ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

睡眠薬が効かない。睡眠薬で眠れない人の効果的な対処法

今でこそ医療者の私も不眠症になったことがあります。

 

ひどい時は3日も寝つけないことがあり睡眠薬を飲んでいましたが、あまり効かずとても苦しみました。

 

今となってはそりゃあ薬も効かないよなあ、と分かるのですが

 

辛い時というものは、色々わからなくなってしまうもの。

 

今回は不眠症と睡眠薬についてまとめてみます。

 

f:id:mogemilk:20161217201059j:plain

 

睡眠のメカニズム

 人はなぜ眠れなくなるのでしょうか。

 

 地球には昼と夜がありますが、生物の身体にも体内時計があります。

 

それはホルモンという身体の中の情報を伝えるものが大きく関与しています。

 

体内時計になるホルモンとは、「メラトニン」というホルモンです。

 

夜になるとこのメラトニンがたくさん出て、身体を休ませようと働きます。

 

この結果眠くなってきて人は寝つきます。

 

メラトニンの分泌には太陽光が大きく関わっています。

 

健康な方は夜に眠くなりますが、太陽が沈んでいて暗いからこそ眠くなるのです。

 

眠れなくなる理由

 眠れない理由にはいくつかありますが、大きく分けると、2つ。

 

脳を使いすぎて眠れない。

脳が興奮するので、眠れない、という状態です。

 

それから

 

体内時計が壊れている場合。

眠る時間が不規則だと、うまくホルモンが出なくなります。

 

 

うつ病の人によくある症状は、取り留めのない考え事をして脳を興奮させてしまい、眠れなくなってしまいます。

 

考えるとそれだけ脳が活発に動きますので、

 

会社を休んだり家で安静にしていても、脳のなかでは過活動の状態です。

 

このため医師は睡眠薬を処方しますが、

 

うつ病の人は昼夜を問わず考えごとをしているために、生活のリズムが狂ってしまっています。

 

精神疾患のある方が夜行性になってしまうのは、

 

考えごとをして脳が過活動になり、夜眠ることができず体内時計が壊れてしまうことが原因です。

 

単に睡眠薬を飲んでも眠れないというのは、うつ病の人の生活リズムを考えると自然なことであると言えます。

 

睡眠薬はなぜ効かない?

 処方されている多くは、「睡眠導入剤」という寝入りを良くするための薬です。

 

脳の活動を抑えるために、意識がもうろうとしてきます。

 

健康な人であればこの状態で眠ることができますが、うつ病の人は生活リズムが狂ってしまっているために、もうろうとした状態のまま寝付けないということが起きてしまいます。

 

脳のなかで眠るべき時間が狂ってしまっていると、一度眠ってもすぐに目覚めてしまうことがあります。

 

睡眠薬が効かない方がまずやるべきことは、正常な生活リズムを取り入れるということになります。

 

体内時計の治し方

ではもし体内時計が壊れて眠れなくなってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。

 

これを治すこと自体は非常に単純です。

 

規則正しい生活をするだけ。

 

そんなことは分かっているけどできない!という声が聞こえてきそうですね。

 

私も不眠症の時はそうでした(笑)

 

言うのは簡単ですが、やるのはとても大変です。

 

 

正しいリズムができないわけ

不眠症の方は非常に思慮深い方が多いです。

 

たくさん考え、悩む時間を持ってらしています。

 

思慮深いというのはとてもいいことですが、時に他人に理解してもらえないなど苦しむ原因にもなります。

 

なぜそんなことで悩むの?とドクターに言われたのは私だけではないのでは。

 

人によって考える量というのは違いますから、たくさん考える人が考えない人に分かってもらうのはとても難しいことだと感じます。

 

さてでは正しく考えるためにも、しっかり眠って脳を休ませてあげたいもの。

 

眠れないのは精神的にとても辛いものがあります。

 

