ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

国際交流シェアハウスで実践した英語を話せるようになる3つの方法

 テスト期間中なのにも関わらず、最近、夜は英語の勉強をしています。勉強といっても、文法的や、国語的なことはなくて、英会話の練習をしています。私はシェアハウスに住んでいますので、英語を話す人は周りにたくさんいて、話し相手に困ることはありません。今回は、どうしたら英語を話せるようになるかを考えてみます。

 

 

f:id:mogemilk:20161215202910j:plain

 

私の英語レベル

 私は会話は一応出来ますが、持っている言葉の数だとか、文法力だとかは、中学3年生くらいのレベルであると思います。高校英語はほとんど覚えていないので、難しい言い回しとか、言葉の種類もほとんどありません。しかし何しろ根性があるので、外国人と話すこと自体はできます。そのため、会話は一応できていると思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 私は会話はできるものの、下手くそであると言わざるを得ないレベルですから、それを恥ずかしいとは感じています。そのため、もし日本人に英語話せるの?と問われたら、「出来ません」と答えますし、外国人に同じ質問を問われたら、私は「Yes I can」と答えます。以前、日本人に「英語話せるよ」と言って披露したら、「なんだ、その程度か」と言われたことがあって、それがショックだったので日本人を信用していません(笑)

 

どうやって練習したか

 言語はどれだけノートに書いても、実際に会話の経験を積み重ねていかないと、上達しません。私はシェアハウスに来る前から英語が少し話せましたが、それは練習していたからです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 とは言いましても、英会話教室に行くお金は惜しかったし、周りに外国人はいませんでした。そこで、インターネットの無料通話を利用して、外国の人と話していました。海外の掲示板に自分が日本人であること、通話しようよ、ということを書いて、度々、色んな国の人と話していました。アメリカ、スペイン、イギリス、オーストラリア、イタリア、などなど。利用していた掲示板の関係で白人が多かったかもしれません。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 それから、インターネットゲームをしていましたので、そこで外国人とパーティを組んだ時、積極的にコミュニケーションを図っていました。日本人の多くはほとんど英語のチャットをしていませんでしたが、私はゲームの辞書機能も駆使して、がんばってタイピングしていました。それはとても良い練習になったと思います。

 

 

f:id:mogemilk:20170109205854j:plain

 

英語の練習にも色々ある

 一言に「英語の勉強」と言いましても、そこには色々な要素があります。私には大きく足りてない部分もあり、これから補っていかなければいけない、と感じることもたくさんあります。

 英語の勉強に必要な要素をまとめてみます。

 

勇気

 まず、コミュニケーションは人と話すという勇気がないといけません。単語をどれほど覚えても、人と話すことができなければ話にならないわけです。これが最も重要であるような気もします。

 

単語力

 私は持っている単語が本当に少なく、道を説明するのも大変難しいような状態です。これは誰でもやったことがあるように、単語帳などで身近な言葉から覚えることで訓練することができます。よく使う言葉が重要度が高いですから、先に覚える必要がありますね。

 

文法力

 単語を知っていても、適切な文法が無ければ、きちんと伝わらないこともあります。特にビジネスの場面での会話では、しっかりとした文法力を求められることが多いと思います。

 

会話する 

 いくら一人で勉強していても、話さないと話せるようになりません。自転車の構造を勉強しても、自転車を乗れるようにはならないですよね。頻繁に会話をすることが必ず必要だと思います。私の場合は以前はインターネットで練習し、今は友達と話すことで練習しています。英会話教室が週に一回なら、英語しか話さない友人をつくるとか、インターネットで話すとか、もっと頻繁に会話に参加する機会を得ることが、上達への近道だと思います。

 

 

グローバリゼーション

 最近は世界情勢では移民問題、日本国内であれば少子化による人口減少など、日本はいつまでも閉鎖的でいられない状況になってきています。いつか、移民がたくさん日本に住む時代が来るのでは、という意見の先生も多いと伺います。時代は常に変動していて、私たちは、2ヶ国語を話すことが標準である時が来るかもしれません。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 世界には色々な言語がありますが、英語を話す人は多いですから、少し話せるようになっても損なことは無いと思います。やろう、やろうと思っている方、ぜひ、今日から何か始めてみてはいかがでしょうか。新しい言語には、新しい発見と出会いが待っています。