ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

医療系国家資格があると就職に有利?普通のサラリーマンと比べてみた

 専門学校は色々な方がおられます。中でも、鍼灸学校は代替医療ということもあり年齢もバラバラですし、色々な考えを持った方がいます。鍼灸学校は国家資格が取得できますが、国家資格があれば仕事に困らない、お金を稼げると思っている方が時々おられる。私は国家資格があっても、仕事をする大変さというのは変わらないか、医療という側面上、むしろ他の仕事より大変なのではないかと思います。

 

 

f:id:mogemilk:20160920085936j:plain

 

国家資格の就職の強さ

 鍼灸は医療専門職です。法律で開業権があり、自分でお店を開くことができます。でも多くの卒業生は、いきなり独立せずに、一度何らかの治療院で仕事をし、経験を積みます。国家資格を取った時点では、「鍼を打てる資格のある人」でしかないからです。治療は経験が重要です。いくら学校で習っても、実際患者さんを目の前にすると、混乱することだってあります。患者さんも、経験の有無を察知しますから、とにかく外で働くことが重要でしょう。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 就職先は主に医療系の治療院ですが、最近は美容鍼も流行っていて、エステのようなお店もあります。他に、スポーツトレーナーなど、スポーツ関係の就職先もあります。治療院は人手不足なことが多く、確かに、国家資格は就職には強いと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 ただ、国家資格があっても、人間性が伴わなければ、当然就職することは出来ません。最低限の、会話の対応や、協調生、マナーはやはり必要です。ここはどんな仕事にも共通して言える事だと思います。国家資格さえあれば、絶対就職できるというわけではないのです。

 

 

給料

 国家資格があると、資格手当の出る会社が多いです。だから、無い人よりはお給料が高い傾向にあります。と言いましても、初任給ですと、他の仕事と変わらないと思います。高学歴の、キャリア就職のように、最初から高いお給料をもらうというのは不可能に近いです。どんな仕事も同じ。サラリーマンの月収の平均は、大体決まっているわけです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 楽して稼ぎたい、楽して稼げる方法は無いかと探す方が時々おられます。はっきり言って、お金を楽に稼げる方法はこの世に無いと思います。私が1番楽、というか、合理的だと思う大金の稼ぎ方は、投資です。お金を増やすなら、投資が1番手っ取り早いと思います。ただ、その投資ですら、投資会社に頼らざるを得ませんし、投資会社はマージンを持って行きますから、全額自分に入ってくる、ということは無いわけです。しかも、素人が投資をすると失敗します。必ず、勉強しなければいけません。やっているうちに失敗したり、成功したりを繰り返し、経験を身につけて、投資家になっていきます。これも、どんな仕事も同じですよね。

 

 

サラリーマンはノーリスクでお金を稼げる

 たくさんお金を稼ごうとすると、リスクが出てきます。例えば、100万円の投資をしようとした時、買ったら倍になるけど、負けたら100万円も損をします。リスクを減らそうとすると、稼げる金額も減ります。リスクと、儲けは同じ量だけある、ということです。世の中の仕組みは上手く出来ていて、ほとんどノーリスクでお金を稼ぐ方法があります。これがサラリーマンです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 サラリーマンとは、ここでは、経営者に給料をもらっている人、という意味です。正社員でも、アルバイトでも、お給料をもらう人は、みんなサラリーマン。でも一般には正社員のことを指すことが多いですね。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 サラリーマンは、自分の失敗でお給料が赤字になることがありません。お給料が減ったとしても、マイナスにはならないのです。例えば会社の経営とか、投資とかだと、自分が失敗すると、貯金が減ることがあります。給料が入ってこないどころか、先月の給料を使わなければいけないのです。これは非常につらいことですよね。

 ところがサラリーマンは、取引に成功しなくても、お金がかかることは無いのです。だから、日本の中で1番多くの人がやっている仕事だし、しかも、仕事の種類は限りがあるでしょうが、どんな人でもお金を稼げる方法なんです。リスクが無いというのは、楽なことです。しかも、確実にお金がもらえるんです。楽ですよね。

 

よって、

日本で最も楽にお金を稼げるのは、サラリーマンである。

 

 

楽って何?

 楽にお金を稼ぐというのは、どういうことでしょうか。「楽して稼ぎてえ〜〜」と言っている方は恐らく、出勤しないで、とか、労働をしないで、とかそういう事を意味していると思うのですが、もし動かない事が楽ならば、やはり投資が良いと思います。ただ、身体は動きませんが、頭は動かさないといけないです。考えなしにやっていたら、負けます。負けると、給料が減るどころか、出ない、あるいは逆にお金を払わなければいけない事があるのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 国家資格に話を戻しますと、治療は立ち仕事だし、集中するので、神経も疲れます。患者さんの訴えを考えるのに頭を使いますし、治療院の中には他の先生もいますから、人間関係の悩みもある程度あると思います。仕事の内容自体は、大変なのは他の仕事と変わりません。

 

 

医療の大変だと思うこと

 緊急性の高い医療であればあるほどそうなのですが、患者さんが亡くなることがあります。緊急性の高い医療とは、救急救命など。でも、医療従事者である以上、誰でもこの可能性は考えられるのです。例えば、鍼は命に関係するような患者さんは診ませんが、誤ったところに打ってしまったら、そのために人が亡くなることだってあります。レントゲンを撮るだけの先生でも、原因不明の重傷患者さんを撮る時、その時間中に命を落とすことがあるわけです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 こんなことは滅多にありません。一生のうちに全く見ずに仕事を終える方も多いと思います。でも、可能性はあるんです。投資の例で言いますと、100万円投資する時の、100万円、損するリスクと同じです。でも、ここにある問題はお金ではありません。命です。 

医療の仕事のリスクは、お金に換算できないんです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 1人の人が、自分のせいで亡くなった時。給料が減るとか、自分がお金を払うとか、そんなレベルで済む話ですか?患者さんのご家族は納得するでしょうか。何より、自分はその仕事をまたやろうと思えるでしょうか?この重さに、耐えられるでしょうか?

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 きっとこういうことを思っている医療従事者は、救急科などの命のかかった科に限られると思うのですが、誰にでも考えられることです。確かに国家資格は就職に強い。でも、仕事を始めるときの大変さは他の仕事と変わらないし、失敗した時のリスクは、どんな仕事よりも大きいです。

 

 

まとめ

 この世に、楽なお金の稼ぎ方なんて無いが、最も楽な稼ぎ方は、サラリーマンである。国家資格は就職には強いが、その大変さはどの仕事も一緒であり、責任は、どんな仕事よりも重い。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 医療は大変な仕事だと思います。でも世の中に必要だし、感謝されます。沢山の方に志して欲しいと思います。