ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

細胞のしくみ

ノーベル賞が発表されました。

身体の中の細胞が、エネルギーのリサイクルをしている、

というような内容です。

日本人が受賞して、喜ばしい限りですね(^ω^)

でも、細胞のしくみは、知らない方も多いと思います。

今回は、ノーベル賞のニュースの補足として、

細胞のしくみを少しご紹介しようと思います。

 

 

f:id:mogemilk:20160921163244j:plain

 

 

人間は多細胞生物

ほとんどの生き物は、小さな細胞がたくさん集まってできています。

細胞のひとつひとつは、目に見えませんが、

それがたくさん集まり、目に見える動物になっているのですね。

人間はだいたい60兆個の細胞で出来ていると言われています。

(これは数えたわけではないので大体の予測です。諸説あります)

身体の色々な場所は見た目が違いますが、

髪の毛も、爪も、目も、皮膚も、細胞から出来ていて、

その基本的なしくみは、全部同じなのです。

 

 

細胞のしくみ

では、人の身体の、60兆個の細胞のうち、

そのひとつを切り取って、説明してみますね。

 

細胞は、ぶよぶよの、水風船のようなものです。

中に液体が入っていて、外側を、膜が包んでいます。

膜は、外側にあるものを中に入れたり、

逆に、中のものを外に出したりします。

 

細胞の中身はどうなっているでしょうか。

 

中には液体が入っています。

その多くは水です。

でも、栄養や、不要なものも液体の中に浮かんでいます。

栄養は、エネルギーに変えなければいけません。

なので、エネルギーを作る発電所(ミトコンドリア)、

栄養を、使いやすい形に変える加工場(リソソーム)

不要なものを、壊して、小さくする処理場(ライソソーム)

など、色々な役割をもつ工場がたくさんあります。

これらの工場のことを、細胞小器官と言います。

 

そして、細胞は、核を持っています。

桃の中のタネのようなイメージで良いと思います。

核の中には、DNAという身体にあるもの全ての設計図があります。

何かを加工する時、加工場(リソソーム)は、

この設計図を元に加工していくのです。

 

 

 

 

小さな粒の集まりが人間

こうして動いている目に見えない細胞の、

ものすごい数の集まりが、人間をつくっています。

レンガの家を想像して下さい。

レンガをいくつも重ねることで、家一軒になりますね。

遠くから家を見ると、レンガひとつひとつは見えません。

人間も、全体をみていると細胞があることがわかりませんが、

顕微鏡で拡大して見ると、小さな細胞を見ることができます。

 

細胞の中で起きていることは、

人間が食べたり、歩いたり、仕事をしたりすることの

もとになっています。

細胞がなにもしなければ、人間は動くことすら出来ません。

細胞を知ることは、人間を知ることになるのです。

 

細胞の研究は、まだよくわからないこともあります。

なにしろ、目に見えない程小さいので、調べるのが大変です。

顕微鏡を使っても、よくわからないこともあります。

その中で、ひとつのしくみを発表して、ノーベル賞を日本人がとった、

というのは、

とても名誉なことですし、

私は個人的には、日本人は、やっぱり細かい作業が得意なんだなあ

と思います(笑)

 

 

大変素晴らしいニュースでしたね。

おめでとうございました!(^ω^)