ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

将来の予定が決まった(仮)@鍼灸科学生

卒業後に何をするか、もう何年も、入学前からずっと考えていたのですが、閃いたのでここに書きます。何かをする時、公言することはとても大事だと思います。このブログは誰かの知識になるようにというスタンスですが、自分が向上するため、行動するために明言しておこうと思いました。今日のところは、お付き合いください(笑)

 

f:id:mogemilk:20161217214456j:plain

 

私は入学前から将来何をしようか考えていました。特別、起業したいとか、教鞭を取りたいとか、そういう気持ちは無くて、今も特に何になろうとも思っていません。ただ、仕事はフリーランスであること、もっと勉強したいということだけが考えの中にあります。フリーランスは、一応形だけはやっていますのでこの調子で行くとして、勉強をどこでするか、とういことが問題でした。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

勉強自体は一人でも出来ます。でもそれではつまらないんです。私は、自分よりはるかに有能で、どれだけがんばっても追いつけないような人にたくさん会いたいと思っています。それはきっと、一人で勉強していても、会うのは難しいと思います。だから、勉強するなら、学校が良い。専門学校はすでに通っていますので、大学が良いと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 大学教授の先生が非常勤務で教えてくださっているのですが、鍼灸には、鍼麻酔というものがありますので、それについての臨床の実際を聞こうと思い、先日質問しに行きました。「麻酔について興味があるのですが・・・」と申し上げたところ、少し説明して下さったところで、「医学部行けば何でもできるよ」と言われ、「いやそれは大変でしょうが・・・え?行けるんですか?」とちょっと脱線して、医学部の編入について伺ったんです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 医学部といいましても私は無学歴で、学士も持たない身分。編入は学士がないと行けませんから、まずはそれからになります。超勉強が得意で、お金もたくさんある方なら、いきなり受験するのもありでしょうが、私は何しろ専門学生。しかも30歳を過ぎています。この歳で医学部ってアリなんですか?と伺うと、「いっぱいいるよ」と仰っていました。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 ウーン、そうか。いっぱいいるのか・・・。

 軽く伺った限りですが、私でも医学部に入ろうと思えば、やり方はあるそう。まず学士を最短で取る。そこで2年かかります。その2年間に、受験勉強をしておく。必要なら予備校へ行きます。鍼はバイトで打つ。2年後、編入受験、専門医までやらなかったら、学部はそれほど長くかからないらしいから、おおよそ40歳には医学部卒業。

フムフム、結構良いではないか。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 費用の問題は大変大きな問題です。そのために着手できずに終わるかもしれません。でも学士を取るだけなら今の学校ほどかからないし、単純にやってみたい。医学部は、学士を取った時、行きたくなかったら行かなくてもいいのです。別にドクターになりたいわけでは無いんです。ただ、やってみたい。やってみようかな?という単純な動機。休みの日に何しようかな?と全く同じテンションです。

 そんなテンションで進学を考える私はかなりおかしいですが、人生は遊びだし暇つぶしなわけです。医学部行きたいんだったら行けばいい。やってみて無理だとわかったら、諦めたらいい。やらないで諦めるのが一番納得いかないので、とりあえずその方向で進路を考えることにしました。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 もしうまくいって医師免許を取ったら、肩書きにはこう書きたい。

 

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・医師      めりー 

 

免許を取った順に書くとこうなります。マジかっこよくないですか?(笑)普通、医師って最初に書くのに、最後!完全におかしな人ですよね。でもこれで名刺作りたい。ちなみに医師免許があると鍼灸師もあん摩マッサージ指圧師も全部出来るんです。だから先にとった免許の意味が全て無くなるという、普通の人なら考えられない人生の選択(笑)でもこれ・・・カッコいいなあ。こういう人になりたいな。

 あと単純に医師免許取ったらクラスメイトとか鍼灸学校とかでもチヤホヤしてもらえますね。ドクター崇拝だから。でも崇拝されるのは専門医までやらないとダメなのかなあ。うーん。

 

 

 

 とバカな妄想をしているのですが、実際には費用面に大変難しい問題を抱えていますし、入試も簡単なわけありません。私にはかなり厳しいことが想定されます。学部に進学しても、大人の事情があったりして鍼灸師ではいられなくなると思うんです。ですから実現するかどうかは置いておいて、でも、目標の設定は必要です。

 目標は、達成できそうではダメなんです。出来なさそうだけど、不可能では無い、くらいが自分の中での一番いい目標設定。いつもそのくらいで設定しています。だから医学部進学は丁度いい目標かな。

 

 このように、数年考えていた、鍼灸学校卒業後の進路の目標が決定しました。 あー、スッキリした。やはり目標がないとダメなんですよね。燃えない。最近火が消えそうになっていました。専門学校に慣れてきて、具体的な夢も見つかってなく、中だるみ。でも目標が設定されたので、頑張れそうです。とりあえず確実な卒業と国試合格、仕事の成功。始まりは、そこからですね。

 

よーし、医学部行くぞー(´ω`)    おー\\\\٩( 'ω' )و ////