ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

糖尿病について

f:id:mogemilk:20160920085936j:plain

現代日本で非常に多い病気のひとつが、

糖尿病です。

心筋梗塞、脳血管障害と並び、

恐れられている病気のひとつです。

今日は糖尿病について、私の知る限りですが、書いてみようと思います。

 

 

糖とは

糖とは何でしょうか。

砂糖の糖ですね。

糖は実は砂糖だけではなくて、

お米やパンにも含まれています。

炭水化物というものです。

炭水化物は、糖の分子がいくつもくっついた、大きなものです。

炭水化物を小さく小さく分けて行った時、

最後にはひとつぶの「単糖」という分子になります。

身体は、ここまで小さくしないと吸収することができません。

だから、まずご飯をよく噛んで、砕きますね。

小さくなったら、お腹の中で、さらに小さくわけられているんです。

そうして、吸収された糖は、血液に運ばれて、必要なところへ行きます。

必要なところまで行くと、細胞に吸収されて、必要に応じて使われるしくみになっています。

 

糖尿病の問題点

糖尿病は、この糖を細胞に吸収できなくなってしまう、という病気です。

糖は身体のエネルギーになります。

糖を吸収できなくなると、エネルギーが作れなくなってしまい、

命に関わる問題になってしまいます。

 

糖尿病は実は2つのタイプがあります。

ひとつは、生まれつき、細胞に吸収できないタイプ。

子供のときから治療が必要になります。

もうひとつは、糖をたくさん摂り過ぎて、

吸収するしくみが壊れてしまうタイプです。

よく言う生活習慣病で問題になるのは、この2つ目のタイプです。

 

生活習慣病の方は身体の大きな人が多いと思います。

それは、糖を食べ過ぎて身体が大きくなり、

最終的に身体の中のしくみが壊れて、糖尿病になってしまいます。

なりやすさは人それぞれですが、

たくさん食べる人ほどなりやすいと思います。

 

身体の中のしくみは、一度壊れると、元に戻りません。

なので、一度糖尿病になってしまったら、

身体に合わせた食生活に改めなければなりません。

とても大変な苦労があると思います。

ずっと放っておくと、身体のほかの部分も壊れていきます。

大変問題になるのが、腎臓が壊れてしまう状態です。

腎臓が壊れてしまうと、いらないものを外に出すことができなくなります。

いらないものは身体の中で悪さをして、

命を落とす原因になってしまいます。

ですから、そのいらないものを人の手で外に出す治療が必要になってきます。

それが、人工透析です。

人工透析は拘束時間が長く、生活に不便が出てしまいます。

食事も、自由に食べることが難しいです。

 

腎臓の他にも、細い血管が壊れることがあります。

 指先の細い血管が壊れてしまうと、血液が届かず、細胞がだめになっていってしまいます。

壊死、という状態です。

こうなってしまうと、二度と使うことができない上に、

どんどん悪いところがひろがってしまいますので、

悪くなってしまったところを切ってしまう必要があります。

先の方から悪くなるので、指先や、足先を切ってしまうことになります。

これはもう大変ことです。

それから、目の血管が壊れてしまうと全く見えなくなってしまいます。

失明です。

こういうことは病気になっても、本当に放っておいて、治療が及ばない時におきます。

糖尿病になったら、最初の段階で、早く治療をすることが重要です。

食事は不便になりますが、命に関わる大変なことですから、

がまんして取り組まなければいけません。

 

 

 

 

糖を取りすぎないために

では、糖尿病はどうやって防いだらいいのでしょうか。

大人になってからなる糖尿病は、糖の取りすぎを防ぐことが大切です。

糖が入っているものとは、

 

ご飯、パン、麺類などの炭水化物

お酒

お菓子やジュースなどの砂糖

 

です。

こういったものを極端に食べ過ぎず、バランスの良い食生活で防ぐことができます。

よく、お酒を飲む時は、お米を食べないという方がいますが、

お酒は液体ですから、思っている以上に糖を摂りすぎやすいものだと思います。

お酒は、楽しく、ほどほどに、

時々飲まない日をつくるなど、工夫してみると良いでしょう。

 

 

今は色々な健康補助食品がありますが、

ああいうものを摂ったからといって、糖尿病が防げるわけではありません。

たいせつなのは、バランスの良い食生活です。

ぜひ、気にして、食生活を送ってみて下さい。