ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

視覚と幻覚の違い。幻覚は命の危険が伴う状態

 幻覚ってみたことありますか?私はあまりに眠すぎて、でも眠っちゃいけない時、幻覚を見たことがあります(笑)スノーボードの帰りで、助手席に乗った時、後部座席の友達はみんなスヤスヤ眠っていたのですが、運転手に「お前・・・寝たら降ろすぞ」と脅され(笑)気合いと根性で起きて最後まで乗車したことがあります。あまりの疲労と眠気から、目が開いているのに前のトラックに変なものが乗っているのが見えたりして、ああ、人間って疲れすぎるとおかしくなるんだなあと思ったことがあります((((;゚Д゚)))))))そんな幻覚と、目でものを見る視覚についてのお話です。

 

f:id:mogemilk:20161228113753j:plain

 

視覚って何?

 視覚とは、目でものを見ることを言います。人間は左右2つの目でものを見ていますね。これは、目で見たものが、情報として、目の神経を伝わり、脳で処理されます。この神経の名前を、視神経と言います。神経は、電線のようなもので、人の身体に張り巡らされ、色々な情報を伝えています。触られた感覚や、身体を動かす命令も、神経を伝わって脳で処理されているのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 目でものを見ると、その情報が脳へ伝わります。そこで、あ、これはコップだ、とかあ、これはパソコンだ、とかそういうことを脳が判断しています。この脳の判断はいろんなしくみが混ざっていて、複雑です。実は科学を持ってしてもよくわからないこともたくさんあります。脳のしくみは、とってもむずかしいものなのです。

  

 目で見なくても、脳のしくみによって、何かを見たような感覚が起きることがあります。簡単な例では、夢です。寝ている時、夢を見ますね。全く見たことがない方はとても少ないのではないかと思います。夢は、目は閉じていて、ものを見ていないのに、脳のしくみがはたらいているので、見ることができます。夢って、メチャクチャだったりしませんか?できないことができたり、ありえないことが起きたり。あれは、目が閉じていて、脳だけが動くから起きることです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 夢は健康な人が、寝ていて誰でも見るものですが、一部のクスリや、病気でも、脳のしくみのために、夢を見るような現象が起きることがあります。これは、寝ていなくて、目が開いているのにもかかわらず起きます。これが、幻覚です。 

 

幻覚とは

 幻覚は、一部のクスリを使った人や、脳のしくみにトラブルが出る病気になった人が見ることがあります。逆に言うと、クスリや、病気がなくても、脳のしくみのトラブルで、幻覚を見ることがあります。私が疲れすぎて見た変なものの幻覚は、脳がきちんと動かなくなってしまった結果と言えます。幻覚は目が開いているのに見えてしまうものです。脳のトラブルの程度により、幻覚を、幻覚だとわからなくなってしまい、考えが混乱したり、慌ててしまうことがあります。こういうことは、健康な人ではほとんど起きません。クスリや、病気のために起きます。 

 

f:id:mogemilk:20170105163539j:plain

 

クスリの幻覚

 日本では手に入らない(はず)の、麻薬や覚せい剤には、幻覚を見るものがあります。もともとは、毒キノコや植物に含まれている成分でしたが、それをクスリにしてしまった人がいて、今も世界のどこかで売られていますね。クスリとは、とても「濃く」してあって、作用が強いものです。幻覚は脳のしくみがおかしくなって生じるものですから、クスリで幻覚を見るということは、脳をおかしくする、ということです。これをたくさん使えば、当然、脳は壊れてしまいます。だから、麻薬や覚せい剤はどの国も危ないものとして、法律で規制しているというわけです。

 

