ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

医療系学生、ガジェットの便利な使い方。オリジナルの使い方が出来るタブレットがおすすめ!

  私は去年の夏から、スマホを解約してポケットWi-Fiの回線契約をし、各種ガジェットを使っています。現在持っているのはiPad Air、iPod、ガラケーの携帯電話です。これが意外と便利な使い方だったりするので、今回は医療系学生のガジェットユーズについてレポートします。

 

 

参考記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20161217213742j:plain

 

 

ガジェットとは

  ネットで普通に使われている言葉の、ガジェット。私は最近知った言葉なのですが、みんな普通に使っている。

  ガジェットって何だ!?新しいスイーツか!?

 

 

ガジェット(gadget)とは一般に道具、装置、仕掛けのこと。 アプリケーションソフトやデスクトップ上で動作する、小規模なアクセサリーソフト。  デジタル家庭電化製品のうち、デジタルカメラや携帯電話、携帯ゲーム機など、目新しい小型の電子機器を指す用語。一部省略、 ガジェット - Wikipediaより

 

 

  なるほど。

  スイーツではないようです(・Д・)

  ITや家庭用家電製品の分野で使われる他、舞台芸術でも「道具」を指す言葉で使われるそうです。さすがウィキペディア先生。

  「新しいガジェット」などとネットでよく見ますが、この場合の多くはタブレットやスマホ、携帯ゲーム機など、モバイル端末を表しているようです。

 

 

医療系学生おすすめガジェットの使い方

  医療系専門学生は荷物が多いです。教科書はどれも辞書並みの分厚い本が多い上に、参考書、白衣や実習用の道具、人によってはお弁当など、トートバックには収まらない量と重さがあります。多くの学生は登山用のザックで通学しています。

  毎朝の通勤ラッシュは通学というより登山。荷物が重い!

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

  中でも困るのがアトラスです。アトラスとは人体解剖図ですが、骨や筋肉などは数百種類あり、教科書の図では理解することが難しいです。そこで便利なのがアトラスですが、表紙サイズがB4くらいで、何百ページもあり、これがリアルに人を殺せそうな大きさと重さがあります。

  もはや鈍器です。

  ((((;゚Д゚)))))))

 

 

  そこで便利なのがタブレット。解剖系のアプリが充実しており、とても使いやすいツールになりました。

  私のタブレットの使い方をご紹介します。

 

 

iPad Air Wi-Fiモデル MD788J/B シルバー(16GB)(iOS)

 

 

①教科書をデータ化

  医療系専門学校の科目は20種類弱あり、教科書も30種類くらいあります。学期によって使う教科書が異なるものの、国家試験が近ずくとすぐ見れる環境が欲しくなってきます。そこで教科書の必要なところをデータ化し、サーバーに入れておくとネット環境があればいつでも見ることができます。

  書籍なので著作権上の問題で共有はできませんが、色々な場所で勉強する人には大変便利です。

 

②過去問題の共有

  学校では過去の問題を配られることがあります。プリントで配られるのですが、授業でも大量のプリントが配られ、大変管理が難しいと感じます。クラスメイトにITに強い方がいて、プリントをデータ化して、逐一アップしてくれるので、みんなで使っています。

  スマホだと、画面が小さくて文章が読みにくいのですが、タブレットはこれがやりやすく、大変便利です。

 

③アプリで解剖学が学べる

  上述しましたが、殺人的な重量のアトラスをデータ化してどこでも見ることが出来ます。

  解剖学系のアプリがたくさん出ていて、3Dで見ることが出来、書籍では分からないことが理解できます。これが本当に便利。専門学校は実際に人の身体の実物を見に行く「解剖実習」というものがありますが、解剖学アプリがあったらある意味実習が入らないかもしれません。そのくらい分かりやすいです。

  

  私が使っているのはこちら

ザイゴット 3D人体解剖

  スライスモードで断面図が見れるのですが、矢状断や前額断、斜めにも断面することが出来、自在です。また器官ごと、系統ごとに表示・非表示を切り替えられ、運動器だけでなく消化管や循環器も大変見やすくなっています。

 

 

コスト

  私は回線契約の時にiPad Airをもらったので、本体代は払っていません。しかし5年契約の縛りがあります。解約金を気にしない私は全く問題ありませんが、「えー!そんなに長いの?」と言われることもあります。

  長い契約がお嫌な方は、タブレット本体を買うことになると思うのですが、スマホですと月額料金が高いので、タイミングのいい時にWi-Fiの回線契約をしてしまう方が私としてはおすすめです。実際にスマホを解約し、Wi-Fiの契約で月額料金が半額以下になりました。

  

 

オリジナルの使い方が出来る!

  タブレットは起動が早く、フリーズがあまりありません。軽いのに、画面が大きく、文字との戦いである勉強にはとても強いツールになります。ご紹介したのは私の使い方ですが、人によって色々な使い方のできるガジェットであると思います。

  荷物が多くて困っている受験生の方、毎日登山している専門学生の方、ぜひお試しください〜〜(^ω^)