ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

年齢で気になるほうれい線。一人でできる予防法とスキンケア

f:id:mogemilk:20160920085048j:plain

 私は30代の女性です。歳を重ねると、肌のトラブルが気になってきます。特に、ほうれい線って、顔の印象が変わりますよね。今回は、ほうれい線について考えてみます。

 

 

ほうれい線とは

 鼻から口の外側、口角に向けて笑うとしわができます。これが、笑わなくてもできてしまうのが、ほうれい線です。年齢に応じて、だんだん深くなってきますから、気にしている方も多いと思います。私も最近、しわが深くなってきて、30代ってけっこういい歳なんだなあと考えるようになりました。なぜ、しわは深くなるのでしょうか。

 

 

肌のしくみ

 肌は、一番外側の表皮、その下の真皮、一番奥の皮下組織という、3層構造になっています。表皮は、毎日入れ替わるもので、大体20日くらいですべての皮膚が入れ替わるそうです。しばらくお風呂に入っていなかったとき、肌をこすると、あかが出ますよね。あれは、20日経って入れ替わるぶんの皮膚が、はがれおちているために起きています。

 

 真皮は、その下の、神経や、血管がたくさんある部分です。もし、重症のやけどなどでここを壊してしまうと、新しい皮膚はできません。一番奥には、皮下組織というものがあり、この部分が肌のハリを決定します。若い人は、ここがしっかりしているので、肌にハリがあるというわけです。

 

 

参考

www.otsuka.co.jp

 

 

 

ビタミンCとコラーゲンが肌に良い理由

 ビタミンCは、肌を作るときに使うものです。肌だけでなく、全身の「壁」になっているところを作るときに必要です。もし不足して、「壁」を作れなくなってしまうと、もろく、壊れやすくなってしまいますので、色々なところから血が出てしまうということがあります。これは、壊血病という病気で、ヨーロッパの大航海時代には、とっても大変な問題になりました。

 

 コラーゲンも、肌に良いと聞きますよね。コラーゲンは、「つなぎとめる」部分に必要なものです。肌をつなぎとめているのは、皮下組織なので、ここがしっかりできると、肌にハリが出ます。コラーゲンは、サプリなどでも流行っていますが、実はお肉にたくさん含まれていて、摂ること自体はそう大変でない物質です。

 

 

ほうれい線が出来る理由

 ほうれい線は、年をとって、肌のハリがなくなってきて、深くなります。肌のハリが無くなるのは、皮下組織が少なくなるという原因がありますね。それから、肌が下に落ちてしまうということもあります。顔には、表情をつくるために筋肉がありますが、この表情筋は、肌に直接くっついています。「皮筋」と呼ばれています。もし、表情が乏しくて、筋肉が減ってしまうと、肌が落ちてしまうことになりますから、それを防ぐために、顔の体操を推奨している美容科の先生もおられますね。深いしわは、肌の表面だけの問題ではなく、奥の皮下組織や、筋肉にも問題があるのです。

 

 

ほうれい線を防ぐ方法

 まず、しっかりと食べて痩せないようにすることが必要だと思います。これは、十分な栄養をとり、皮下組織をつくることが重要だからです。でも、高齢になると、血圧が高くなりますから、栄養のバランスを考えて、高タンパク低カロリーな食事をすることがいいでしょう。お肉ですと、鶏肉ですね。塩分を控えめにすることも大切です。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 つぎに、顔の体操をして、筋肉をつけることも大事です。色々な教材がありますし、インターネットでもお顔の体操はすぐに出て来ると思います。

 

参考

顔のたるみ体操|3分でできる顔のたるみに効く表情筋トレーニング

 

 

 簡単に説明するならば、思いっきり、目を閉じて、口をすぼめて、顔全体を真ん中に集めるように縮めてから、今度は逆に、思いっきり目を開けて、口を開けて、顔全体を広げるようにする体操があります。あるいは、鏡に向かって、色んな感情の表情をつくるのも、いい体操になります。こちらの方が実用的で良いかもしれませんね。

 

 

ほうれい線予防のスキンケア

 スキンケアとしては、乾燥させないようにお肌の潤いを維持することが大切です。肌に潤いを持たせる化粧品はたくさんありますが、私は敏感肌で、一般の化粧品ではアレルギーが出てしまい、ヒリヒリしたり、赤くなってしまうものが多くあります。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 私はアロマテラピーの講師資格を持っています。その勉強中に、様々な天然由来の素材、オイルを学びました。色々試した結果、食べ物から作られている化粧品が最も肌に合っていて、ヒリヒリするなどの反応が無く、安全であり、なおかつお肌の潤いも保持できることがわかりました。

 化粧品は好みがあったり、人によって合う・合わないがありますが、敏感肌の方は天然・食物由来が刺激が少なく安全性が高いですので、参考になさってください。

 

 

お米から作られた化粧品

98%がうるおいを実感、お米から出来た自然派化粧品『ライスフォース・トライアルキット』

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

 

 私もだんだんしわが出来てきました。シミもあるし、首も細くなってきた気がします。歳をとるって、こういうことなんだなあと思い、自分を観察しています。

でも、笑いじわって素敵だと思うんです。これからもっとしわが増えて、深くなっても、その全てが、笑いじわで、幸せを顔に刻んでいけたらな、と思います(^ω^)