ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

指名を取れるセラピストは何が違う?本当に大切なのは、自分がなりたい理想のセラピストを想像すること

f:id:mogemilk:20160920084615j:plain

  セラピストの方は指名ってやっぱり気になりますよね。たくさん取れば、その分お金になりますし、自信もつきます。

  私はたくさん指名を取るようなセラピストではありませんが、いつも指名を取れるセラピストを観察していました。そこでは共通していたことがありましたので、医学を学ぶ今だから出来る考え方で、ここに書いてみようと思います。

 

 

 関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

テクニック

  ほぐしとは、服を着たまま揉みほぐすマッサージです。

  マッサージという言葉は、リラクゼーションでは使ってはいけないので、ほとんどのお店が、もみほぐし、と言います。トリートメントとは、オイルマッサージのことで、オイルトリートメントなどと言います。

  ちょっと紛らわしいので、私はマッサージと言ってしまっていましたが、かたくなに守っている方が多かったので、ここでもほぐしという表現を使います。

 

 

  ほぐしにも、トリートメントにも共通して人が好むやり方があります。

  それは、刺激が強いということです。刺激が強いというのは、痛かったり、きつかったりすること。

  痛いのはイヤな方が多いですが、ほぐしやトリートメントで揉まれて痛い時、多くの日本人は「効いている!!」と思うよう。  

  強くもんだり、強いストレッチをすることには中毒性があるようで、好きな人は強ければ強いほど、もっと強いことをしてほしい、と思うようです。

 

強もみが好きな人の多い理由

  人は、刺激に対して慣れるという順応性を持っています。

  例えば、角砂糖を舐めると、甘いですよね。では、コーラを飲んでから、角砂糖を舐めると、どうですか?最初よりは、甘く感じないですよね。慣れて、わからなくなっていますね。

  こういう現象が全身であり得ます。

 

 

  ほぐし・トリートメントも、強さに慣れていきます。

  日本人は、身体に良い、と思うと痛かったり、苦しかったりしても、がまんします。それが大変であればあるほど、ああ、健康に近づいた、と安心する傾向があります。

  強いほぐしやトリートメントは、筋肉を小さく壊していて、これが痛みの原因になり、慣れない人は、その後何日も痛みが出ることがあります。でも、刺激に慣れている人は、この痛みがあるから、健康に近づいた、と安心し、さらに強い刺激を求めるようになります。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  ですから、リピート客の獲得のためには、強く揉めなければいけません。

  揉むだけでなく、ストレッチなども多用して、強い刺激を出せるようになる必要があります。ただし、上記にも書きましたが、これは筋肉を壊していますので、事故のリスクがあり、それを分かった上で行うことが大事です。

 

  リラクゼーションで、もしお客に怪我をさせたら、それはただの傷害事件です。業務上過失傷害。そういうことが起きないように、しっかりと勉強して、決して自分が優れていると思わないように、日々努力すること。

  それらを覚悟した上で、保険に入りましょう。

  強い刺激がダメな人もいますから、求められた時だけ、しっかりと発揮できなければいけません。

 

 

接客

  接客は基本的に、自分の意見は言ってはいけません。そうなんですか、そうかもしれませんね、と曖昧な返事をし続けます。

  日本人は、はっきりとした意見を嫌う傾向があります。はっきり意見を言う人を、恐い、と思う文化があり、人間は自分を肯定してほしい、と本能的に思っています。

  お客様は癒しを求めてお店にいらっしゃいますから、出来るだけ会話は聞き役に徹底しましょう。

 

  それから、妙にマニアックな話もしてはいけません(笑)

  身体のことを調べても、テレビで見た程度で抑えておく必要があると思います。

  お客より、ほんのちょっと、豆知識があるくらいが丁度良いです。あくまで、リラクゼーションは、一般人が、一般人のためにサービスをする場所です。

  そこを超えると、変なお客がつくようになりますので、気をつけてください。私はそうでした(笑)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 そしてなによりも最も大事なのは、同じサロンで長く勤めることです。ずっといれば、常連客もついてきますので、必然的に、ある程度は指名を取れるようになります。

 

 

無神経さも大事

  私は数は少ないけど、濃い関係の指名客が多いタイプです。好きな人は好きなセラピストでした。マニアック系ですね(笑)

  それというのも、私はとても繊細で色々考えてしまうので、お客のためならば、違う店を勧めるような人間でした。例えば、病院とか、接骨院とか。だってその方がいいじゃん。治るから。しかしそういうことをしていれば、人の役には立ちますが、儲かりません。それでは指名の数も上がらないわけですね。

    本気で指名を取りたいのなら、お客を逃してはいけません。ある意味鈍感なくらいの方が、ちょうど良いのではないかと私は思います。

 

 

人気のセラピストになる教科書

 

 

 

現実はきれいごとじゃ済まない

  もし、この記事を、指名を取りたくて読んでいるセラピストがいたら、想像したことと違うかもしれません。思いやりのある接客、洗練された技術そういうものを想像している方は多いとおもいますが、残念ながら、世の中きれいごとだけじゃ無いんです。

  指名というのは、自分の、個人の、欲望でしかないですよね。そのためには、無神経さも必要になってくると思います。何の気なしに指名をとりまくるセラピストっていうのは、こういうことが最初から出来ています。才能があるんですね。

 

 

  指名について考える前に、自分はどういうセラピストになりたいかをよく考えることが大事です。

  私は、大衆受けする、トップセラピストは出来ません。私は指名の数よりも、お客様の体調不良を見つけたら、治してほしい、と本気で思っていました。あなたが来るべき場所はここでは無い、とたくさん言いました。それが、私がなりたいセラピストだったんです。

 

 

 ぜひ、指名をとることを考える前に、自分がどんなセラピストになりたいか、考えてみてください。優れた人には嫌でも必ず指名がつきます。

 

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

  指名は確かに、周りと比べてしまったりして、悩みのタネになりますし、取れないと、自信を無くしてしまいます。でも、数は無くても、自分を好きになってくれたお客を、大事にできるセラピストは、優れていると思います。私はそういう人にみてもらいたいです。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net