ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

ブログ開始10カ月。大スランプ突入?書けない時のひとりごと

f:id:mogemilk:20170525165215j:plain

  写真に意味はありません(笑)

  今、チョコレートサンデーを食べながら書いているというだけw

 

  ブログ開始して10カ月経ちました。

  当初の方向とはかなり路線が変わってきていて、少しずつ「面白い記事」を書けるようになってきていると感じています。

 

  というのも、ブログをきっかけにコミュニティが広がり、臨床治療家の人たちとよく飲む機会があり、彼らに刺激・感化されて、自分の意見や言いたいことが、はっきりと、明確になってきました。

  そういった出来事は極めて最近のものであり、今現在、自分の中で劇的な変化が起きていることを感じています。

 

  臨床治療家の人たちと会うことで、「人」に興味が湧き、記事も「人」に関するものが増えてきました。それまではけっこう「モノ」に関することや、「しくみ」に関することが多かったのですが、「人」に対して非常に関心を持って記事を書いています。

  他にも、私は「食」に関心が無い人間だったのですが、「人」に興味を持つと、食べ物にも関心が持てるようになり、「あれを食べてみたい」「あそこへ行ってみたい」と思うようになりました。

 

  だいぶ人間に近づいてきたと思います。

 

  (笑)

 

  最近はインドカレーにハマって週2ペースでカレー屋に通い、同時になぜか無性に肉が食べたくなり、肉食になってきたので体調が変化したようです。

  今日、学校で鍼を打たれて「めりーさんだいぶ変わったね」とクラスメイトに驚かれました。

 

 鍼って本当に人間の繊細な部分を刺激するので、変化が実感できます。

 

  ちょっと脱線しましたw

 

 

  さて、そんな出来事によって思考の傾向も変化し、良い意味で自己が崩壊したと思います。

  私は自分のことを変人だと思っていましたが、それは違うと考えるようになりました。

  だってみんな変だもの。

  「変人か?凡人か?」という基準なんて、自分の主観でしかありませんから、自分をノーマルと設定した方が他人を理解しやすいです。

 

  昨日、初めて職場で看護師さんと連絡先を交換したのですが、彼女は最近、急に明るくなったなあと思っていたら

  「私、離婚するんです!やったー!」

  と喜んでいて、離婚歴のある私は極めて普通であると感じました(笑)

 

 

  つい最近まで、学校では授業や内容にフラストしていましたが、重鎮の先生(見た目コワイ)に話しかけてみたら、すんごい良い人で、「そうか、私が分かってなかっただけだったんだな」と反省。

  学生だから分かってないのはしょうがないけど、それでも一生懸命教えてくれる、学校の先生って、やっぱりカッコいいなって思いました。

 

 

  他にも色々なことがあり、私の考え方は劇的に変化しています。

  180度違うものとも言えるでしょう。

  それと同時に、今週は代償的な問題の存在に気づきました。

 

  ブログに何を書いたらいいか分からない・・・・。

 

  ヒトの脳は一生、変化し続けます。

  その変化が大きいと、今までと同じことができなくなりますから、どうしたらいいかわからない、ということが起きます。

  外国に引っ越して、

 「友達ってどうやって作るんだっけ?( ̄◇ ̄;)」

  ってなるみたいに。

  外国に引っ越したことないけど。

 

  この10カ月、ほとんど筆が止まることはありませんでした。

  「何書こうかなあ。あ、あれでいいや。」

  みたいな感じで動脈硬化とか高血圧のこととか書いていたんですね(学生のくせにマジ天才ですよね)。

  でも私は気づいちゃったんです。

 

  貯めた知識に面白みは無い。

 

  人間がインターネットに求めることは、面白さとか、満足なんだって。

  動脈硬化も高血圧も、そりゃ調べ物する時にはいいかも知れないけど、調べるならこんな学生ブログじゃなくて、もっといいツールがあるでしょう。私も大好きウィキペディア先生とか。

 

  ただ知っているだけの人間って、面白くないんですよ。

 

  私は自分が面白い人間だってことに、30年以上かけてやっと気づいたんですよね。

  なぜなら、

 

  たかが看護助手が、呼ばれても無い飲み会についていって大学病院のドクターの中で普通に飲んで歌ったりしてるんですよ。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

  臨床治療家で実績のある人たちの中で、学生という立場の私が、普通に大先輩をイジるんです。  (タメグチで)

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

   リラクゼーション時代はクレーマー専門セラピストだったこともあるし。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

  こんな私を面白いと言わずになんと言うのでしょう。

 

  バカ天才です。

 

  ・・・と、やっとこさ自分に商品価値を見出し始めました。

 

 

  今日言いたいことを要約すると、私は自分がすごいとか変だとかを言いたいのではなくて、自分の持っている可能性に気づくことには時間がかかる。

  そして気づくと、どうしたらいいか分からなくなる。

 

  つまり

 

  ブログに何を書いたらいいか分かりません。

 

  ((((;゚Д゚)))))))

 

  そんなわけで大スランプ突入中です。

  しかし私はただ知識をひけらかすのではなくて、読者の方、つまりは、あなたに笑ってほしい。

  私はあなたに笑って欲しいんですよね。

 

  だから、そんな記事を書きたい。

  いつこのスランプから抜け出せるかは分かりませんが、今までの経験上、私のことなら大丈夫でしょう。

  来週くらいには1日10万pvくらいいっているかもしれませんね。

 

  という独り言でした。

 

  これからも「ひとりのセラピストのひとりごと」を宜しくお願いします。