全身の組織の栄養となる精微物質であり、その働きも意味する。

というような説明を受けるのですが、説明されても分からない状態(笑) 今でこそなんとなく理解しているのですが、東洋医学は「習うより慣れろ」 だな、と思います。

 

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

2年生の新たな悩み

 2年生は基礎からすこし進んで、病気のことがだいぶ出てきました。手足の怪我とか、たとえば半月版損傷とか、腰痛では、腰部椎間板ヘルニアとか。身体の中の病気では、感染症とか、心不全とか。感染症というのは、食あたりとか、ばい菌やウイルスが起こす病気です。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 この病気や怪我の話で避けては通れないのが、検査項目です。病院で血液検査すると、アルファベットで項目が書かれた紙をもらえます。検査項目は略称で書いてあり、一見何のことかわからないのですが、全てではありませんが、あの項目のアルファベットを覚えなければいけないのです。略称になっているので、「AFP」のように書いてあるのですが、これを覚えるのがものすごく難しい。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 たとえば心臓病の検査項目を、ちょっと書いてみます。

 

CK クレアチンキナーゼ

AST アスパラギン酸アミノ基転移酵素

LDH 乳酸脱水素酵素

CRP Cリアクティブプロテイン

 

 私はなぜか略称だけで覚えることができず、フルネームを一度覚えてから略称を覚えます。情報が少なすぎると覚えられないようです。

 

テストが終わってからこうやって振り返ってみると、そんなにたいした量じゃなかったな、と思うのですが、やっている最中は大混乱しているので必死です。

  でもそういう検査項目は、医学部とか看護学部の方がよっぽど覚えさせられると思うので、この程度の量で混乱していてはいけないな、と思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

そういえばツボも400個くらい覚えたのか

 ツボは大体400個くらい試験対策で覚えます。1年生の時、一度全部覚えたのですが、必死にやっていましたから、何個覚えたかな?なんて途中で思ったことありませんでした。振り返ると400くらいあるようです。だんだんと忘れていってしまうので、また思い出さないといけません。

 ・・・ハア(−_−;)

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 世の中には難しいテストがたくさんあって、英語テストのTOEICで800点以上とっている方は膨大な数の英単語を覚えているでしょうし、医療系の学校でも、他の学科はもっと大変な勉強があるようですから、このくらいで泣き言いっててはダメですね(汗)

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

医療系学生あるある?

 どうでもいいですが、医療系の業界用語は言葉の使い方が独特な時があります。「外側」と書かれていたら、「そとがわ」と普通は読みますが、医療系では「がいそく」と読みます。前を指す言葉は一般では「前側(まえがわ)」とか「前方(ぜんぽう)」と言いますが、「腹側(ふくそく)」同じように、後ろを「背側(はいそく)」などと言う時があります。

 慣れてくると日常会話でそのような言い回しが出てしまって、他の人に「え?」と言われたことがある人は私だけでないはず・・・。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 風邪を引いた時に「感染した!」と言ってしまったり、女性の周期の時「血虚だなあ」とか言ったり、業界用語を関係ない場所でついつぶやいてしまうのは私だけでないはず・・・・。染まっている証拠ですから、いい傾向なのでしょうか(笑)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 筋肉も骨もツボも、一度はほとんど全てを覚えているはずなのですが、他の勉強をしている間に、時間が経って忘れていってしまう。覚えて、忘れて、覚えて、忘れて、の繰り返しです。これを3年間、国家試験まで続けます。あと1年。がんばろう。