ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

黒字を増やす、サロン経営。業務用キャリアオイルの選び方。

f:id:mogemilk:20160920084615j:plain

 キャリアオイルとは、アロマなどのオイルトリートメントの時に、アロマオイルをうすめる為につかう、化粧用オイルのことです。色々な素材がありますが、業務用では、適したものと、適さないもの、または、そのお店によって使いやすいもの、そうでないものがあります。今回は少しプロ向けの内容ですが、私の知る限りで、業務として使いやすいキャリアオイルをご紹介します。

 

 

業務用キャリアオイルの選び方

 家庭用でなく、業務用となると、選び方が少し変わってきます。なぜなら、キャリアオイルを使うのにはお金がかかり、出費になってしまうからです。少しでも、安く済んで、利益になる選び方をしなければいけません。そこで、業務用キャリアオイルの選定基準を、私なりに書いてみます。

 

①コスパが良いこと

②劣化しにくいこと

③使い勝手が良いこと

 

 大まかにはこの3つくらいだと思います。お客様の肌質に合うことも考慮している方も多いと思うのですが、天然素材のキャリアオイルで、アレルギーを除いて、トラブルが起きるのは、かなり確率として低いです。普通の化粧用オイルを、使用期限以内に使っていれば、まず起きません。トラブルがあるとすれば、刺激の強いアロマオイルの方が確率的には高いです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 では、サロンのジャンル別に、おすすめのキャリアオイルを紹介していきます。少し専門的になるかもしれませんが、もし分からないことがありましたら、遠慮なくコメント等でお伝え下さい。

 

 

回転系チェーンサロン

 回転系というのは、中〜大規模のサロンです。1つのベッドで、1日に何人も施術することがあるような、回転率の高いサロン。激安店とか、全国チェーン系のサロンのことです。こういったお店で重要なことは、コスパが良いこと。激安店であれば、オイルの原価も気になるところだと思います。金額的におすすめなのは、オリーブオイル、セサミオイル、アーモンドオイル、グレープシードオイルなど大量生産可能な、植物オイルです。

 

 

 

 

 1リットル1000円〜3000円くらいで買えます。ただ、個人的に1リットル1000円というのは安すぎる気がします。安いものには理由がありますから、よく気をつけて選んだほうがいいでしょう。これらのオイルは素材由来の酸化防止剤が入っているものの、ある程度の期間で劣化は免れません。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 オリーブオイル、セサミオイル、アーモンドオイルであれば6ヶ月くらいで、グレープシードオイルは3ヶ月くらいで酸化臭が出始めます。一度酸化臭が出たオイルは、臭くて使えません。なので、ある程度の回転率があるサロンでないと使うことが出来ませんし、酸化のリスクがありますから、ブレンドもあまりおすすめできません。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 少量買って、すぐ使い切る、というようであれば、個人サロンでも、家庭でも、使うことが出来ます。一方、これらのオイルは不飽和脂肪酸であるため、固まりません。なので、夏でも冬でも安定した形状を保っています。比較的さらさらとした、粘度の低いオイルです。マッサージする時も、手が滑りやすく使いやすいと思います。なので、業務用としては、安く、使い勝手の良いオイルです。

 

 

個人サロン

 個人サロンは、客単価の高い店が多く、回転率もあまり高くありません。なので、安くてどんどん使うオイルよりは、そのセラピストこだわりのものが良いと思います。完全に趣味になってくるのですが、強いていうならば私は高級オイルのブレンドが良いと思います。

 

 

アボカドオイル 4000ml(業務用):マッサージオイル

アボカドオイル 4000ml(業務用):マッサージオイル

 

 

 

ハーブセンター キャリアオイル(植物油) ローズヒップオイル 100ml

ハーブセンター キャリアオイル(植物油) ローズヒップオイル 100ml

 

 

 

 ローズヒップは、やや値段が高いので、大容量で安いオイルでブレンドして使うことが多いです。スクワランも高価なオイルの1つですが、これはブレンドせずに使うことが多いと思います。ただし、こういったオイルも酸化が目立ちます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 値段が高いと酸化しやすい傾向にあって、私は月見草やローズヒップを使いましたが、1ヶ月くらいで酸化臭が出てきました。酸化のリスクを考えると、こういったオイルはやや使い勝手が悪いでしょう。少量を買って、いくつかの種類をブレンドして使うのがおすすめです。

 

 

酸化しにくいオイル

 最強は飽和脂肪酸です。ココナッツオイルなど、冷えると固まるオイルです。これらは安定した分子になっていて、酸化しにくくなっています。冷蔵庫のバターやマーガリンって、古くなると、冷蔵庫の匂いがしますが、油臭くなることはあまりないはずです。それと同じで、ココナッツオイルも、臭くなりにくい。ただし、冷えると固まりますから、冬場はかなり使いにくいオイルです。常温で固まってしまうことがあり、そうなると、溶かすのに一苦労します。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 あまり固まりにくいという点では、ホホバオイルがおすすめです。酸化しにくく、固まりにくいオイルです。ただ、厳密に言うと、オイルではなく、ロウ(ろうそくの、ロウです)だそうで、分子の構造に違いがあります。ただ、こちらは少々値段が高めだと思います。客単価の高い、個人サロンは、ホホバオイル等で他の高級オイルをブレンドするのがおすすめです。(ちなみに私が激安店で働いていた時は、ホホバオイルを使っていました。そのせいかどうかは不明ですが、近年潰れてしまっていました( ゚д゚)

 

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

たかがキャリアオイル、されどキャリアオイルです。キャリアオイルは、経営者が思っている以上に、大量消費します。雑費を侮るなかれ。サロンの方針に合わせて、オイルも選んでみてはいかがでしょうか(^ω^)