ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

足つぼマッサージは本当に効く?リフレクソロジーの種類と、足ツボが身体に良い2つの理由

足ツボ健康法はご存知でしょうか?だれでも一度は竹踏みや石踏みをやったことがあるのではないかと思います。温泉などでよく目にしますし、巷でもリフレクソロジーのお店はたくさん存在します。

よく「痛い」と言うと「ここは胃ですね」とか「ここは脳ですね」とか言われますが、足つぼはどのくらい効くのでしょうか?

 

今回は体にいいと言われている足ツボマッサージについて解説します。

f:id:mogemilk:20170302100255j:plain 

足ツボマッサージ、またの名をリフレクソロジー。日本で普及している2つの技術

よく言われている足つぼマッサージのことを、リラクゼーションサロンなどの専門店ではリフレクソロジーとも言います。

リフレクション(Reflection)とは反射という意味です。

足の裏には身体の色々なところに反応が出る「反射区」というものがあります。

 例えば「脳」を投影しているのは足の親指、「腸」は土踏まず、というように、身体の内臓を足は投影していると考えます。

 

日本では主に英国式と台湾式があり、そのルーツはいづれも英国(イギリス)です。

もともとイギリス人の医師が、足の裏を刺激して脳の色々な部分に反応がでることを発見しました。

その反応を研究して詳細にまとめたのが、「反射区マップ」というもので、足の裏に」脳」とか「胃」とか色々な内臓の名前が書いてあるカラフルな図です。 

 

参考

allabout.co.jp

 

実は「足つぼ」とは俗称で、「リフレクソロジー」の方が正式名称です。

「ツボ」というのは中国が発祥の東洋医学の理論です。WHOにより世界規格で場所が決められています。

足の裏のツボはそれほどたくさんあるわけではありません。

ツボとリフレクソロジーは発祥地が違うので全く違う理論です。

リフレクソロジーは足の裏に全身の内臓が分布されていますが、意外にもツボ自体は足の裏に数えるほどしかないのです。

 

 

足の刺激は、脳を経由して内臓に反射されて、内臓の活動を高めるという考えがあり、足つぼ健康法が普及しました。

反射区論については異論があるものの、足の疲れをとったり、神経の高ぶりを沈めたりする効果があり、世界中に広がりました。

 

日本でよく行われているのは英国式と台湾式の2種類です。

発祥はいずれもイギリスですが、刺激の強さ、普及度などに違いが見られます。

 

セレブの気分を味わえる?ロイヤリティ溢れる英国式リフレクソロジー

イギリスは古くからマッサージやハーブなど、代替医療(薬や手術の代わりになる医療のこと)の盛んな国です。医療と代替医療の垣根が比較的低い国であります。

 

マッサージには滑剤(すべらせる為のもの)にオイル(化粧用油)やパウダー(ベビーパウダーなど)を使います。英国式は足つぼマッサージにもパウダーを使うことがあります。

 

手技としては比較的穏やかで、親指の腹などで痛くない程度に優しく足の裏を刺激します。

日本などアジア圏では少なく、完全に英国式のお店というのはあまりみられません。

 日本では大手のサロンが英国式リフレクソロジーを施術していますが、多くのリラクゼーション店や治療院では台湾式を導入しています。

 

健康に良さそうな強刺激!しっかり揉みほぐす台湾式リフレクソロジー

台湾式リフレクソロジーは、日本で一番普及している技術です。

アジア人は強い刺激を好むので、台湾式も強く、しっかりと刺激するような手技です。

 

なぜイギリス発祥のリフレクソロジーが台湾で普及したかというと、台湾は以前イギリスの植民地だったという歴史があります。そのためにリフレクソロジーが取り入れられたものの、今ではこちらの方が有名になってしまった、というわけです。

  

台湾式は術者の指の関節などでグイグイ通します。場合によっては木の棒で押すこともあり、基本的には心地よい程度の痛みがあります。

強い刺激は血行が良くなり「効く〜!」という実感があります。

ストレスの多い方にもおすすめです。

アズマ商事の 足ツボマッサージ

リフレクソロジーは体にいいって本当?足裏が関係するの体のメカニズム

リフレクソロジーの効能は足の裏に分布している反射区と言われています。

足の裏を刺激したときに起きる脳の活動を記録していった結果、足の裏に反射区マップができたというのがリフレクソロジーの根拠です。

 

