ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

基礎化粧品は天然由来が良い?安心・安全な化粧品の選び方。米から作られた化粧品

基礎化粧品はどんなものをおつかいでしょうか?乾燥の気になる冬場は、クリームや乳液も使いますし、夏の紫外線のケアもしておきたいですから、美白系のものも気になりますよね。でも、本当に安全な化粧品はどうやって見極めたらいいのでしょうか?今回は安全な化粧品について、考えてみます。

 

f:id:mogemilk:20161213164615j:plain

 

基礎化粧品とは

 化粧品にも色々な種類があります。最も基本的なのは「化粧水」ですね。お風呂上がりなど、肌が失った水分を補給するために、直に塗る補水液です。もちろんただの水ではなくて、保湿性のある「グリセリン」や、「オイル」、それらを混ぜるための「アルコール類」、美白効果のあるものには美白成分が入っています。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 他にも、乳液やクリーム、美容液などがありますが、基本的な材料はどれも同じで、その割合が違っているために見た目の形状が違います。形状が違うために、浸透するスピードも違いますから、それを利用して1つのブランドが目的別に色々な種類の基礎化粧品を販売することが多いです。色々な種類の基礎化粧品について、簡単に説明してみます。

 

 

化粧水

 肌の補水液。何層かある肌の、一番外側にある部分、「角質層」を主に潤わせる。角質層は、これから剥がれ落ちていく不要なところであるが、ここが乾燥していると、けばだってきたり、粉をふいたような状態になる。塗ってすぐに効果のでる即効性のある化粧品。

 

乳液

 化粧水で補給した水分を、保持させるための保湿剤。白く乳状なのは、水に油を溶かしてあるため、乳化して白い色になっている。油は普通、植物由来のものを使う。

 

クリーム

 就寝前など、休む前に塗る、広範囲用のケア剤。時間をかけて浸透していくので、肌の奥まで届く。目的別に色々なものが販売されている。たとえば、保湿、美白、ニキビケアなど。ちなみに最も歴史の古い基礎化粧品でもある。古代では医療用の薬剤だった。

 

美容液

シミやシワなど、特に気になる部分に集中的に塗るケア剤。高価なものが多い。化粧水やクリームなどは安いブランドもあるが、美容液だけは高級ブランドしか販売していない。個人的には、各メーカーが最も気合を入れて作っている気がする。

 

 

値段が高いと効果があるの?

 化粧品の値段は本当にピンキリです。安いとそれこそ数百円で買えますし、高いと数万円なんてものもあります。果たして値段が高い方がいいのでしょうか?

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 大手国内メーカーでは、高級化粧品の開発には有機化学や薬剤学の研究者が関与しています。その化粧水の目的がはっきりすればするほど、効果を出すためにしっかりとした成分を添加しています。そこには医学的な知識ももちろん必要で、開発者は実に多様な知識をもった方達です。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 こういう研究はお金や時間がかかりますから、大きな会社でしかできず、オリジナリティのある商品を開発することがあります。ただ、医療品ではないですから、臨床試験などが無く、ごく稀に、思わぬ副作用が報告されることがあります。これは現代ではごくごく珍しい、イレギュラーな例です。

 

大手企業の副作用報告

 数年前、国内大手メーカーの高級美容液に副作用が出たという報告があり、大々的にニュースになりました。その化粧品を塗った場所が、まだらに色が白く抜けてしまったのです。白いあざのようなものができてしまった人がいました。ただその人数が結構多くて、これは化粧品に問題があるな、となったわけですね。数万人が使って、ひとりとか、ふたりとかに出る、くらいだったら、個人の体質が関係している可能性がありますが、指で数えられるような数ではない人数だったそうですから、大問題になりました。メーカーは販売を中止し、対応に追われていたそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 これは滅多にないケースですが、こういうことも、あるにはあるのです。大きな会社はたしかにお金を使っていい商品を開発できるかもしれませんが、だからといって大企業なら安心だ、というわけではありません。

 

f:id:mogemilk:20161213173021j:plain

 

安全な化粧品を選ぶには

 では安全な化粧品はどうやって選んだらいいのでしょうか。結論的には、合う・合わないは使ってみないとわからないのですが、それでも、合いそうだな?くらいは何となく考えられると思います。私は一部の化粧品にアレルギーのような反応が出てしまい、使うことができません。そこで私の化粧品の選び方は以下のようになります。

 

・国内メーカーであること

 日本人と欧米人の肌質は違う。それは、風土や食生活が違うから。私は日本人だから、日本人が研究したものの方が、安心できる。

 

・多くの人が使っていること

長く販売され、多くの人が使っているものは、それだけ続く理由がある。

 

・食べ物から作られていること

口に入るものから作られているものは、肌に塗っても安心だと思う。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

食べ物から作られていたら安心?

