ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

プロフィール

私のプロフィール

 

名前>めりー

年齢>3X歳

職業>はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師

趣味>クロスバイク・ジャズ・お酒・読書・ゲームなど

 

子供の時の話

 子供のときから家族を含め周りとなじめず、自分はひょっとして変わっているのかもしれないと疑う。

 

 

 具体的にどうなじめなかったかと言うと、みんなが言っていることは私は分かるのに、みんなは私が言っていることが分かってないように見える。

 他人に理解してもらえない気がしていた。

 

 

 人間関係はいつもその場所のみにとどまる。

 たとえば、小学校のクラスメイトとは小学校だけで、中学以降は特に連絡を取らない。これは今まで常にそうで、意識しているわけではないのだがそうなってしまう。人間関係は、広く、浅くタイプ。

 

 世界中みんな友達。ブラザーなのです。

 

 

 

 鳥が好き。どのくらい好きかというと、小学2年生の夏休みの宿題が、鳥類図鑑の模写だった。飼ったことは無いが、今も時々、川原なり動物園なりに見に行く。

 

 人と一緒に行くとずっと鳥ばかりでイライラされるので一人で行く(笑)

 

 

f:id:mogemilk:20180513110111j:plain

 

 図鑑が好き。図書室の鳥類図鑑は愛読書だった。

 今思えば本当に小さい時から自然科学の本ばかり眺めていた。文章は読まなかったが、写真やイラストを見るのが好きだった。

 

 

 

 基本的に1人でいる時間が異常に多かった。私は物心ついた時から友達は浅く・広くだったので遊びに誘ってくれる友達もいなかった。だから1人でよく絵を描いていた。

 

 人形相手にお医者さんごっこをやっていたことも覚えている。包帯を巻く練習に凝っていた。

 

 変わった子供だから1人だったのか、1人だったから変わった子供だったのか。

 

 

 

 高校は音楽の専門高校へ進学した。トランペット専攻。

 

 

 2年生まで楽器に夢中で、さっぱり座学の勉強をしていなかったが、ある時から本気で音大へ行ってプロになりたいと思い、死ぬほど勉強した。

 

 

 でも家が貧しく、金銭的に私立は無理。よって国立を目指していたが、母と担任の教師に「あなたは頭も悪いしお金も無いのだから就職しなさい」と言われ、グレた。

 

 

 グレたと言っても家に帰らないとか大人の言うこときかないくらいで悪いことはしなかった。

 そんな根性まではなかった。

 盗んだバイクで走り出すのは歌の中だけなのだ。犯罪、ヨクナイ。

 

 

 

20代の話

 そんなわけで実家を飛び出した。外食産業で社畜になる。

 でも楽しかったから別に恨んだりとかは無い。本当に楽しかった。いい青春だった。

 

 

 合計8年くらい働いたが、いつの間にかうつ病になる。でも仕事は続けた。

 

 

 うつは6年くらい患った。

 最初は軽度だったが、薬がどうも合わなく、おかしくなっていった気がする。

 

 

 精神科の薬が本当に嫌い。

 またうつになったとしても、薬を飲むくらいなら死にたいのを我慢した方がいいと思っている。

 

 

 現在は完治している。ほとんど自分で治したと思う。

 これは結構な自信につながったと思う。

 

 

 そんな20代の中、病んでいたので判断を誤り結婚したことがある(笑)

 もちろん離婚しました。そんなわけで私はバツイチ。

 病んでいても子供については真剣で、心のどこかで「別れるかもしれない」と思っていて、子供はつくらなかった。

 自分と同じ人間を創り出したくなかった。

 

 

 そういう考えはすべて私の幼少期にあるのだと思う。変な子だったら可哀想だもの。

 

 

セラピストになった話

 2011年、忘れもしない東関東大震災の年。

 

 地震とは全然関係ないのだけど、私はセラピストになった。

 

 なぜか。

 

 気が向いたから。

 

 

 以上。

 

 

 きっかけなんてそんなものなのです。

 

 

 リラクゼーションサロンで働き、2年くらい経つと、進学を本気で考えるようになっていた。

 

 

 具体的な金額を調べ、目標の入学年度を決めたら、リラクゼーションを辞めて、予習のために接骨院で働いた。

 

 

 仕事の合間、これまた予習を兼ねて、アロマテラピーの民間資格の勉強を始め、独学で講師資格まで取得した。

 

 

 さらに、治療業界の交流会やセミナーなどに足を運び、見聞を広げた。そして週休1日であったのでこれを利用して貯金もした。本気だすと出来る子なのだ。

 

 

 

 そして2015年の春にはりきゅう・あん摩マッサージ指圧科の専門学校へ入学。

 18年無事卒業、国家資格取得。

 

 はり師

 きゅう師

 あん摩マッサージ指圧師

 

 の三つの国家資格を持っています。

 あんまり医療従事者って国家資格のこと自慢しないけど(自慢でもなんでもないからな)、私は超頑張って取ったのでめっちゃ自慢です。

 

 

 どうだー!とったどーーー!!

 

 

 

 卒業後はブロガーをやりながら都内の病院のリハビリ部署勤務。

 色々なことを考え、色々をおもっています。

 

 

f:id:mogemilk:20180506112825j:plain

人生の色々

 結構いろんなことがあったので、学習して、以前に比べてアタマは良くなった気がします。でも精神年齢が子供です。少女っていうか少年みたいです。

 

 

 自分は変わっているんじゃないかってものすごーく悩んだ時期がありました。

 最近まで悩んでいました。

 

 

 でも今はみんなそれぞれ、変わったところや美しいところ、邪悪なところ、いろんな要素があって、一人の人間ができていると思っていますので、総合的には人並みで嬉しい限りです。

 

 

 しかし周りに比べてどうやら私はものすごく考える人なので、どうでもいいことを毎日めちゃくちゃ考えています。哲学的だと思います。

 

 考えるのが好きなんだと思います。

 

 これらかも考えて生きていきます。

 

  

将来の夢

 

 近年は普通の生活がしたいと思って、それが目標だったのですが、普通の生活って実現が超簡単で、今もう叶ってしまいました。

 

 

 日本の医療を良くしたいと思って勉強していましたが、まあこんなもんかなーと思うに至ったので、今はあまり考えていません。

 

 

 日本には優秀な先生がたくさんいるので安心しています。

 

 

 今の将来の夢は、今度こそ(笑)結婚して幸せな家庭を築くことです。子供も欲しいなと考え始めました。せっかく女だし。一回産んで育ててみようかなって。

 

 

 あとは温室テラスのついた家に暮らして、一室ジャングルみたいにするのが夢です。

 

 旦那さんが「おーい」と私を呼ぶと、茂みがガサガサガサッて動いて中から私が「なんだい」と、旦那さんが思った方向と違うところから顔を出してびっくりさせるというのをやってみたいです。

 

 

 ハワイも行ってみたいです。

 理由は日本人はみんな行くらしいので一回は行ってみようかなと。 

 聞いた話なので本当にみんながみんなハワイに行っているのかはわかりません。

 

 

 ブログでたくさん儲かって奨学金を早く完済したいです。

 まだ全然稼げません。

 

 みなさん頑張って毎日このブログ読んでください。

 

 

 

 今後とも「ひとりのセラピストのひとりごと」をよろしくお願い致します。

 

 

 

 2018年吉日 めりー 

 

 

保存保存