ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

セラピストはこうであるべき!良いセラピスト、悪いセラピストについて

 リラクゼーションサロンに何度も行ったことがある方は、良いセラピストと、悪いセラピストに当たることがあると思います。良いとは、上手い、ということで悪いは、下手、ということですよね。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 接客や話し方も、そのセラピストを評価するポイントですが、なにしろリラクゼーションですから、どれくらいリラックスさせてくれるかが、一番重要な評価だと思います。今回は私が思う、良いセラピスト、悪いセラピストの基準について書いてみます。

 

参考記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20161213203201j:plain

 

リラクゼーションなんてぶっちゃけ上手くても下手でもわからないと思う

 極論的ですが、私が5年、働いていて思ったことは、マッサージの上手さは、マッサージをしたことにある人にしかわからないと思います。つまり一般の方は、セラピストの腕をそれほど気にしなくてい良いと思います。ただし、ものすごい下手、というのはさすがに分かると思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 たとえば、痛い、くすぐったい、などの不快さ。不快であれば、ああ、このセラピストは下手なんだ、と分かりますよね。でも、筋肉がほぐれたとか、身体がよく動くようになった、とかは人から言われて初めて分かる方が非常に多いです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 これには理由があって、人の、何かが分かる感覚のことを、「知覚」と言いますが、人は、目でものを見て分かることが、ほとんどです。たとえばコリが無くなっても、無くなった感覚より、揉まれた後の爽快感がほとんどです。コリは目で見ることができませんね。深部知覚という感覚に、限られています。視覚と比べると、大変わかりにくい感覚です。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 つまり、コリなんか取らなくても、爽快感が出せれば、リラクゼーションはそれで成立します。そのためにお客では強い刺激を求める方が多かったり、セラピストでは強いストレッチなどの手技を用いる方が多いです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 指名が多いセラピストの手技を受けたことがたくさんありますが、その多くは、私は上手いと思えませんでした。確かに強い刺激で爽快感は出ているのでしょうが、一歩間違えれば事故になりかねないようなことをしている方も多いです。それでも事故が多発しないのは、人間の身体は強くできている、ということの証拠かな、と思います。

 

f:id:mogemilk:20160920085720j:plain

 

成長しないセラピスト

 厄介なのがセラピストは皆、プライドが高い、ということです。学校に通っていない人も、指名が取れてくると、プライドが高くなっていきます。それ自体はしょうがないと思うのですが、世の中には、自分よりもっとすごい人がいることを忘れてしまう人がけっこういます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 私自身もプライドはあります。教えてもらう時、それを悟られないように気をつけていますし、出来るだけ、自分よりもっと優れた人と接するようにしています。さらに、時々出鼻をくじいてもらいます。好んで、人に叱ってもらいます。でも、そこまでしても、私にはプライドがあると感じます。人間の本能的なところなので、仕方がないとは思いますが、こんなに気をつけても、自分は他の同僚よりも優れている、と思ってしまうのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 私はプライドを崩してもらう努力をしているので、100歩譲って、まだいい方だと思いますが、どこへ行っても、自分は優れている、と思ってしまう人もいます。だいたいそういう方は指名がたくさんあるのですが、マッサージ自体は医療行為で、セラピストがやっていることは、医療類似行為です。言葉が悪いですが、わかりやすく言うと、法的には、マッサージの真似ごと、となります。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 テクニック的に、どうしても医療従事者には及ばない部分があります。それを知らないのか、忘れているのかはわかりませんが、とにかくプライドが高い。医学部、看護学部などの方たちの勉強量を考えると、同じセラピストとしては、めちゃくちゃ恥ずかしいです。セラピストやめたくなります。まあだからやめたのですが・・・(笑)

 

 

私が思う、良いセラピスト

上記は悪いセラピストの例ですね。なので、良いセラピストはその逆で、

 

・自分の仕事が、医療でないということを分かっている

・リラクゼーションの手に負えないと感じたら、病院を勧められる

・自分より優れた人がいるということを、知っている

 

という感じです。

 

 テクニックの話がおざなりですが・・・本当に、よっぽど下手でない限りは、みんな同じだと思うんです。テクニックが必要とされているのは、結果を出さなければいけない医療ですから、リラクゼーションは結構なんでもいいような感じだと思います。ただ、国家資格を持っている方が、超たまにリラクゼーションをしていますが、それは本当に上手いなあ、と感じました。値段は相場(1時間6000円)くらいですが、一度受けてみるのも良いと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

世の中には色々なセラピストがいますから、色々なお店に行って、自分に合った人を探すのも、楽しいと思います(^ω^)

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net