 化学薬品が入っていることは、安心できない理由にはなりません。なぜなら、私たちは病気の時、薬を飲みますよね。そして薬は効きます。化学薬品も、正しいものならば、危険であることはありませんし、何より効果が強いです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 化学薬品は、作るのに研究が必要ですから、企業は時間とお金をかけて作ります。いくら、医薬品でないとはいえ、それで事故が起きてしまったら、大変な損失になりますから、しっかりと研究しているはずです。上記の例はかなりイレギュラーなケースですが、基本的には、私は化学薬品について否定はしません。それは食べ物由来というのも同じで、食べ物から出来ていれば、絶対に安全か?というと、それもまた違うと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 たとえば、昭和の時代に大変な騒ぎになった、「カネミ油症事件」というものがありました。米から精製された米油を作る工場で、異物が混入し、それが人体に影響を与えて大変な問題になった、という事件です。この異物は化学物質で、人体に有害でした。妊娠中のお母さんが口にすると、それがお腹の赤ちゃんに影響し、赤ちゃんの肌を黒く染めてしまったそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 平成もそういった事件はいくつかあり、印象的だったのは大手乳業会社の食中毒事件です。とても有名な会社でしたが、牛乳の食中毒が大変な事件になり、一時は大変な騒ぎでした。その後は牛乳のブランド名を変え、コマーシャルも一新し、現在では新たに安全な食品を提供しています。よく持ち直したな、さすがだな、と感心しています。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 食品会社ですらこういう例はありますから、食べ物から作られている、ということは絶対に安全である理由にはならないと思うのですが、少なくとも、私は、安全なものを作ろうとする努力を感じます。私が重要だと思うのは、その努力なのです。

 

 

食品由来の化粧品の例

一例として、お米から作られた化粧水をご紹介します。

 

 

 

 こちらは10月に展示会へ行き、実際にスタッフさんに詳しいお話を聞かせてもらった化粧品です。この化粧品を作っている会社は、主に通販でしか販売していないそうなので、会社よりも商品の方が有名なのですが、香川県にある会社だそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

展示会のスタッフさんも香川県の方で、私は行ったことがないので沢山お話を伺いました。香川県はうどんが有名ですが、お米や酒蔵もあって、豊かな自然を生かして農業が盛んな土地だそうです。その自然と農業を、基礎化粧品に生かしたい、というのがこの商品の始まりで、雑誌やテレビなどで報道されたこともあり、有名な看板商品になっているようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 その商品が安全かどうか、というのは、広告では決してわかりません。広告は良いことしか書かないからです。ではどうやって安全かどうかを確かめるかというと、それはその商品がいろんな人に長く使われているかどうか、その会社が何を大事にしているかを知れば、ある程度はわかるのではないかな、と思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

この商品は会社の努力もあり、かなり愛用者が多い商品です。モデルさんが使っていると広告されていますが、有名な人が使っているということより、たくさんの人が使っているということの方が大事です。たくさんの人が使っていても、何もトラブルが起きていない、販売中止になっていない、ということは、安全である可能性が非常に高い証拠になりますね。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 さらに、この会社は農業を使って化粧品という全く新しいものを作っています。農業は手間がかかり、流通にしくみも作らなければいけませんから、とても大変な手間がかかることが予想できます。農業よりも、もっと安く、簡単に導入できる素材はたくさんあるわけです。でもあえてそこをやっている。これは信用する要素だと思います。

 

f:id:mogemilk:20161213182133j:plain

 

 私が素晴らしいな、と思うのは、このブランドはいくつも基礎化粧品を出していますが、それをまとめてセットで試せる、というものがあります。送料無料で、一通りの基礎化粧品が試せるのです。普通、お試し用の販売は、化粧水だけ、だったり、一回分だけだったりするのですが、この商品は基礎化粧品3種類を、10日分も試させてくれます。10日分も美容液までしっかり試せるというのはなかなかありません。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 使用感については、私は肌になじみが良く、乗せただけですっと浸透していく感じがしました。私の肌にはとても良く合っていたと思います。よく吸い込みますから、保湿感もすごくあり、冬場の乾燥対策に十分な効果があるな、と思いました。美白効果のあるものもあり、夏場でも、紫外線対策として使える化粧品です。

 

 

 

 

 ちなみにお試しセットには2種類あって、基礎化粧品3種類(化粧水・美容液・クリーム)のセットが900円、それにさらに美白美容液と日焼け止めがついたセットが1400円だそうです。とっても安いですよね。美容液もついてこの値段。もちろん販売されているものよりも小ぶりな入れ物で、10日分試せるそうです。でも10日も試せるお試しセットってなかなか無いですよね。冬場なので日焼け止めはいらないかもしれませんが、夏場の肌ストレスのケアにも美白は大事ですし、なにより500円であと2つついてくるのが大変お得ですから、5点セットの方がおすすめです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 これでいいや、と化粧品をなんとなく使うのではなく、身体に合ったものを選ぶ、目利きする、ということは大切なことですから、ぜひ化粧品を買う時は、お考えになって下さい。

 乾燥する季節、どうか肌を大事にして、いつまでもおきれいで健やかにお過ごしください。