ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

好きなことを仕事にするメリット・デメリット

 仕事は仕事、趣味は趣味というような考えをお持ちの方も、好きなことを仕事にするという考えをお持ちの方もおられると思います。最近は好きなことを仕事にすることは良いことであってやるべきだという考えが広まっているでしょうか。私も現在は好きなことしか仕事としていません。しかしこれには少々問題もあると思います。

 

f:id:mogemilk:20161217213742j:plain

 

好きなことを仕事にする

 以前は、大きな会社に長く勤めることを良しとする風潮でした。それがステータスでありましたね。しかし最近はインターネットの普及やグローバル化に伴い、起業しやすい時代となりました。そこでフリーランスや自営業をする人が増えてきていますが、好きなことを仕事にすることは、私は良いことだと思います。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 週に5日、1日8時間働くとして、通勤時間も含めますと、自分の生活の半分以上は仕事に取られているわけですね。その長い時間を、嫌いなことをやって過ごすというのは、私にはとても難しいと感じます。そしてそれは多くの方もそうではないでしょうか。我慢が必要で早く帰りたいと思いながら仕事をするのでは、良い結果も出せません。

 

私の場合

 私は色々な仕事を経験しましたが、好きではない仕事や、嫌いな人がたくさんいる仕事は、いずれも長く続きませんでした。人間は入れ替わりがあったり、流れがあったりするものですが、仕事自体を好きでないと、長く続けるのは難しいと感じます。今、私は仕事を3つ持っていますが、どれも好きなことで、楽しくやっています。

 

私の仕事

 私は学業の傍ら、看護助手のアルバイトをして、トレードとか、ブログ運営を同時に行なっています。お金が発生しないものの、職業として認められる学生を含めますと、4つの仕事を行なっているということになります。さらに最近は英会話の勉強も毎日していまして、5つの物事を同時並行して行なっているという状態です。

 

好きなことに起きる不具合

 5つの物事を、どれも好きでやっています。はたからみたら何て幸せな環境だろうと思われるでしょうし、私自身も本当に幸運で感謝しているのですが、これにはこれで不便があることに気がつきました。全部が好きな物事であると、過労働していることに気がつかないのです。

 

毎日がオーバーワーク

 私は朝6時に起床し、7時半くらいに家を出て、9時から午後2時半まで授業を受けます。そのあと、バイトがある日はそのまま行き、ない日は帰ってきてホームワークをします。仕事が終わるのはいずれも午後11時過ぎで、大抵興奮して寝つきが悪いので午前1時くらいに就寝します。つまり平日は自分の時間が3時間弱しかありません。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 土日は休みですが、学校の勉強をしたり、ブログを書いたりし、夜はシェアハウスの友達に英語を習っています。英語を話すこと自体は毎日ですが、きちんと時間を取れるのは週末だけです。特に今年に入ってからほぼ休んでいませんでした。

 

休んでいないことに気づかない

 生活の全てが自分の好きなことを好きなだけやっているので、趣味とか仕事とか休憩とか、そういう区切りが全く無くなっていました。誰かが誘ってくれなければ家を出ないで、いずれかの勉強をずっとやり続け、ご飯を食べるのも面倒で、意識しないと痩せてしまいます。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 こうまとめてみると、明らかに異常ですが、毎日が楽しいので何しろ気づきません。なぜここに書くほど意識にのぼったかというと、最近やたら疲れていて、寝てるんだか起きているんだかわからないような感じでした(^^;; さらに、先日の朝に、トレードで大失敗をして、やっと気づきました。「私は、疲れている」と(笑)

 

区切りは作らないといけない

 フリーランスの多くの方は、ここにつまづくことがあるそうです。好きな時間に好きなことするのが仕事なので、休むことを忘れてしまう。あえてレンタルオフィスまで足を運んでから作業をするという方もおられるそうです。私はまだ駆け出しなので、そういうことがあるのは存じておりましたが、自分もそのような状態だったとは。

 

 

f:id:mogemilk:20161217201059j:plain

 

「休む」ってどうやるの?

 私は昔から気分転換の下手な人間です。休んでいるつもりでも、考え事をするのが好きなので、まったく気分が変わりません。気分転換と休息は、私の最大のテーマなのですが、毎度繰り返すように、今回も大失敗するまで自分が疲れていることにきづきませんでした。反省・・・。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 そこで色々な人に意見を聞いてみたのですが、他人の体験談でも、脳科学的にも、普段と正反対のことをすることが、一番リフレッシュになるそうです。そして、それは毎日どこかで取り入れる必要があります。

 

おすすめリフレッシュ方法

 普段と正反対のこととは、例えばデスクワークで頭脳を猛烈に使う方は、軽いジョギングとか、ストレッチをする。身体を普段動かす仕事の方は、読書とか、テレビゲームをしてみる。そうすると、脳の回路が強制的に切り替わるので、普段使っている場所が休まるそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 私は、「疲れている!」と気づいた時、時間があり、晴れていたので、ロードバイクで爆走してきました。私はわざと迷子になって、適当に走って帰るのが好きなのですが、これが本当にリフレッシュになったと思います。そういえば最近走ってなかったなあ。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 私で言えば、毎日文章を読んだり書いたりすることが多いので、身体を動かすことでとても気分転換できたのです。実は、運動というのが、脳の中で最も意識的に切り替えやすい回路なのだそうです。考え事で煮詰まった時、散歩したり、走ったりすると、思わぬひらめきが起きることがあります。これは、回路が切り替わり、脳が休まって、新しい発見をするためだそうです。

 

 

寝るだけじゃダメな気がする

 疲れていると、昼間に非常に眠くなるので、たくさん寝たほうがいいのかな?と思うのですが、私の体感では、寝ると脳の回復にはなっても、リフレッシュにはあんまりなってない気がします。これは私だけかもしれませんが、寝てても勉強の夢を見たりしますので、やっぱり運動してから寝るのが一番いいのかな。・・・病んでますね(^^;;

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 煮詰まると、何でも上手くできなくなることがあります。大抵、できなくなってから気がつくのですが、毎日のどこかに、できるだけリフレッシュ時間を入れて、無理のないように仕事をしていきたいですね。今回は、今回も、なんですが、反省しました(笑)

 皆さんも仕事はやり過ぎないように、お気をつけ下さいね。