ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

右鎖骨を骨折。救助してくれたのは神、病院にいたのはボケ担当チームだった【整形外科】

うっかり骨を折りました。

 

  いやあ・・・

  春休みが長かったので浮かれていたんです。

  趣味でクロスバイクに乗っているのですが、近くに荒川があるのでちょくちょく走っていたんですね。

  クロスバイクとかロードバイクに乗っている人なら分かると思うのですが、目的地を決めずに走っていると、急に道を曲がりたくなる時があるんですよ。

  で、いつも曲がらない道を曲がったら、このありさまです・・・。

 

  今日は損傷3日目。まさに今、一番痛い!!

  ここまでのイタタな体験を、折れた腕を無理くり使って書いてみます。

 

  安静?なにそれおいしいの?

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20170322113801j:plain

 

転んだ

 春。浮かれる季節です。

 浮かれポンチで川沿いを走ること1時間。自転車はそこそこいいやつに乗っていたので、それなりのスピードがありました。

  事の発端は大きな公園の標識を見つけたこと。行ったことのない公園だったので、急に曲がってみたくなった。

  曲がり角はカーブのある下り坂で、道に砂利が多く、荒れ放題。先が駐車場ということもあり、車がよく通る道で、歩行者はおらず。

 

  勢いよく坂を下りていると、カーブでタイヤが滑り転倒。右側から放り出され、砂利のあるアスファルトに飛び込みました。

 

救助

  コンクリートにほぼ生身でダイブしたので、衝撃で動けませんでした。

  落ちたばかりの時は、痛みよりも

  わああああ!!なんか落ちたアアア

  という妙なテンションだけがあったのですが、そこはさすが医療従事者の私。

  すぐに「今日は3月×日、私の名前はめりー。クロスバイクに乗っていて落ちた。見当識異常なし」と、自ら意識確認を行いました。

  同時に「呼吸器やってたら面倒臭いな、咳無いから大丈夫か」と内臓器の確認もし、自分が筋金入りの医療従事者なことも確認しました。

 

  どうにも動けないでいたら、「大丈夫かーーーっ!!」と、後ろを走っていた乗用車から中年のご夫婦が降りてきて、「あ、すみません。転びました。」とテヘペロしていると、なんとご主人が包帯を持ってきた。

 

  え?車乗る人って包帯常備しているの?

  あっというまに右肩を吊ってもらい、応急処置。

  この神は何者?と思い、恐れ多くも伺ってみると、なんと柔道黒帯保持者でした。

  柔道は骨折や脱臼の心得を武術で習うこともあります。なんとうミラクル。もはや骨折すら神のお導きだったかもしれない。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

 応急処置が終わると、救急車呼ぼうか?と奥様に言われたのですが、なんども運ばれた経験のある私は、救急車のめんどくささがとてもイヤだったので

  「いやああ・・・救急車はちょっと・・・(^_^;)」

  と言ってみたら、ご夫婦が車で救急病院まで連れて行ってくれました。

  世の中には神がいるものです・・・。

  神々、降臨されたし。

 

  このご夫婦が良い人すぎるのもすごいのですが、こんな見ず知らずの人に救急車はちょっと、という私も大物すぎますね(笑)

 

救急外来

   神々により外科の救急病院まで導かれた私。

 まずはレントゲン。頭から出血があったものの、意識は鮮明で会話のやり取りも普通でした。故障は肩だけだと思う、と言いましたが、打撲しているから一応調べよう、ということになり、肩と腕のレントゲンと、頭部CTスキャンをしました。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  撮影後、処置のために服を脱いでみると、満身創痍でした。

  擦り傷が両膝と肘に、目の上は切れているし、肩はガクガクするし。結構な怪我ですよ。

 

  あらあら、やっちゃったわねえ〜〜とドタバタ看護師コンビ(中年女性二人組)が消毒しているところに、外科ドクターが現れた。

 

  「ふあ〜あ(あくび)・・・何?転んだの?」

  と、完全にさっきまで寝てましたという顔で登場。

  「クロスバイク?おー・・こわあ。あー。折れてる。これから安静ね」

  と寝起きドクターはレントゲンを見てくれたのですが、その間にドタバタナースが私の傷を処置してくれて、なぜか必要以上に包帯グルグル人間に出来上がった。

 

  それを見たドクターが笑いながら、「大怪我してるみたいwww」

 

  いや、大怪我してるからな。

 

  なんなんだこのボケだらけの病院は!!

  ツッコミは休診なのか!?

  

診断

  そんなボケボケドクターでも仕事はきっちりしてくれます。

  レントゲンでは右の鎖骨遠位端(身体の外側)がきれいに折れていました。「もうしばらくは右腕は無いものと思って暮らしてね」とドクター。

  痛みが鈍く響かなかったので、脱臼を願っていたのですが、無残にも骨折の診断(T ^ T)

 頭部 CTは異常なしということで、経過観察になりました。

 

処置

  全身の傷は消毒後に感染予防のための薬を塗布し、ガーゼと包帯で保護。鎖骨はそれほどズレが無いので胸を張るような姿勢を保つ固定バンドで固定し、経過観察となりました。

 

  ドタバタしているとだんだん気持ちが萎えてきて、痛みがズキズキ。

  あれ、こんな痛かったのか・・・。

  ツッコミどころ多すぎて骨折ったこと忘れていたよ。

  鎮痛剤(ロキソニン)とそのサポートで胃薬を処方されました。 

 

  そして処置が終わると、神々夫婦が待っていて下さって、私を家まで送って下さいました。

  神々によって導かれ(搬送され)、ボケボケの白衣の天使に処置された。

 

  神々とボケボケ。

  なんだこれ。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  そんなドタバタ劇があり、後日に外来で外科の先生の指示を受け、結局仕事は1日も休まず普通に暮らしています。

  まだ炎症期らしくあまり体調は良くありませんが、骨折はすぐには治りません。

 

  骨折は、治すより慣れろ。

  骨は折れても心は折るな!!

 

  名言、出ました。

 

  みなさんも怪我にはお気をつけ下さいね。