ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

恋愛を例にヒーリングとスピリチュアルの波動を科学的に考える

 ヒーリングの世界では「波動」という言葉がしばしば使われます。人や、心は振動していて、その波動が、他人に影響する。時に目で見ることができて、それを「オーラ」と言う・・・。このような感じでしょうか。実は私はヒーリングを勉強したことはありません。おおまかにこういうものかな?くらいの知識です。でもそういうものは確かにあると思うんです。今回は、ヒーリングの「波動」を科学的に考えてみます!

 

f:id:mogemilk:20161217190445j:plain

 

波動・バイブレーションとは

 ヒーリングでは、人やモノは振動していて、波動を出している、と考えることがあります。波動、振動、バイブレーションなどと表現します。「良い波動」とか「悪い波動」とかがあって、良い波動は他人に良い影響を与えます。インターネットサイトでは、

 「嫌いな人からの悪い波動を浄化し、良いバイブレーションでパワーを出す」

 こんな言い回しが多いでしょうか。ネガティブな人からは、悪い波動が出てしまって、自分に影響が出て、悪いことが起きる、そういうことがあるようです。私もそれはあると思います。ただ、言葉は違いますが、確かにそういうことはありえる。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 たとえば、ものすごくネガティブで、いつも人の悪口を言っているような人が時々います。私はとても繊細で、悪口をずっと聞いていると、なんだか胸が痛くなります。でも誰でも、悪口や、不平不満ばかり聞かされると、うんざりすることはありますよね。そういう気持ちはみんな持っていると思います。

 あまりに悪口が多い人は、悪いイメージがついてしまって、その人を見ただけで、なんだか嫌な気分になります。あ、また悪口言うのかな、と想像してしまう。悪口をたくさん言う人は、見ただけで、悪い感じがする。その人をつつむ空気が、悪くなったような、そんな感じがしますよね。こんな現象を、ヒーリングの世界では、「波動が悪い」と言うのだと思います。波動が悪い人を、ブロックしたりする。

逆に、とっても大好きな人はどうですか?

 

f:id:mogemilk:20161205092607j:plain

 

 恋をした相手と話している時、とっても嬉しくて、楽しいですよね。ずっと話していたい、と思いますよね。とっても好きだったら、話さなくても、見ただけで、嬉しくなって、楽しい気分になります。その人をつつむ空気が、良くなっているように感じる。これは、「良い波動」ですよね。

 論理的な文献のある業界ではないので、およそ、私の理解では、ということなのですが、ヒーリングの波動とは、こういう現象のことを指していると思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

恋愛を例に波動を考える

 恋っていうのはつまり、異性を好きになることです。好きな人がいることは、だれにでも経験があるのではないかな、と思います。青春の悩みや相談の代表格ですよね。恋愛成就のヒーリングも存在します。恋愛経験のある方は非常に多いので、わかりやすい例えでしょう。

 

ヒーリングでいう恋の説明

 上記にありますが、恋をした相手は、まるでその人をつつむ空気が良くなったように、見ただけで良い気分になることがあります。近づくと、もっと良い気分になる。手が触れたら、サイコーですね?(笑)近づくと、良い気分が強くなっていきます。逆に、遠く離れて、会えなくなってしまったらどうですか?悲しいし、寂しいですよね。その人が発している波動を感じられる距離というのは、近づけば強くなる、ということが考えられます。見えないくらい離れたら、それだけ波動も弱くなり、もっと遠くへ行ったら、無くなります。ヒーリングの波動はこのような感じです。

  では、医学系学生のブログですから、これを私らしく、科学的に言い換えてみます(笑)

 

科学的な恋の説明

 完全に解明されていない生物のしくみは色々あるのですが、その1つが、フェロモンです。

 フェロモンとは、ホルモンにとても似ていますが、身体の外で、他の生物に影響を与えるというところが、決定的に違います。ホルモンは、身体の中で、自分のコントロールのために、はたらいています。フェロモンは、身体の外で、自分と他人のコントロールのために、はたらきます。

 有名なのは、動物のフェロモンです。繁殖期に、子供を残すために、異性と交尾しなければいけません。異性が好きになってくれるような、フェロモンを出して、誘います。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