クスリの原型 

 ずうっと昔の医学が出来る前は、占いや祈祷が医学の代わりでした。「シャーマン」という職業の人がいて、占いをしたり、神様のおつげを聞いたりしていましたが、ある国のシャーマンはある種の毒キノコを食べて、幻覚を見て、神様のおつげを知らせていました。毒キノコや植物の一部には幻覚を見せる作用があります。近代で問題になる薬物の、「LSD」というものがありますが、これはそういったものを元に作られたものです。薬物によって、見る幻覚に特徴が出ることがあるそうですが、LSDは、たくさんの色が次々に現れる、カラフルな幻覚が出現するそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 こうやって言うと、「え!なにそれ、見てみたい」と思われるかもしれませんが、何しろ脳を壊して幻覚を見るわけですから症例報告の文献にはその後の恐ろしい症状が書いてあります。人間をやめてしまうくらいの、恐ろしいことが起きてしまいます。やはり薬物はとんでもなく怖いものです。

  

医学生がクスリで幻覚を見た手記

 私は精神科医や脳科学者の本を非常に好んで読んでいます。今回こんな幻覚のおはなしを書いたのも、ある医師の体験談を読んだのがきっかけになりました。 

 

見てしまう人びと:幻覚の脳科学

見てしまう人びと:幻覚の脳科学

 

 

 この先生は医師であり、神経学の先生で、 脳に関する様々な本を書いていますが、医学生の時、幻覚を見てしまう患者さんの体験が気になり、結局のところ自分でやってみるのが一番だ、と思われたそうです。(すごいですね・・・)それで、友達に勧められたクスリに始まり、色々やってみて、最終的に鎮静剤の静脈注射をして、怖くなってやめたそうです。いっ時は非常に恐ろしい幻覚を見たこともあり、自分が幻覚を見ていることにも気づかなくなってしまったとか。患者さんのことを考えて危うく人間をやめそうになってしまうなんてなんというか、レベルが違います(汗)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 この本は、色々な幻覚を見る病気の、患者さんの症例報告が多いのですが、途中、この先生自身の体験があり、それが非常に鮮明で生々しく、薬物によって現実とまぼろしがわからなくなっていくさまがわかりやすいです。

  この先生は、本物の「藍色」というものを見たことが無かったそうで、クスリを飲んで、藍色を見たい!と強く願ったら、目の前に鮮やかな藍色の幻覚が現れた、と書いてありました。藍色を見てみたい、という感覚も、私は持っていない望みですし、それにクスリを使うというのも、非常に突飛といいますか後に偉大な先生になるほどの素質を、医学生の時から備えていたのだな、と感動しました。

・・・マネは決して出来ませんが(汗)

 

 

幻覚を見ることで命を落とす 

 最近問題になっているものの一つに、「危険ドラッグ」というものがありますね。以前は合法ドラッグとか呼ばれていました。幻覚作用のある植物を乾燥させたもののようですが、幻覚は、健康な人間なら見ることのないものです。無いものがあったり、あるものが無かったり、そんな幻覚が見えたら困りますよね。時に、命に関わる状態になります。川があって、そこには何もないのに、橋の幻覚が見えたらどうでしょうか。足を踏み外して、落ちてしまいます。幻覚を見るということは、命に関わることなのです。

 

人格の崩壊

 危険ドラッグは事件や事故がたくさんあり、国を挙げて注意喚起しています。それでも、安易な気持ちで試してしまう人はいるようです。幻覚は脳にあり得ないことが起きています。脳を壊すことになるのです。脳が壊れたらどうなるでしょうか。思考も、判断も、自分らしさも、全てが壊れていってしまいます。「人格の崩壊」と言いますが、まさに「廃人」になる危険があるのです。

 幻覚作用のある薬物は、決して行ってはいけません。命の危険が伴います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 上述しましたが、幻覚については、クスリがなくとも生じる病気があります。主に精神疾患が有名ですが、精神に異常が無くとも、幻覚が出現することがあるそうです。そういった病気のことについては、また機会を改めてお話しようかなと思います。ではでは(^ω^)

 

 

あなたの身近な「危険ドラッグ」 製造、流通、乱用の全貌を暴く (朝日新聞デジタルSELECT)