ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

影の主人公、スポーツトレーナーが天才的に面白い!トレーナーと営業マン

   今朝、シェアハウスのリビングで、みんなと一緒にスポーツニュースの野球の結果を見ながら、「今度、神宮行きたいねえ」なんて話していたのですが、大谷翔平選手がお休み中のようですね。テレビやニュースにうとい私は全く知らなかった!日ハムはあまり振るわない結果だったようで、大きな穴が空いているようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

  さて、スポーツといえばアスリートにスポットライトが当たりがちですが、そこにはたくさんのスタッフもいます。スポーツトレーナーもそのひとり。私は業界的にスポーツトレーナーにも時々お会いしますが、ものすごく天才的に面白い人が多い!

  今回は、トレーナーさんの面白さを研究してみる!

 

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20161101142703j:plain

 

周りに多い?スポーツトレーナー

  私は運動部に所属していたことがないので、スポーツにはものすごくウトいのですが、趣味でジムへ通ったりしていました。ジムにはトレーナーさんがいることが多く、中にはスポーツマッサージをしてくれるジムもあったりして、トレーナーさんに会うこと自体は時々ありましたが、進学すると、クラスメイトでもプロトレーナーな方がいたりして、ウトい割に関係者に囲まれているなと思います。

 

職業によって似る性格

  医療業界には色々な職業があります。私の周りで言えば、トレーナーの他にも鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師、柔道整復師がよくいますが、勉強する学科によって、なぜか性格がなんとなく似ている人が集まって来ます。勉強しているうちに似てしまうのか、もともと似ているのかは分かりませんが、同じ職業の人はなんとなく似ている性質があるのです。

 

  そしてそれは、スポーツトレーナーもしかり。学校だけでなく、色々な場所でスポーツトレーナーに会いますが、どこで会っても、なぜか皆、どこか似ている。不思議です。

 

 

 

 

トレーナーの性格

  周りのトレーナーを見ていると、特に目立って共通しているのが「営業マンに似ている」ということです(笑)

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

  私は以前、営業職をやったこともあるのですが、営業マンは客を接待したり、上司に従ったりすることがあり、数字のためならそれこそ靴を舐めるような覚悟の人も結構います。

  上司にも従順で、上司が「カラスは白い!」と言えば、「その通りです!」という返事が出来ます。接待などでお客をもてなすことがありますから、飲み会でもめちゃくちゃ面白いことができます。会話の切り返しが上手くて、テレビの芸人よりよっぽど面白かったりするんです。

  これがなぜかトレーナーさんも同じ性質を持っている。

  クラスメイトでトレーナーの方がいますが、つまらないことを言っても絶対に面白くして返してくるのです。お酒を飲んでいても飲んでいなくても、それが自然に出来ている。

 

 

  狙えば狙うほどスベる私とは大違いです。スベった挙句に何を言っているか理解してもらえず「こいつ大丈夫か?」という顔をされます。

  どうしたらトレーナーさんみたいに面白くなれるんだ!!

  私は不思議な顔をさせたいわけじゃない!笑って欲しいのに!!

 

わけを聞いてみた

  私もそんな風に面白いことが言えるようになりたい、不思議ちゃんのままではイヤ!と思って、何人かのトレーナーさんに、

  「どうしてそんなに面白いんだい!」

  と聞いてみました。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  すると色々な場所の複数のトレーナーに聞いたにも関わらず、答えは皆同じでした。

 

 「アスリートに勝たせるために、技術の他にも会話でコンディションを調整しないといけない。精神的に落ち込んでいれば上げてやらなきゃいけないし、不安があったら聞き出さないといけない。だから自然にこうなった」

 

   プロ意識、パねぇッー!!

  どうやら彼らは面白いことを言おうとしているわけでは無いようです。普段の仕事っぷりが滲み出ているだけのよう。レベルが違いすぎます。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

  こんなケタ違いの人たちをイキナリ真似するのは不可能なので、私としてはとりあえず相手に分かってもらえるような話し方から研究しようと思います。不思議な顔をされないところから。そして苦笑い、微笑み、小笑い、大爆笑、というようにだんだんレベルを上げいこう。苦笑い時期は辛そうだけど。

  はあ、勉強になるなあ。

 

  一般の方でもジムなどでトレーナーに会うことができます。ジムトレーナーは職業としてのアスリートにあまり接していないことが多いですが、中には彼らのような天才的な方達もいるやもしれません。手が空いていそうだったら、話しかけてみてはいかがでしょうか。