ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

誰でも取得できる資格。アロマテラピー検定とは?持っていると有利なこと、資格の使い方

 年に2回目、公益社団法人日本アロマ環境協会が主催する、アロマテラピー検定という資格試験が実施されます。東京では電車広告などでよく目にするアロマテラピー検定ですが、どういう方が受けるのでしょうか。またこの資格を持つことによるメリットも、まとめてみたいと思います。

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

www.tenishoku-serapisuto.net

 

f:id:mogemilk:20161211010321j:plain

 

 

アロマテラピー検定とは

 アロマテラピー検定とは、公益社団法人日本アロマ環境協会が主催する、アロマテラピーの知識を問う資格試験です。1級と2級があり、1級の方が内容的にはレベルが高くなっています。1日に2つ、試験を受けることができ、多くの方は1級と2級を同時に受験します。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 試験の内容は、同協会が発行するテキストに準じていて、歴史的なこと、身体に与える影響のこと、法的なことなど、アロマテラピーを現場で使う時にも有益な知識が出題されます。その問題は一般の方でも簡単に学ぶことができるやさしいもので、誰でもとりやすい資格の一つです。

 

勉強の方法 

 アロマテラピー検定に関する書籍はたくさんあり、1冊持っていれば十分な勉強をすることができます。主催協会がテキストを発行しており、それを入手するのが確実でしょう。1級も、2級も、合格率は90%と高く、主婦の方が家事の合間に勉強して取ることも可能です。

 

受験の申し込み方

 同協会のホームページから申し込むことができます。受験料の支払い確認の後に、受験票が郵送されてきます。

 

参考

www.aromakankyo.or.jp

 

試験の場所

 試験は申し込んだ住所の近くの大学や貸し会議室で行われます。私は東京でしたので、都内の大学や会議室で受けました。申し込むと、受験票が送られてきますが、そこに場所と地図が記載されています。心配ならグーグルマップなどを見ながら行くといいでしょう。受験者は一度に200〜300人はいて、かなり規模が大きい印象です。

 

試験の内容

 1級、2級ともにマークシートで出題されます。問題集やテキストも豊富に出ていますから、資格試験の1ヶ月前から勉強すれば、ほとんどの方が合格することができるでしょう。上述しましたように、1級試験では香りを当てるテストがあります。その対策として、アロマテラピー検定用のアロマオイルセットが市販されています。出題される全アロマオイルを少量づつセットで販売しており、香りを覚えてから試験に望むことができます。

 

 

アロマテラピー検定1・2級対応 精油セット 3点 お試し用ハーブティー1TB付き

 

 

 香り自体は特徴的なので、名前を覚えた上で一度かげば、すぐに答えられることができるほどです。中には似ている香りもありますが、難しい出題はそうそうありませんので、基本だけしっかり覚えておけば大丈夫です。

 

 

資格の使い方

 アロマテラピー検定は民間資格のひとつです。試験を受けて、合格すると得ることができます。アロマテラピーの現場は、多くはリラクゼーションサロンなどですが、最近の医療でもアロマテラピーを取り入れているところはあり、看護師や鍼灸師などが補助的に学ぶこともあります。

 

一般の方

 特に医療系に従事していない一般の方は、リラクゼーションサロンが主な働き口になります。リラクゼーションサロンではアロマオイルを扱いますので、その知識があるということは、就職で有利になるポイントです。特に、アロマオイルトリートメントのお店では、お客様に使うオイルを自ら選んだり、進めたりすることがありますので、とても有利です。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 さらに、検定を取得すると講義を受けることにより、アロマテラピーアドバイザーという販売資格を得ることができます。アロマテラピーを扱う雑貨店などで説明、販売できますから、物販でも強さのある資格となります。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 とくに就職する予定のない方は、ご自宅で趣味としてアロマテラピーを行うことができます。アロマオイルは化粧品を作ったり、防虫剤の代わりに使うことができますので、小さなお子さんのいる家庭では、安全に害虫避けをしたり、植物の防虫に役立てたりすることができます。化粧品として使うのも、天然由来の物質ですから、敏感肌にも優しいものが作れます。私は長く自分で化粧水や乳液を作って使っています。

 

医療従事者

 最近の医療では患者の精神衛生を重視する傾向があり、一部ですが病院でも患者を落ち着かせるためにアロマテラピーを使っているところがあります。大規模な病院では行われないようですが、クリニックや市立病院などで使われることがあるようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

 もちろん薬剤としての投与は目的とされませんが、香りがもたらす精神作用を利用する場合があり、歯科や外科手術の前などに香らせて落ち着かせるような使い方が一部にあるようです。接骨院や鍼灸院でも使うことがあり、アロマテラピーの資格の所持が就職の決め手となることはありませんが、他の医療者と自分を差別化する良い資格であると言えます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 特に中国医療では漢方と同じ植物を使っていることがあり、漢方薬の代わりに中医的作用を期待して使われる先生もおられます。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師など、東洋医学系の職業で強みとなる資格です。

 

 

アロマテラピー検定公式テキスト1級〈2015年7月改訂版〉

 

 

 

 アロマテラピー自体は、代替療法であり、医療ではありません。しかしその歴史はとても古く、紀元前にまでさかのぼります。人類の発展のとなりには、香料、植物の存在がありました。内科的医療の原点であり、近年は日本でも、患者の精神衛生のためのアロマテラピーが導入されつつあります。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

 良い香りをかぐことは、心を落ち着かせることになります。便利で、しかし忙しい現代日本を助ける療法です。アロマテラピーインストラクターとして、さらにアロマテラピーが普及されることを願っています。