ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

酵素ってなに?酵素と植物のすごいチカラ

 近年ブームになっている「酵素」。健康や美容に酵素サプリや酵素ドリンクがたくさんありますが、酵素って一体何なのでしょう?実は酵素は私たちの身体の中にたくさんあります。私たちは、酵素なしには生きていけません。今回は、酵素について。

 

f:id:mogemilk:20170103193502j:plain

 

 

酵素とは

 酵素は、化学反応を助ける物質の総称です。

 身体の中ではたくさんの化学反応が起きています。たとえば、お肉を食べたら、トイレでうんちになって出てくる時は、普通であればもうお肉の色や形がなくなっていますよね。それは、私たちの身体の中で、お肉を分解(細かく分けて )、消化(身体の一部にしてしまう)するための「酵素」があるからです。

 

酵素の真似できない威力

 酵素によって、お肉はドロドロの液体になって、吸収されます。実はこれ、すごいことで、試験管の中で同じくらいドロドロにしようとしても、めちゃくちゃ難しい。よく煮て柔らかくしたお肉に、塩酸を入れて溶かそうとしても、形が残ってしまうそうです。塩酸よりも、強力な酵素。これが身体の中でもれると、自分の身体を溶かしてしまうことがあります。「自己消化」です。膵炎などで起きる現象で、めちゃくちゃ痛い。ちょっと怖いですね。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

酵素ドリンクて何?

 ちまたにある「酵素ドリンク」。酵素は化学反応を助けるものの名前です。だから何かの分解を助けていると思われるのですが、多くの酵素ドリンクには、具体的な目的が書いてありません。「発酵させて作った酵素」とか、「美容と健康に良い酵素」という言い回しは見るものの、その物質が何で、一体なにを助ける酵素なのかが書いてないことが多く、私はいつも疑問でした。生物学の先生に質問したこともありますが、先生もよくわからない、酵素ドリンクってなんだろう、と仰っておられました。

 

酵素ドリンクって何?>

f:id:mogemilk:20161218121841j:plain

 

 

酵素ドリンクとはこんなもの

 たぶん、これは私の想像ですが、酵素ドリンクの酵素は、ビタミンとか、ミネラルとか、そういう栄養素のことを指しているのかな、と思います。身体を栄養して、美容と健康に役立つというような意味で使われているのかな?たぶん、ですが。

 しかし酵素の本来の意味は、栄養ではなく、化学反応を助けるもの、という意味です。だから、厳密に言いますと、酵素自体が身体に良いということではなくて、酵素のはたらきが身体を助ける、ということになります。

 

 

酵素に似ている身体を助けるもの

 酵素のように、化学反応を助けるものはいくつも見つかっています。たとえば、ゴマなどに含まれる「ビタミンE」とか、色々な植物に含まれる「ポリフェノール」。ポリフェノールは赤ワインやチョコレートのイメージが強いでしょうか。ビタミンEも、ポリフェノールも、抗酸化作用があって、身体の中のいらない酸素をくっつけてしまいます。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

植物にはたくさんの酵素のようなものが含まれています。病院では薬を処方されますが、元々、薬の多くは植物から発見されました。それを精製したり、人工的に作ったものが、今の薬です。「良薬口に苦し」と言いますが、その「苦味」は、植物の味なのです。

 

研究者の注目するアブラナ科の植物

 植物の味には薬効があります。苦味もそのひとつですが、もうひとつ、ピリッと「辛い」味があります。わさびや大根おろしなど、アブラナ科の植物です。

 アブラナ科の植物には独特の辛味と苦味があります。わさび、大根の他には、キャベツ、ブロッコリー、ルッコラ、チンゲンサイなど。青い植物ですね。この味が、がんの予防になるとか、免疫力をあげる、という研究報告は以前からありました。

 

キャベツの防虫

 キャベツは青臭く、苦い味と、ほんの少し、辛い味を持っています。これはキャベツが自分を守るために作った物質で、防虫効果があります。だから、キャベツには虫が付きにくい。虫にとっては、キャベツは食べにくい植物です。しかし、生態系の中で、そんな食べにくいキャベツをあえて選んだ昆虫が、モンシロチョウです。食べにくいから、他の昆虫が食べません。だからライバルがいない。うまく進化したものです。

 

先人の知恵

 ずっと昔、精製された薬が無かった時代は、植物そのものが薬でした。それは文化的に日本に残っていて、お寿司のわさびやガリ、天ぷらの大根おろし、とんかつのキャベツなどに見られます。ガリはしょうがですが、わさびも、大根も、キャベツも、アブラナ科の植物です。

 天ぷらの大根おろしや、とんかつのキャベツは、胸焼けを防ぐはたらきがあります。アブラナ科の植物には、消化や脂質の分解を助けるはたらきがあるから、一緒に食べられているのです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 アブラナ科野菜の健康に関するページは少し調べただけでもたくさん出てきます。先人の知恵として食べられてきたこの野菜は、医学的にも注目度が高く、色々な健康食品や薬剤に利用されています。

 

 

参考

kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp

 

www.kenkojapan.net

 

 

アブラナ科健康食品が出た!

 科学的にも面白いし、医学的にも注目されるアブラナ科ですが、ついにこれを健康食品にした会社があります。パチパチ!!

 

 

 

 なんと歯磨き粉のコマーシャルで有名な会社。アブラナ科の薬効は報告があるものの、健康食品の応用がありませんでしたが、他の会社に先駆けて開発しました。研究期間は10年。それもそのはず、モニターを取って効果を確認しながら研究していたそうです。ですから「トクホ」にもなっていますし、実際売れに売れているそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 よくある健康食品は、「吸収を穏やかにする」と言うものの、中に入れているのは消化しにくい物質で、消化を阻害するようなはたらきしか得られません。どの商品も同じ物質が入っているのですが、真の意味で、脂肪・コレステロールに作用しているというわけではないのですね。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 しかしこのドリンクは何しろアブラナ科の植物がタップリ入っています。食べにくい野菜も多いのですが、ジュースにしてしまうのでたくさん摂ることができますから、コレステロールを下げたうえに、野菜不足も補えるという、現代日本人には最適な健康食品です。

 

こんな方におすすめ

・忙しくて野菜をなかなか摂れない方

・普段、外食が多い方

・健康診断の、コレステロール値で引っかかった方

 

 脂質やコレステロールの高い方は、糖尿病や動脈硬化などのリスクが高く、同時にガンのリスクも示唆されています。現代日本で問題視されている成人病ですが、その年齢層は年々は若年化し、医療現場だけでは解決することができません。普段の食生活が重要ですが、健康的な食生活は、忙しい方にはとても難しい問題です。

 脂質やコレステロールを控えろ、と言うのは簡単ですが、やる、となるととても大変。もちろん食生活を改善するのは一番ですが、どうしても難しい、という方は、こういった健康食品を摂ることで、リスクを下げることができます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 

 2009年から発売があったそうなのですが、恥ずかしながら最近まで知りませんでした。私は生物学など自然科学が大好きで、よくその専門書を読むのですが、得た知識と合致した健康食品というのはなかなか見ることがありあせん。理論的に正しい健康食品というのは珍しく、もっと普及すべきものであると思います。

 

 

f:id:mogemilk:20161205092607j:plain

 

 

 酵素と植物のお話、いかがでしたでしょうか。こういったものはゼロから人工的に作ることができません。酵素、植物に含まれる物質のはたらきは、すさまじいものがあります。そこには、生き物を超えた、何か卓越した存在を感じずにはいられません。普段食べる野菜にも、感謝していきたいと思います。