植物の例

 植物にもそのようなことがあります。ある植物が群生していて(群生とは、同じ場所にたくさん生えていること)そのうちのひとつの株が、虫に喰われてしまったとします。そうすると、虫に喰われたことを、他の仲間に伝えるために、フェロモンのような、ホルモンのようなものを出すそうです。それが空気を伝わって、他の仲間に伝わり、虫が嫌うような液を出したり、葉や茎を丈夫にしたりするそうです。生き物とは、すごいですね。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  そしてこういった、他の仲間に何かを伝えることは、人間もやっている「ぽい」のですが、ほぼ全く解明できていません。「どうやらやっているのだけど、証明するのがすごく難しいなあ」くらいになってきていると思います。

 

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)

 

 

 

匂いでわかるあの人との相性

 好きな匂いの人、嫌いな臭いの人って、いませんか?

 これは、においから、相手の性格を感じているようです。女性の方が想像しやすいかもしれません。 基本的に、人間でも、異性を「好き」「嫌い」と判断しているのは、子孫を残すためです。

生理的に嫌い!とか、思ったことがある方は多いのではないかな、と思うのですが、それは、この人の子孫は残したくない!ということなんですね。

それと逆に、なんだかこの人、良い匂いだな?というのは、本能的には、子孫を残したい、好きな人に入る、ということです。人間も、生物なのです。生物は、異性とコミュニケーションを取るために、見えないものを出しているのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 匂いとして感じなくても、なんだか嫌な感じのする人っていませんか?あるいは、視線を感じる。そういうことってありませんか?

 

 

私の考える脳の現象

 これは全く証明も研究も無い、私の勝手な考えなのですが、

他者の脳が動いていて、自分に意識が集中している時、それを感じ取る能力を、ヒトは持っていると思うんです。 

 例えば。

 夜道、一人で歩いている時、足音は聞こえないのに、振り返ると、誰かいたみたいなことってありませんか?なんかちょっとホラーみたいですけれど(笑)

 あるいは、駅で電車を待っている時、なんとなく目線をあげたら、向かいのホームの人が、自分を見ていたということ。知らない人と目が合うことって誰にでもありますよね。 

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

それは、私の考えなんですけれど、ヒトは、他人の脳の信号を感じ取ることができるんじゃないかな、と思うんです。声をかけられたり、肩を叩かれたりしなくても、何にもなくても感じているのではないかなって。いわばテレパシーのような形で、他人の視線や注意を感じているんだと思うんです。でもこれは全く証明のしようが無いと思います。どうやったらいいかが全くわからない。脳波?MRI?

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 難しそうですね。

 実は脳というのは、生きている限りどんどん変わっていく上に、中を開けて調べると、死んでしまうことから、とっても調べにくいものなんです。だからヒトで研究するっていうのがとっても難しい。そもそも難しいものなのですから、テレパシーの話なんて、調べようが無いですね。

 でも、私はそう思います。他人の視線を感じるっていうのは、確かにあることなんだから。それが、ヒーリングで言う、波動、ということになります。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

こちらの本は数少ない、一般人向けのヒーリングの本です。ヒーリングは専門用語が非常に多く、とっつきにくいものですが、こちらの先生は一般向けのマナーを重視されていて、大変わかりやすく、参考になりました。それまであやしいと感じていたヒーリングのイメージが覆された一冊です。

必ず役立つヒーリングの基礎とマナー

必ず役立つヒーリングの基礎とマナー

 

 

 

ヒーリングとその効果を否定しないで

 時々、根拠のないものを頭ごなしに否定する方がいますが、根拠ってそんなに、何でもかんでも必要か?と思うんです。だって、証明できないことってたくさんあるでしょう。でも、本当に起こることがたくさんある。

 それを、どうして起きたんだろう、また起きたらどうしたらいいんだろうって考えた時、根拠がなくても、対策が取れるようにしておくってことは、とっても良いことだと思います。

 

 

 科学があることと同時に、科学で説明できないものもあるわけです。

 

 ヒーリングは、誰かに必要だからあって、色んな人が好きなんだと思います。私も大好きです。私は科学的根拠を重視する世界ばかり見ていますので、そういうかけ離れた世界があるというのは、癒しになります。もし詐欺やうそをはたらく人がいたら、大問題ですが、それはヒーリングに限らず、全ての物事でいけないことです。ヒーリングだから良いとか悪いとか、そういうわけではなくて、そういう考えもあるんだな、と思っていただければ幸いです。