考える人は自分の脳を過活動にさせてしまうので、夜も眠れなくなってしまいますが

 

リズムを取り戻すためには、正しく時間の管理をしないといけません。

 

うつ病の患者さんの多くは自宅で生活していますから、生活の管理もご自身でされています。

 

自分の体調管理が正しくできていれば、そもそもうつ病や不眠症になったりはしません。

 

体調管理は難しい

体調管理はとても難しいのです。

 

私は医療者ですが、怪我もするし入院したこともあります。

 

救急車に何回乗ったか、すっかり忘れてしまいました。

 

情けないですが、医療者ですらそのような状態になり得ますから、自己管理はとても難しいことであると感じます。

 

ましてや不眠症やうつ病の患者さんが体調管理を自分でするなんて、とても酷だと思います。

 

うつ病の他にも色々な病気の患者さんにみられるのが、入院すると回復するが、退院すると悪化する、ということ。

 

入院では完全に医療者に生活を管理されるので回復していくのですが、退院して元に戻ってしまうようです。

 

以前は循環器内科病棟に勤務していましたが、退院したとたん暴飲暴食をして、また運ばれてくる常連さんがたくさんいました^^;

 

 今日からできることをやろう

 体調管理は健康な人でも難しい。

 

だから体調管理をやろうとすると、挫折しやすくなってしまいます。

 

私がおすすめしたいのは、できることをやること。

 

簡単なことをひとつだけやってみましょう。

 

眠れなかったとしても、決めた時間になったら一度は布団に入る。

 

朝になったら、カーテンを開ける。

 

 

必ず今できることを毎日やるようにしましょう。

 

光が辛ければ、

 

同じ時間に水を飲む、でもいいですし

 

毎日同じ時間にコンビニに行くでも。

 

本当になんでもいいです。

 

とにかく大事なのは、できる限り簡単で、今すぐに可能なこと。

 

いきなり体調管理しようとか、朝早く起きようとすると、挫折しやすくなります。

 

体調管理も、朝早く起きるのも、健康な人だって難しいと思っています。

 

 無理をせず、時間をかけてマイペースにやったほうが、ストレスがありません。

 

大事なのは、ちゃんと何かすること、そしてマイペースであることです。

 

ポイントは太陽光

できることを毎日やれるようになったら、挑戦して欲しいのが朝カーテンを開け、夜閉めること。

 

まずはここを目標にしてください。

 

同じ時間にやることがポイントですが、朝の時間設定が早すぎると、挫折しやすくなります。

 

ですから、午前中であれば、10時でも11時でも構いません。

 

昼間眠ってしまっても、開けてから眠るようにしましょう。

 

そして夜に閉める。

 

夜閉める方は比較的簡単であると思います。

 

この練習の重要なことは、太陽光を見るということ。

 

どんなに一瞬でも、カーテンを開けるときに多少の太陽光を見ることになります。

 

太陽光は室内灯よりもはるかに明るく、体内時計に刺激を与えます。

 

最終的にはきちんと夜眠ること、社会復帰することという目標になってくるのでしょうが

 

それはずっと先の話で、今は自分の脳を夜休めることに専念すべきだと思います。

 

何ごとも焦るとろくなことがありません。

 

私はたくさん失敗しました^^;

 

マイペースに、無理をしない。

 

これがもっとも大切です。

 

まとめ

・睡眠薬で眠れないときは、体内時計が壊れていることがある。

 

・体調管理は難しい。

 

・体内時計は規則正しい生活で元に戻る。

 

・できることを確実にやるのが重要。

 

・午前中に太陽光を見ることで、体内時計は回復していく。

 

 

 

うつ病のために体内時計が壊れてしまって眠れない、ということが私の不眠症のほとんどでした。

 

人生の多くを占める睡眠。

 

毎日を楽しくするためにもしっかり眠って元気に目覚めたいものです。

 

どちら様も、お大事になさって下さい。

 

 

保存保存