ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

レーザー脱毛・美顔器

先日行ってまいりました、展示会で出会った商品のことを書いてみます。

色々な商品を見て回り、

ほとんどクリームや化粧水などのコスメやスキンケアの化粧品でしたが、

これは数少なかった物理的なスキンケアグッズです。

家庭用のレーザー照射器で、レーザーといえば脱毛ですが、

この商品は美顔器にも取り入れています。

少し変わったものだと思いましたので、ご紹介致します。

 

 

レーザー脱毛の失敗

私は昔、エステサロンでレーザー脱毛を受けに行ったことがあります。

両ワキが2万円くらいで何回でもやってもらえたのですが、

永久脱毛というのはなかなか難しく、

何度も通わないといけませんでした。

継続して通うというのは私は出来なくて・・・

3回くらい行った後は、自然と足が遠のき、

気がついたらそのサロンは店じまいしていました(泣)

結局2万円分出来たかというと、

行かなくなってしまったぶん、なんだか損したなあ、と思っています。

エステサロンは、通わなければいけないという手間があり、

しかも毎回新しいコースや商品の営業をされるので、

私には面倒なものだな、という印象です。

初めて行った時、友達と一緒に行ったのですが、

その友達は20万円の全身コースを契約していて

親に電話してお願いしていたのですが、

気前の良い親御さんだなあ・・・と感心しました(笑)

その後彼女が20万円分受けられたかは、定かではありません。

 

 

家で出来るレーザー脱毛

数年前から自宅用レーザー脱毛器があるとの事です。

大きなものであれば昔からあったでしょうが、

何十万円もするので、

家庭ではなかなか手の出しにくいものであったと思います。

展示会で見た家庭用脱毛器は、かなり小型で、

軽くて、使いやすいタイプです。

ドライヤーくらいでしょうか。

形は全然違うのですが。

レーザー脱毛はそれなりに刺激があります。

毛の細胞を焼いているので、レーザーを当てると、

ピリッとした感覚があります。

この感覚が嫌な方もいると思いますが、

私のように、エステサロンに通いきれなかった方は

かなりおすすめです。

 

 

 

 

値段は5万円とあまり安くはありませんが、

エステの値段や、通う手間を考えると、決して高くは無いと思います。

キャンペーンで1万円引きのサービスがあるそうです。

すごい(笑)

 

よく見る家庭用脱毛器は、シェーバーや抜くタイプのものが多いですね。

シェーバーは安く手に入りますが、

剃り残しが出来てしまい、色が出ることがあります。

抜くタイプは綺麗に除毛できるものの、

刺激が強いので、抜いた後に再生する毛が太くなってしまったり、

手入れを怠ると目立つようになってしまうことがあります。

レーザーであれば、剃り残しの色も出ませんし、

簡単です。

でも、肌に刺激はありますので、

手入れ後には保湿クリームなどのケアが必要だと思います。

 

 

応用したレーザー美顔器

この会社はレーザー技術を応用して、

美顔器も作っています。

美顔器は私も使ってみました。

 

 

 

 

こちらは脱毛器よりやや高めで、6万円くらいです。

こちらにもキャンペーンで1万円引きのサービスがあります。

操作が簡単で、強さも調節出来ます。

ただ、レーザーですので肌に刺激があり、

脱毛器ほどではありませんが、これもピリッとした刺激があります。

さらに、紅斑(赤くなる)が出ます。

5段階の調節昨日があるので、

最初は一番弱い段階で行い、

徐々に調節して強くしていくといいでしょう。

私の肌でも赤くなりました。

結構ビックリするのですが、

すぐに収まりました。

全体的に行うと、紅斑の後に角質がポロポロと落ちるそうです。

うーん、ちょっと聞くとこわいですよねえ。

私は角質は落ちませんでしたが、確かにレーザーを当てた部分は

肌がきれいになっていました。

 

 

刺激が加わると、身体はよく動くようになる、ということがあります。

たとえば、

鍼は金属を身体に刺して、とっても小さいですが、

傷を作ります。

そうすると、身体はそれを治そうとして活動するのです。

これは他にお灸などの刺激のある治療にも当てはまります。

 

このレーザー美顔器も、身体の治そうとする作用を利用していますね。

ただ、私は個人的にはピリッとした刺激があり、

さらに紅斑や角質が落ちる現象があることから、

合わない人もいるとは思います。

たとえば、色白で、日光などにアレルギーのある方は、

レーザーは光の刺激なので、やめた方がいいかもしれません。

肌に特に体質の無い方は、問題無く使えると思います。

 

 

 肌のケアは、化粧品だけでなく、

マッサージやサプリ、美顔器など色々あります。

同じものを使ってみて、飽きてきたら、

他のやり方も試してみるのも良いと思います(^ω^)