実は脳が間違えているだけ?足裏反射区の科学的メカニズム

体には神経繊維という電線のようなものが脳に向かって繋がっています。

触ったときに「触られている!」と分かるのは、この神経繊維が触られた刺激をキャッチして脳に電気を送っているからです。

この神経繊維は、途中で混ざり合ったり、草むらのように絡まったりしながら脳に向かって走っています。

 

途中で混ざり合ったときに、電気が他の神経繊維に伝わってしまうことがあります。

 

その結果、足裏の刺激が内臓の刺激と間違えられて処理され、足の裏を刺激しているのに脳の内臓の部分が活動するということが起きます。

 

これを体性内臓反射と言います。

 

逆に、内臓の刺激が間違えて体のある部分だと処理されてしまうこともあります。

この場合は内臓体性反射です。

逆流性食道炎や胃炎で背中が痛くなることがありますが、これは内臓の炎症が間違えて背中に起きていると脳が処理し、痛みを感じる部分が変化してしまうのです。

 

医療機関では背中が痛い、肩が痛いと言われたときに、ほかにも症状がないかよく聞きますが、それは内臓体性反射の可能性を除外するためです。

 

リフレクソロジーは脳の中で間違えて処理をされています。

足ツボ刺激をしているのに、脳は内臓が刺激されていると勘違いして処理しているのです。

これを利用して足ツボ刺激から内臓をケアする、あるいは内臓の疾患を特定するのがリフレクソロジーという治療方法になります。

 

足裏が痛いからといって必ずしも内臓が悪いわけではない!リフレクソロジー痛みのメカニズム

リフレクソロジーは場合によって心地よい程度の痛みを感じます。

「イタ気持ちいい!」という感覚です。

 

 痛い!と感じる時、わずかにその部分は壊れています。壊れたところから漏れ出たものが、最終的に神経繊維を伝って脳に届き、「痛い!」と感じるのです。

「痛み」はとても大事な感覚ですから、そのセンサーは一番多く、全身にくまなく存在しています。

 

この痛みのメカニズム自体は、痛みを感じている部分だけで起きています。そのため反射区とはあまり関係ないことがあります。

ある内臓の反射区が痛いからといって、必ずしも内臓が悪いわけではないのです。

 

足ツボがいいのは反射区だけではない!リフレクソロジーの本当の効能

反射区が存在することは本当ですが、足ツボマッサージだけで内臓をケアするのはとても難しい問題があります。

内臓のケアのためには、規則正しい食生活や、病気の場合は投薬などの治療が必要です。

足ツボマッサージを内臓の治療のために行うのはあまり一般的ではありません。

しかし足ツボマッサージ自体は、とても体によい影響をもたらします。

 

人は2つの自律神経というものを持っていますが、2つがうまくバランスを取ることにより、寝たり、起きたりしています。このバランスが崩れた状態が、「自律神経失調症」です。

夜眠れなくなったり、へんな時に汗が出たりします。

お腹の調子も悪くなることがあり、程度によっては治療が必要です。

 

参考

takeda-kenko.jp

  

自律神経はマッサージなどである程度操作することができます。

走ったり目を閉じたりするだけでもある程度切り替わりますが、リフレクソロジーは、自律神経を切り替える助けをする上に、末端(足)の血流が良くなりますので、足のむくみをとったり、疲労回復や冷えの改善などの効果があります。

 

足ツボの刺激は脳に届きます。足のように、あまり細かい感触をみない部分に、刺激を加えることは、脳への刺激となり、ストレス解消などリフレッシュ効果も期待できるのです。

f:id:mogemilk:20170302114246j:plain

まとめ

  • リフレクソロジーには英国式と台湾式がある。
  • 反射区は本当にあるが、内臓の反射区が痛いからといって必ずしも内臓が悪いわけではない。
  • リフレクソロジーは自律神経の乱れや疲労、むくみなどに有効である。

 

リフレクソロジーは誰でも気軽に受けることができます。リラックス作用がとても強いので、特に忙しい方ほどおすすめです。

忙しい時ほど休憩して自分を見直すことは、健康管理に大切です。

1日休むことは出来なくても、リフレクソロジーは30分くらいで受けられますから、疲れてきたな、と思った時は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

足ツボマッサージはリラクゼーションサロンで受けることができます。

リラクゼーションサロンの予約は、ネット予約ができるEPARKからだリフレがおすすめです。

www.tenishoku-serapisuto.net