ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

スノーボードで骨折した話

 そろそろ1年で一番寒い季節ですね。冬の楽しみのひとつといえば、ウインタースポーツ。私はスノーボードを毎シーズンしていましたが、二度ほど嫌な思いをし、引退しました。嫌な思いというのは、怪我や病気なのですが、今回は、スノーボードで怪我をした時のお話をしてみます。これから遊びに行く方こそ、ぜひご覧になって、気をつけて行ってらっしゃい(笑)

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20170108161537j:plain

 

 

高速バス旅行

 近年、事故が相次ぎ、注意されている高速バスツアーですが、若い時はよくこれでスキー場へ行っていました。アルバイトの友達と行くことが多く、1シーズンに何回も一緒に行っていたのですが、何時間も高速バスに乗るのはなかなかの苦痛で、今ではもう出来ないな、と感じています。泊まる宿も粗末なもので、スノーボードが純粋にやりたかったから使っていました。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

スノーボードのレベル

 この年は、スノーボードを始めてから5年目くらいで、レベル的には中級者に入りかけ、といったところだったと思います。あまり転ぶことも少なくなり、ちょっと調子に乗ってくる頃です。何事も、中級者になりたてくらいが、最も事故を起こしやすい。車もそうです。慣れて、気が緩んでしまっていたと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

単独事故

 事故を起こしたのは帰りがけで、午後の3時くらいでした。とても天気の良い日で、気温は五度くらい、雪が溶けてしまって状態の悪いゲレンデでした。今日最後と思い、一人でふもとまで滑っていたのですが、途中、なだらかで止まると面倒なスポットがありました。スノーボードは両足を固定しますので、止まると自分で漕がないといけません。それが面倒で、飛ばしていました。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 なだらかなコースは合流後で人通りがあったのですが、そんな人通りとは関係なく、勝手に派手に転びました。後ろへ身体が倒れ、足が浮き、尻から落ちたようだったのですが、落下時に後頭部をぶつけたらしく、転んだ時のことはわからなくなっていました。気がつくと青い空が見え、激痛が走り、うめき声を上げていました。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

なんだか知らないけど助けてもらった

 苦しんでいるとちょっと離れたところでも人が倒れていて、人だかりが出来ていました。どうやらそちらの方が私より先に事故を起こしていたようでしたが、何しろ痛いので自分のことで精一杯。するとそう時間がたたないうちにレスキューの人たちが来てくれました。

 

ぐるぐる巻き

 どうもレスキューが来るのが早いな、と感じていたのですが、どうやら隣の事故者よりも、私の方が重体とされたらしく、優先して運ばれたようでした。腰が痛いと訴えると、何本かのしっかりした棒に全身を固定され、ぐるぐる巻きにされました。頭から足の先まで固定され、首を動かすこともできないような状態です。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 今では理解できるのですが、この時私は脊髄損傷の疑いがありました。もし損傷していたら、半身、最悪は全身の不随になってしまいます。つまり、車椅子生活、あるいは寝たきりですね。こういう緊急性のある症状は悪化を防ぐために固定をし、慎重に輸送する必要があります。よってぐるぐる巻きにされたのですね。ああ、今は無事でよかった。

 

 

DVDつき はじめてでも絶対うまくなる! スノーボード

 

 

 

病院へ

 山の中には救急車はありませんでした。なので有料の救急車みたいな、でも全然見た目は救急車じゃないような、謎の乗り物に乗ってはこばれました。病院へ着くと、やはり若者の姿が多く、みんな無茶して運ばれてきたような感じでした。診察時には、私の手足が動いていたこと、私が若かったこともあり、先生も慣れていて、「無茶したんでしょ、本当はそんなに痛く無いんでしょ」みたいな感じでかなりナメられて(?)いたのですが、CTを撮った後は、「ごめん、痛かったよね、すまん」とだいぶ謝られました(笑)

 

診断

 落下直後から手足は動いていました。その後も自分で身体を動かすことには問題が無く、脊髄損傷は免れたのですが、CT画像診断から、第2腰椎の圧迫骨折ということがわかりました。腰の骨は5つあるのですが、そのうちの、上から2番目、特に怪我をしやすい場所が、5ミリほど潰れていました。応急的にコルセットを巻いて固定したのですが、長さが足りず、後日病院にかかるように、ということで、CT写真を渡され、鎮痛剤を処方されてから、帰されました。

 

f:id:mogemilk:20170108163641j:plain

 

帰りのバスが辛かった 

 バスで来ましたから、バスで帰らないといけません。横になるスペースもなく、我慢でまた数時間バスに揺られ、家までなんとか帰りました。友達にも迷惑を掛け、バス会社にもちょっと待ってもらい、人生でこれほど沢山の人の予定を邪魔したことは無かったと思います。ああ、反省。

 

その後の治療

 その後は近所の整形外科へかかったのですが、やはり固定が弱いということで、コルセットを特注して購入。保険が使えるものの、それでも3万円しました・・・。完治までには3ヶ月かかるとのことで、3ヶ月の間、腰を曲げることができませんでした。毎日コルセットをし、お風呂でもかがまないように注意して過ごしましたので、とても姿勢が良くなりました(笑)

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 骨折は固定さえしてしまえば痛みはある程度止まります。なので痛かったのは本当に直後くらいだけでしたが、人に迷惑をかけ、お金もたくさん払い、何よりスノーボードを嫌いになってしまいましたから、油断大敵といいますか、バカだったなあと反省しています。実はその何年か後に、もう一度スノーボードへ行き、今度はもっと死にかける目に遭って、引退したのですが、その話は、またの機会に。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 これからスノーボードやスキーへお出かけの方も多いと思います。何年もやっていると、だんだん慣れてきて、危険がわからなくなってしまいますが、そんな時こそ、初心に返り、注意深く滑って下さい。怪我をすると楽しいはずの旅行が台無しになってしまいます。どうかお気をつけて、楽しんで、行ってらっしゃい。