ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

口げんかの強い女性と、理屈っぽい男性。性格が違うのは脳が違うから

こんな本がベストセラーになったことがあります。

 

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

  • 作者: アランピーズ,バーバラピーズ,Allan Pease,Barbara Pease,藤井留美
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2002/09/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 15人 クリック: 246回
  • この商品を含むブログ (167件) を見る
 

 

男性と女性って、やはり根本的に性格がちがいますよね?男女差別が時々問題になりますが、どうしても避けては通れないような差があると思うんです。私は男女差別はいけないことだと思います。でも、違うものは違うんだから、お互いの違いを理解して、お互いの良いところを生かして歩んで行くことが最善だと思います。今回は私の思う、男女の違いについて。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

男女の身体の違い

男性には男性器があります。女性には女性器があり、胸も膨らんでいますよね。生殖器は、男女が最も違うものだと思います。それから、男性の身体つきは、とても頑丈そうで、強そうですよね。筋肉の量が女性にくらべてとても多いので、そういう外見になっています。他人の生殖器は普段目にすることはありませんが、身体つきはすぐみ見た目でわかることができますから、これもまた大きな違いでしょう。でも、身体の中にも違いがあり、それは見てわからない部分も多いと思います。例えば、脳。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 脳はいくつかのパーツがあり、一番大きな脳の部品、「大脳」は、頭の中で左右2つにわかれています。この左右の大脳をつなぐ配線があるのですが、この配線の数が、男女で大きく異なるそうです。この配線の名前は、「脳梁」と言います。一般に、女性の方が、男性よりも脳梁が太く、発達しているそうです。

 

脳梁のしくみ

脳梁は、左右の大脳のやりとりを繋げる、配線です。電線のように神経がつながっていて、脳の活動を行なっています。これが発達していると、情報が繋げやすくなると言われています。情報が繋げやすいというのは、簡単に言えば、連想が得意ということでしょう。「ブログ」と聞いて、「インターネット」という言葉しか連想できない人と、「アフィリエイト」「ウェブプログラム」「アクセス」「ネタ切れ」などとたくさんの言葉を思い浮かべる人がいます。想像が豊かですね。一般に、女性の方が脳梁が太いので、こういう連想が得意であると言われています。

 

ナカミもチガウわけよ>

f:id:mogemilk:20161217190445j:plain

 

女性は口げんかが強い?

男性諸君、女性と口げんかしたことはありますか?ある方は、いかがでしたでしょうか(笑)女性は言語能力が高い、という意見があります。言語能力というのは、言葉を話す力です。言語能力が高い人は、たくさんの言葉を知っていて、それをうまく使いこなすことができます。「ああ!」とか「なんということ!」とかいう感嘆詞や、「たとえば」という比喩(ひゆ)をたくみに使い、言葉を話します。そのタイミングが絶妙だと、「ああ、この人は言語能力が高いなあ」と感じます。でもこれは、女性の脳を持つからというわけではないようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 女性は脳梁が太いですから、1つの言葉を聞いて、たくさんの言葉を想像することができます。ただ、言葉を知っていないとこれは成立しませんね。勉強をあまりしたことがなく、言葉を知らない人なら、おしゃべりする時、使われる言葉が限られて来ます。ある文献から、「女性は言語能力が高い」という意見を目にしたのですが、この文章を書いた先生は、高学歴なので、周りの女性のほとんどがかなりの知能を持っている方だったのだろうと思います。よって、言語能力というのは言葉の勉強をしない限りは、男女ともに発達しないだろうと思います。

 

 

男性は理屈っぽい?

男性は、「凝り性」な方が多いようです。それには理由があります。男性は、進化の中で、子孫を作るために女性に認められなければいけませんでした。どうすれば認められたかというと、生きるために必要な、食べ物や道具をたくさん持っている、ということ。そしてそれを女性に捧げ、認めてもらうことが必要でした。ですから、男性には物を集めるという性質があるらしい。物を集めるうちに、良いものと悪いものを分け、どれが良いか、悪いかと考えるようになりました。これが「凝り性」のゆえんです。(もちろん、個人差はありますよ!)

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 凝るのは物だけではありません。知識についても凝る方がおられます。そういった方は、うんちくを話したがったり、その話が難しかったりして「理屈っぽい」と思われることが多いと思います。ただし、理屈っぽいと感じられる方というのは、基本的に話すからそう思われるわけで、おしゃべりな人であると思います。無口な方というのは、きっとよくわからないですよね。理屈っぽいお話というのは、組み立ててあり、論理的な内容である方が多いと思います。

 

f:id:mogemilk:20161205092607j:plain

 

私が思う最強の人

男性で言語能力が強い人、女性で論理的思考の強い人は、理屈の上では最強だと思います。男性の論理的思考に言語能力をミックス、女性はその逆ですね。欠点が補われている!・・・ところが私は実際、論理的思考の持ち主ですし、口げんかもそうそう負けない言語能力があると思うのですが、社会で困ることは途絶えず、世渡り下手と言わざるを得ない人間です。そんなに上手くいかないってことですね・・・(´・ω・`)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

人間関係にはどうしても、合う・合わないとか、好き・嫌いがあると思いますが、男女という理由ではなく、そういう人だから、という風に判断してもらえたら良いと思います。傾向は確かにありますが、嫌いな人が、男だから、とか女だから、という理由は、少し、間違っていますね。

 男。性と女性は確かに、違います。だからこそ、協力して、支え合って、寄り添って生きていきたいですね。