ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

物を運ぶ。物流の大変さ

 普段、宅配便を利用している方も多いと思いますが、何の気なしに運んでもらっているものでも、その本質には温度・品質管理や、人間の管理が含まれています。普段あまり考えない「物を運ぶ」ということですが、興味深いお話を伺いましたので、ここに思ったことをまとめてみようと思います。

 

f:id:mogemilk:20170129183008j:plain

 

友人に聞いた話

 私は物流と関わったことがなく、今まで物流の何たるかを考えたことがありませんでした。そういう方は多いのではないかと思います。先日、物流管理の仕事をしている友人と話しまして、興味深いことを聞かせて頂きました。物を運ぶことの大変さ、そこにある工夫、色々な努力の上に、私たちの生活は成り立っているようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 

物流

 物流という言葉には、色々な要素が含まれています。「物」が「流れる」と書きますが、物は人と違って、意識も、足も、ありません。物を流す、運ぶのは、人です。あなたが持っている全ての物は、誰かが運んだためにそこにあります。それは、作った人から、あなたの元へ、壊れないように運ばれていますね。それは、運んでいる人が、壊れないようにしているからなのです。

 

運ぶ人たち

 簡単に想像できるのは、宅配便のスタッフの方ですね。直接手渡しすることが多く、想像しやすいと思います。彼らが、車に乗せて、物を運んでいますが、ただ運んでいるわけではありません。壊れないように気をつけていますね。ガラスや、繊細な木材なんかは、壊れないように梱包されていますが、運ぶときにも、衝撃が加わらないような工夫が必要です。

 

運ぶ工夫

 例えばアイスクリームはどうでしょうか。放っておくと、すぐに溶けてしまいます。ですから、溶けないような工夫として、冷凍機能のある車を使いますね。お寿司はどうでしょうか。海のないところにも、お寿司屋さんはありますね。魚は放っておくと腐ってしまいますから、腐らないように、鮮度を保つ工夫、例えば、冷凍とか、生きたまま輸送するとか、たくさんの工夫がされています。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 

品質管理

 そのような、物が壊れないように、腐らないようにする工夫を、品質管理と言います。物によっては壊れやすさ、腐りやすさも違って、壊れやすいもの、腐りやすいものは、より厳しい品質管理が必要となります。暑い国に物を運ぶ時は、日本で管理できていたとしても、溶けたり、温度でだめになってしまうこともあります。物が届く先の環境を考えて送らなければ、届いたとしても、ゴミになってしまうこともあるのです。

 

人間の管理

 日本は、真面目な国民性がありますから、途中で盗まれてしまったり、壊されてしまったりすることはあまりありませんが、外国に物を運ぶとき、例えば危険な場所に物を運びたいとなると、国内は国内の運送会社、つまり日本人が運ぶものの、外国へ渡ると、その国の人が運ぶことになります。文化的な違いがありますから、必ずしも渡せば運んでくれるとも限らないわけです。

 

危険な場所へ物を送る

 国を超えて、医療を提供する人たちがいます。「国境なき医師団」とか、「赤十字」とか、他にも色々な組織があり、災害地や戦地へ赴き、治療をする医療者がいます。医療者だけでは治療はできません。絶対に必要になるのは、薬や、包帯などの医材です。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 災害地で必要となる医材の量は、両手で持てるようなものではありません。沢山の人を治療しなければいけませんから、それだけ沢山の物が必要になります。この物は、誰かに頼んで運んでもらうことになるのですが、混乱する場所へ送れば、いくら業者に頼んだとしても、安全に運べるかどうかはわからないのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 物を運んでもらっている時に、そのトラックが襲われて、盗まれてしまうかもしれません。あるいは、その運んでいる人がねこばばしてしまうかもしれないし、引き渡しが上手くいかなくて、無くなってしまうかもしれませんね。物を送った人は、物がどこまで動いたか、確認することは難しいでしょう。なぜなら、運ぶことを、他人に頼んでいるからです。

 

 

f:id:mogemilk:20170129190420j:plain

 

うまく届くようにするには

 運ぶ人を管理することは、物流においてある意味最も難しいかもしれません。個人の性格までは管理できないからです。軽いもの、柔らかいものが入ったダンボールを、一番上に積んでも、海を渡って積み換える時、そこにいる人は、そのダンボールを一番下に入れてしまうかもしれない。そうすると、到着したとしても、壊れてしまっています。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 人間の管理はとても難しい問題です。不可能と言えるかもしれません。ですから、送る側が、そこであることを予測して、安全な梱包をしたり、安全なルートを選んだりしないといけませんね。こういった管理をする人たちは、とても沢山います。物が運ばれるのは、物を運ぶ人の他にも、運ぶ方法を考える人や、包み方を考える人がいるのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 物には足がありません。放っておくと、ずっとそこにあるか、あるいは誰かが持っていってしまいます。誰かが見ていないといけません。でも、ずっと一緒にいることはできませんよね。そのために、管理するためのシステムを作ったり、もっと良い方法を考えたりする人がいます。私たちの知らないところで頑張っている人たちがいる。だから、私たちの生活はこうして豊かに成り立っているのです。

 

 

 

 

 物を運ぶことについて、考えたことが無かったのですが、知られずに、頑張っている人たちがいる。カッコいいですよね。良いことを教えてもらいました。