ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

セラピストの一日(大手サロン編)

f:id:mogemilk:20160920084615j:plain

色々なお仕事が世の中にはありますが、

仕事によって、一日のスケジュールも違ってきますね。

今回は私が大手チェーンで働いていた時の

1日の生活をまとめてみたいと思います。

 

 

起床

セラピストはお店にもよりますが、朝は遅い人が多いと思います。

私のお店は11時にオープンするので、朝は大体8時くらいに起きていました。

朝食をとったり、お弁当の準備をしたりして9時半くらいに家を出ます。

通勤ラッシュは落ち着いた時間帯なので、

朝の混雑が無く、電車通勤はとても楽でした。

 

 

出勤

10時半にタイムカードを切って、出勤します。

オープンまでの30分で、他のスタッフと手分けして準備をします。

店内の掃除、ホットタオルを作る、お客様に出すアフターティーを入れておく、

オイルやパウダーの補充、予約確認です。

8台ベッドがある店でしたので、朝は4〜5人のスタッフがいて、

徐々にあとから増える形になります。

準備が落ち着いたら、朝礼をします。

連絡事項の確認、昨日の売り上げ発表、声出しなどをします。

声出しは、かなり厳しくて、ちゃんと声を出さないと、注意されることもあります。

 

 

オープン

私のお店は11時にオープンでした。

ファッションデパートのテナントで、同じフロアのお店も、同じ時間にオープンします。

平日は、早い時間帯はあまり予約もなく、お客様の通りも少ないですが、

土日や祝日には、11時から予約がいくつも入っていることもありました。

でも、いづれも予約が集中する時間帯は決まっていて、

だいたい15時くらいから予約が詰まります。

 

 

休憩

1時間の休憩時間がありました。

予約状況に応じて休憩の時間帯もバラバラです。

夕方に予約が集中していたり、早い時間に全く予約が無い日などは、

オープンから1時間したらもう休憩、ということもあります。

残念ですが、予約を取れない時は仕方がありません。

休憩中に予約が入ったから戻ってきて、と言われることもあります。

そういう時は、30分づつに二回に分けて取ることになります。

 

大手サロンは予約を最優先させるので、

従業員の休憩時間などの考慮は無いところが多いです。

最悪なのは、休憩を取った為に予約が取れないということです。

しかし、法的な罰則もありますので、休憩は必ず取らせます。

働いていた同僚の中では、不満は言ってもそれが原因で辞めていく人はいませんでしたが、

あまり大きな会社で仕事をしたことが無い人は、我慢できないかもしれませんね。

 

 

施術以外の仕事

セラピストには施術以外にも仕事があります。

予約の入ってない時には、オイルを拭くホットタオルの補充をしたり、

店内の掃除をします。

私のお店は、ファッションデパートのテナントだったので、

店頭に立って、通りかかるお客様に声をかけたりすることもありました。

他に、手配りのクーポン券があったので、その作成や、

フットバスが蒸気のでる機械のタイプでしたので、

その掃除、アロマディフューザーの掃除もしました。

自分より、勤務を始めて日の浅いセラピストがいれば

施術を教えることもあります。

もちろん、逆に先輩セラピストに習うこともありました。

どうにも自分のお店で予約が増えない日は、

他の忙しいお店にヘルプに行くこともあります。

ヘルプの1番多い月で、1ヶ月の出勤日の半分がヘルプだったり。

これはさすがに不満に思いましたが、

チェーンサロンのセラピストはサラリーマンですので、

そういうところは従わなければいけません。

セラピストとはいえ、会社勤めが出来ないと、仕事にならないと思いました。

 

 

 

 

大手チェーンサロンで働くということ

セラピストと言うと、オフィスを離れ、

穏やかに人を癒す、というイメージがあるかもしれません。

でも、大手のチェーン店は厳しいと思います。

他の仕事が務まらない人に、勤められると思えません。

でも、大きい会社は研修がしっかりしているので、

未経験の採用をしているところが多いです。

規模が小さくなるほど、サロンは未経験者を雇わなくなります。

即戦力が無いからです。

セラピストを始めるには、大きな会社から入るのが、

技術的にも、人間的にも、良い勉強が出来ると思います。

 

 

どんな仕事も、良いこと、悪いことが必ずあります。

セラピストをやってみよう!と思う方は、

怖がらずに、まず面接を受けて欲しいと思います。