ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

日本の文化はおかしい!外国人サラリーマンのサービス残業

 私はシェアハウスで暮らしています。100人規模の大きなハウスで、半数が外国人の方。出稼ぎに来日している方も多く、「残業がいやだ」という愚痴をよく聞きます。確かに、私も日本の文化には違和感を覚えることも多々あります。時々、残業のために過労死する方もニュースになるなど、経済発展した先進国とはいえ、日本の方向性に疑問を感じることもあるのです。

 

f:id:mogemilk:20161217201059j:plain

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

出稼ぎ外国人の意見

 ハウスで立ち話するなど、ちょっとした時にサラリーマン外国人の意見を聞くことがあります。意見というよりは、ほとんど愚痴で、彼らをなだめるのも私の日課の一つです(笑)

 

日本に来た目的

 私がよく愚痴を聞くのは、アジア人の人たちです。国は中国とか、ベトナムなど。性別はみんな男性です。彼らは家族を食べさせるために日本に働きにきました。日本の給料は母国よりも高いそうです。職種はコンピューター系で、プログラムを書いたり、ソフトを作ったりしているそうです。留学しに来て、そのまま日本に就職した方もおられます。

 

残業時間

 みんな就職先は違いますから、出勤時間も残業時間も異なるのですが、一日3時間くらいは残業させられていて、残業手当はつかないそうです。特に、「残業しろ」と命令されているわけではないそうですが、定時に帰ろうとするとあからさまに嫌な顔をされたり、次の日の仕事が増えているそうです。

 

実際の稼ぎは・・・?

 日本は、彼らの母国とは物価が違います。ですから、私は、いくら日本で稼いでも、日本の物価によって生活費などで支出されますから、母国の給料と、実質的には変わらないのではないか、と思っていました。

 ところが少なくとも中国とベトナムの方は、自国で稼ぐよりも、日本の方が物価の計算を入れても、貯金しやすいと感じているそうです。

 

残業は嫌、でも国へ帰れない

 とはいえ毎日タダ働きさせられるのはとても理不尽ですし、疲れ果ててしまって週末も寝てばかり。こんな生活で良いのだろうかと迷い疑っているそうです。「無理をするくらいなら、国へ帰れば?」と言いますと、「家族に許してもらえないからダメだ」と言われました。

 

 

f:id:mogemilk:20161214132554j:plain

 

諸外国の事情

 私は彼に言われて気がついたのですが、家族の関係は家庭によって異なりますが、国によって、家族のあり方も違うのです。

 

名誉殺人

 これは極端な例ですが、アラブ地方の一部では、父親が決定した許嫁の元に、娘は嫁がなければいけないことがあるそうです。もし他の誰かを好きになって、駆け落ちしたら、家族によって殺されてしまうそうです。家族の方向に背いた異端者として、家族の名誉を汚した犯罪者として、見つけ出されて殺されてしまう。「名誉殺人」と言うそうです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 この場合は、もはや家族という単位が一つの国家のような機能をしています。それくらいの絶対的な支配があるところもある。最近の日本のお父さんは優しい人が多いようで、家庭のあり方も昔とは違うようです。このケースと現代の日本の家庭は、両極端にあると言えますね。

 

日本に来ることの大変さ

 外国の方では、日本に来ること自体が大変だった方もおられます。それは日本でも同じことで、経済的な環境だったり、家庭の方向性だったり、「外国に住みたい」と言っても、簡単にできる人と、そうでない人がいます。豊かな国に家族の反対を押し切り長期滞在するとなると、残業が辛いくらいのことで帰国したら、何と言われるかわかりません。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 「日本という先進国に住む」ということ自体がブランドであり、ステータスであるのです。すべての国がそういうわけではありませんが、そういう考え方の家庭もある。外国へ出稼ぎに行くことは、とても大変なことなんだと、改めて思いました。

 

日本の優れているところ

 しかし一方で、日本のサービス残業が多い理由は、日本が豊かである理由でもあるのです。どういうことでしょうか。

 

日本人の国民性

 レストランを見てみても、日本人は人当たりが良いサービスをします。指導されていることもありますが、「サービス業なのだから、笑顔でいなければ」と自分から思う方が多いのです。もちろんそれも個人差があります。しかし、他の国に比べて、その態度がまじめである。言われなくても、ある程度、各自の中にサービス意識があるのです。

 

お客様は神様

 日本人は仕事の依頼が来た時、断りません。中には、職業によってまれに断る人もいますが、多くの中小企業は断ることがほとんどない。職種によって、「いつまでにやって」という納期がありますが、納期までに間に合うか、間に合わないか、微妙だったとしても、仕事を断ることはありません。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 仕事をもらってくる人は、実際に仕事をする人とは違う人ですから、現場で働く人は、無理な納期を迫られますから、残業しないといけません。そして中小企業、一部の大企業では、ここに給料を払いませんね。なぜ給料を払わないかのは、独裁政権なのかな、とか想像するのですが、私には理解できません。他人に仕事をさせるなら、お金を払うべきです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 このような理由で残業が発生しますが、同じ理由で、お客は増えます。仕事を断らない、良い会社だから、また頼もう、となるのです。だから利益が出て、経済が回ります。借金大国とはいえ、日本が先進国として世界で有名になったのは、日本人の勤勉さ、お客様至上主義のお陰なのですね。

 

 

日本はやっぱり豊か

 私は貧しい家庭に生まれましたが、それでも屋根の無いところで眠るようなことはありませんでしたし、お腹を空かせたまま何日も過ごすなんてことはありませんでした。そして今は自力で学校へ行くこともできています。これは日本の経済力の恩恵であります。もし他の国だったら、不可能であった。私は日本の豊かさに助けられていました。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 「お金がない」「貯金したい」と言う人は多いですが、お金は、あるでしょう。生活が出来ています。テレビやパソコン、お持ちだと思うんです。そしてそれは日本人の90%近い人数である。日本は豊かです。どんな場所にも、不平不満は出て来ます。他の国に比べたら、残業があっても、貯金が難しくても、日本は事実として、豊かな国なのです。

 

 

f:id:mogemilk:20161215202910j:plain

 

 

 私は国外で生活したことがありませんので、日本を客観的に見ることができませんでしたが、このように、外国の方からリアルなお話を聞きますと、発見があり、自分は幸せなんだな、と知ることができます。彼らは私の師です。私には愚痴を聞くくらいしか出来ませんが、ぜひ日本で頑張って行って欲しいと思います。