ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

セラピーの色々

f:id:mogemilk:20160920085048j:plain

チェーン系セラピストは自分の店の手技しか知らないことも多いと思います。

手技統一店だと、他の技術を知るというのは、

自分から積極的にセミナーやスクールに行く必要がありますし、

例えばインターネットで調べたりしても、

習得するのは難しいと思います。

しかし、色々な技術がある、と知ることは必要です。

将来の自分の為にもなりますし、

お客さまに問われても、答えられます。

今回はもみほぐし店にはあまりみない、

少しマニアックな技術を紹介したいと思います。

 

 

オーラソーマ

カラーセラピーという、色を選ぶことにより、

自分の潜在意識を知る、というセラピーの一種です。

もみほぐしのように直接お客様の身体に触れるようなことは無いですが、

心理的な癒しの手段です。

様々な色の10センチメートルくらいの小さなボトルがあり、

1つのボトルは、上下が2色に別れています。

その上下の色の組み合わせは、似たような色同士だったり、

反対の色だったり、種類が様々にあり、

その組み合わせひとつひとつに意味があります。

直感でボトルを選び、その意味を知ることで、

自分の潜在意識を知ることができます。

潜在意識とは、自分の心の奥底で思っていることです。

人は意外と自分が本当に思っていることを知らないことがあります。

自分のことは、意外とよくわからないものなのです。

そして、日常で自分のことをよく見つめる機会も、意外と少ないですから、

自分のことを知る、何が良くて、何が悪いかを知る、

非常に良いきっかけとなります。

カラーセラピーには資格があり、知識のあるセラピストが指導してくれますから、

安心して相談することができます。

働く女性にはオススメのセラピーですね。

 

 

 

ホメオパシー

内服のセラピーです。

内服とは、飲むこと。

アロマテラピーとも関連が深いセラピーです。

イギリスで確立されたセラピーで、

病気は、その原因を何倍にも薄めて、無毒化して飲めば、

免疫力が出来て、自分で治せるようになる、というような考えのセラピーです。

例えば、

何かを食べたせいで身体の調子が悪くなった時、

その原因の食べ物を、水に溶かします。

その溶かした液体を、何十回も水で薄めます。

どのくらい薄めるかというと、

その食べ物の分子が、一つも入っていないような状態まで薄めます。

それを飲むことにより、

その薄めた水の持つ性質が、身体の中で作用し、

免疫力を高める、というものです。

 

ホメオパシーは日本で嫌なニュースが流れたことがありました。

ホメオパシーを盲信するあまり、自分の子供が病気になったのに、

病院に連れて行かず、死なせてしまった、という事件がありました。

これは大変ショッキングで、当時はニュースで大々的に放送されたそうです。

しかし、そんなことをする人はかなり極端であり、

ホメオパシーをする人のほとんどが、盲信しているわけではありません。

世の中で誤解されることになりましたが、

正しい使い方をすれば、

自然のチカラで身体を癒す、素晴らしい手段です。

 

 

ヒプノセラピー

催眠療法とも言います。

こちらは、心理学の方のセラピーになりますので、

すこし脱線するかもしれませんが、

これもれっきとしたセラピーです。

ただ、資格的には臨床心理士などの、

心理学を習得した人に限られる技術であり、

習得自体も、かなり難しいものがあると思います。

精神医療などの場面で用いられることがあります。

セラピストが、患者を催眠状態へ導き、

潜在意識に語りかける、というセラピーです。

催眠状態のとき、人はポジティブな暗示を受け止めやすい、という

性質があるそうです。

心の病気を持つ方や、深い悩みを持つ方が受けるべきセラピーだと言えるでしょう。

 

 

オステオパシー

オステオパシーは、身体の歪みを調整するセラピーです。

一見似ているものに、カイロプラクティックがあります。

 

こちらの記事を参考にして下さい。

www.tenishoku-serapisuto.net

カイロプラクティックも骨格を調整するものですが、

カイロは背骨を矯正するもので、

音が鳴る、衝撃がある、などの結構な刺激があります。

 

それに比べて、

オステオパシーは強い刺激はありません。

 本当にごく微量の手技を入れて、調整します。

オステオパシーは背骨だけでなく、全身の骨格を調整するものです。

よく検査をして骨格の歪みを見極め、

歪みのあるところに手技を入れます。

受けている時は、何かしているな、くらいにしか思わないほど、

穏やかな技術です。

 

たとえば

腰が痛い時、腰に原因があるとは限らず、

ほかの場所の、骨格の歪みのため、腰痛が出ることがありますから、

全身を調べ、調整し、腰痛を治す、というような手技です。

私の印象では、

カイロプラクティックよりも繊細で、

検査が細かいと思います。

東洋医学のように、1箇所の不具合は、全身の不具合だ、

というような考えがお好きな方に、人気があると思います。

 

 

 

 

おわりに

ここに紹介したのはいずれも国家資格ではありません。

でも、高い技術が必要で、

専用の専門学校があるものもあります。

世の中には星の数ほどのセラピーがあります。

次々に生まれ、流行りがあり、無くなっていくものもあります。

でも、有名なものは今も100年以上残っています。

全てを受けにいくのは無理かもれしませんが、

自分に無いものを知る、というのは大事なことだと思います。

知ることが刺激になり、新しい技術を作っていくのかもしれませんね。