ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

アスリートをサポートする、スポーツトレーナーの資格について

 スポーツの大会では、何よりも目立つのはやはり選手ですが、その影には様々な人たちがいます。大会を運営する人、選手をサポートする人、マスコミの人、見えないけれど、誰もが主役で、色々な仕事をしていますね。その中には、アスリートをサポートする、スポーツトレーナーも存在しています。有名な羽生結弦選手にも、専属のトレーナーがいるそうです。このトレーナーさんは、接骨院の先生だそうなので、国家資格的には、「柔道整復師」というものです。

 

 

matome.naver.jp

 

 

 スポーツトレーナーには鍼灸あん摩マッサージ指圧師の免許を持つ人も多く、縁のある業界です。今回はスポーツトレーナーについて書いてみます。

 

 

f:id:mogemilk:20161101142703j:plain

 

 

スポーツトレーナーという仕事 

 スポーツトレーナーとは、スポーツ選手の身体を調整する仕事をしている人のことです。 スポーツは、競技によって、使う筋肉も違いますし、トレーニングも、目的別に、様々なことをします。

 

一つの競技でも訓練は色々

 例えば、スケート選手は、スケートの練習だけでなく、身体の柔軟性を鍛えるために、ストレッチをしたり、表現力を上げるために、バレエを習ったりします。野球の投手でも、ずっと球を投げるだけでなく、走り込みやバーベルなど、一見その競技と関係の無いようなトレーニングもします。これらのサポート的なトレーニングは、競技に必要な筋肉をきたえたり、全体的な体力を作るために行います。

 

トレーナーが必要な知識

 スポーツトレーナーは、そういう具体的なトレーニングの指示をしたり、あるいは、怪我をしてしまった時、治してあげたり、怪我を防ぐために、指導したりする、スポーツの全体的な先生です。ただし、トレーニング専門の先生、治療専門の先生など、専門が別になっていたりして、それぞれの先生が、連携を取って一人の選手をサポートしたりします。選手、あるいはチームによって、先生を何人も雇っていたり、ひとりの先生に全部まかせていたりします。運動に関する身体のしくみを、全部知っていなければいけませんから、とても勉強することの多い仕事です。

 

 

スポーツトレーナーの資格

 スポーツトレーナーには、専用の国家資格はありません。アスレチックトレーナーという民間資格の方や、国家資格者では、鍼灸師、柔道整復師が多いようですが、基本的には、特別な資格の必要な仕事ではありあせん。

 しかし、この仕事をするためには、ぼう大な知識が必要なので、多くのトレーナーさんは、色々な学校へ通って、色々な資格を持っています。中には、食事指導をするために、栄養士の資格を持っている方もおられます。大変な仕事です。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 特別な資格が必要ないと上述しましたが、プロトレーナーとして就職、となると、資格が無いと就職できないことが多いそうです。もちろん会社の規模や、誰のトレーナーになるかで変わってきますが、たとえばJリーグのスポーツトレーナーは鍼灸免許とアスレチックトレーナー資格の所持が義務付けられているそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

スポーツトレーナーの資格にはこんなものがあります

 スポーツトレーナー向けの資格をまとめてみます。

  • アスレチックトレーナー(AT)
  • 柔道整復師
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 理学療法士
  • 栄養士
  • 医師

 

 

f:id:mogemilk:20161101142629j:plain

 

 

必要な技術 

 鍼灸師では、トレーナーになるのなら、鍼灸の知識だけでなく、テーピングなども学びます。テーピングとは、運動する時に、身体の一部に、強い負担がかからないようにする予防法で、専用のテープを、身体に巻いて、サポートする、という技術です。上手く巻くのが難しく、とても練習が必要です。

 

テーピングはどこで習える?

  テーピングは、テープを巻くという作業なので、技術的には、骨折の治療をする柔道整復師の学校で近いものを習うことが出来ます。ただし、柔道整復師は包帯を巻く技術なので、テープでは微妙にやり方が違います。学校によって、スポーツの授業があり、鍼灸科・柔道整復科でも、習うことができます。でも、スポーツに強い学校でないといけませんから、全ての学校が教えている、というわけではありません。

 

 

一般人がトレーナーに会うには

 一般の方はスポーツトレーナーに会えないの?と思うかもしれませんが、ジムで指導している方も、スポーツトレーナーです。筋肉のきたえ方を教えてくれますし、怪我をしないように指導してくれます。さらに、ジムによっては、スポーツマッサージの先生がいるところもあり、運動する場所では、スポーツトレーナーに会うことができます。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 ジムで身体をきたえるのは、どこをきたえたいか、何を目的とするかでやり方がたくさんあります。個人でただやっていても、なかなかうまくきたえられませんが、トレーナーの指導を受けると、効率的にトレーニングすることができます。最近は、個人に専属でトレーナーがついてくれるジムもたくさんあります。専属トレーナーのジムは、値段が高いですが、精神的にも肉体的にも、プロトレーナーは支えてくれますし、適切な指導をしてくれますので、本気でダイエットしたいとか、本気で身体をきたえたい方には、かなりおすすめです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 運動は、ただやっているだけでは効果が出ないことが多く、それを知るためには、基礎知識が必要です。基礎知識を自分で学ぼうとすると、それだけでかなりの時間を消費してしまいますし、独学で学ぶのは、かなり難しいものですから、そこは、お金を払ってトレーナーさんにやってもらうのが良いでしょう。

 

 

 

 

 私のクラスにもトレーナーや整形科に携わる方が何人かおられます。私はスポーツの経験があまりありませんので、プロトレーナーの経験のあるクラスメイトに、現場のことを聞くことがあります。私の将来はたぶん、スポーツ方面には行かないと思うのですが、クラスメイトでは、10年後、スポーツ界で名の知れたトレーナーになっている人もいるかもしれません。楽しみです(^ω^)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 今回はは縁の下の力持ち、スポーツトレーナーについてまとめてみました。トレーナーなど、隠れた人たちのことを思うと、スポーツ観戦もより一層楽しめるかもしれませんね。