ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

ドクターもナースも理学療法士もみんなフェア!アメリカの医療現場とスタッフの資格

  先日、アメリカでの治療経験のあるスポーツトレーナーの先生のセミナーへ行ってきました。大変参考になる講義でしたが、そのなかでも面白かったのが先生のアメリカでの経験でした。

  今回はアメリカの治療業界について、私の知識も交えてお話します。

 

f:id:mogemilk:20161212091431j:plain

 

文化が違うと医療も違う

  アメリカと日本は文化が違います。日本は完全なタテ社会で、基本的には上司の命令が絶対です。こういった文化的な考えの違いから、医療現場でもしくみの違いがあります。

 

日本の医療従事者

  日本の医療現場は、文化と同じようにタテ社会で出来ています。医師(ドクター)を頂点とし、その下に各医療従事者が指示を仰ぐ立場にあります。レントゲンなどの検査、投薬の処方は医師しか指示することができません。

 

  この理由には法律の規制が大きいです。実際の現場では指示を仰ぐ医療従事者も、医師と時に相談したり、報告したりしながら共に医療を行います。

 

アメリカの医療従事者

  アメリカでも様々な医療系国家資格がありますが、その医療従事者は全てフェアな立場にあります。アメリカはヨコ社会と言えます。医師と看護師、理学療法士など他の医療従事者が協力し合い治療を行います。皆、同じ立場です。

 

 ですから、医師以外の医療従事者もレントゲンや投薬のオーダー(指示)を出すことができます。

 

オリジナル国家資格

  国によって国家資格は様々です。どの国にもある大変有名な資格は「医師」「看護師」でしょうか。その国にしかない国家資格もあり、日本では「鍼灸師」「あん摩マッサージ指圧師」「柔道整復師」などがオリジナルの国家資格です。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  ではアメリカはどうでしょうか。アメリカのオリジナル国家資格には「Doctor of Chiropractic (ドクター・オブ・カイロプラクティック 略称D.C.)」や、「Doctor of Osteopathy(ドクター・オブ・オステオパシー 略称D.O)」があります。

 

  なんだかカッコいいな!

 

  カイロプラクティックは背骨の矯正術です。日本にも戦後に輸入されて大変普及しました。特に接骨院で柔道整復師の先生が好んで使うことがあります。「ボキッ!」と音のする派手な治療方法です。

  アメリカではカイロプラクティックの先生もレントゲンのオーダーを出すことができますので、レントゲンを見ながら矯正するのが一般的なようです。

 

  オステオパシーも骨に対する矯正術で、こちらは背骨に限りません。骨格の歪みをとりバランスを整える治療方法です。

 

アメリカの医療教育

  アメリカには専門学校はありません。すべての国家資格者は大学で教育を受けるそうです。日本には専門学校も大学もあり、どちらが良いというわけではありませんが、教育にも違いがあるようです。

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

  シェアハウスのアメリカ人の男の子が、医学部入学を目指して勉強しています。彼によると、アメリカの医学部医学科(医師免許の学科)の入試は「考えること」を試すようなテストが多く、それ程難しくないようです(と言っても難易度は簡単でないことが予測できます)。入試が最も難しく、記憶力を試される日本とは、こういうところも違うのでしょう。

 

アメリカ帰国子女トレーナーの体験談

  先日伺ったセミナーの講師の先生の体験談が大変面白かったので、ご紹介します。講師は現在テニスのスポーツトレーナーを専門とする陣内峻先生です。

 

陣内峻先生のブログ

shunj-atc.xsrv.jp

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

  陣内先生はアメリカでトレーナーをされていたそうなのですが、クリニックに勤めていたこともあり、他の医療従事者と一緒にお仕事をされていました。

  先生によると、医師でなくてもレントゲンやMRI(磁気画像検査)などをオーダーできるので、ご自身でも必要に応じてオーダーしていたそうです。

  なんなら自分で撮りにいったとか。

 

写メか!

 

Σ(゚д゚lll)

 

  さらに、時に簡単な縫合の処置や点滴もお手伝いしたとか。

  セミナーの時に、「では特別な訓練を受けたのですか?」と伺ったところ、そうではないらしい。

 

  医師に呼ばれて、「じゃあ、見ててね」と縫合を見せられ、その後「はい、じゃあやって」と針と糸を渡されたそう。

 

裁縫か!!

 

((((;゚Д゚)))))))

 

  う〜〜ん、アメリカン!

  海の向こうはすごいことが行われています・・・

 

国によって医療も違う

  国内では医師が絶対なのが常識ですが、ちょっと外に目を向けると、それは日本の常識でしかないことがわかります。こういった完全なタテ社会に危機感を感じている方は多く、医師不足を解消するために看護師にある程度の指示権利を持たそうとする動きがあるそうです。しかしそれには難しい問題がいくつもあり、実現には長く時間がかかりそう、というところ。

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

  そういえば100年前は東洋医学の医師が医療を担っていました。時代に応じて法律が変わり、医療の姿も変わりましたが、そんなに医師が足りないなら他国に習って他資格者が手伝えるようにしたらいいのに。

 

  う〜〜ん、勉強になった。このセミナーは大変良いお話を聞けました。

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  ・・・ところでどうでもいいのですが、骨折や脱臼などの治療をする「柔道整復師」という国家資格があります。これは日本のオリジナルなのですが、柔道は、あの柔道です。

  実は柔道には攻撃する体術と、治療する術があり、治療の方を確率させたのが「柔道整復師」という資格。

 

  私は鎖骨を骨折したことがあるのですが、その時たまたま居合わせた方が柔道の黒帯の方で、治療の心得もあり、応急処置をして頂いたことがあります。なんというミラクル!

 

  この柔道整復師、英語で言うと「Judo Therapist(ジュードー・セラピスト)」だそうです。超カッコいいな!!

  でも日本オリジナル国家資格なので、海外では無名です。外国人に言ってもわからないので、心の中で「カッコいいな」と思うだけにしましょう(笑)

 

f:id:mogemilk:20161211004719p:plain

 

  外国にも色々な医療のカタチがあります。

  良いものは取り入れて、日本の医療が良くなっていくことを願っています。