ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

マッサージの手技が覚えられない!手技統一店、施術の覚え方

  リラクゼーション店では手技(マッサージのやり方)を統一しているお店も多いです。主に大手では研修の効率化やチェーン店のクオリティの維持などを目的に手技を統一する傾向があります。

 

  特に手技の順番を覚えるのは、どんな人も苦労した覚えがあるはず。途中で順番を忘れてしまったり、間違えてしまったり。

  今回は、そんな手技の順番の覚え方のコツを解説します。

 

f:id:mogemilk:20161213203201j:plain

 

覚えるのにはコツがある

  まず簡単に人間の脳のしくみについて説明しておきます。

  人間の記憶には、大きく分けて2つの脳を使っています。 ひとつは、大脳。もうひとつは、小脳です。大脳はほとんどの記憶をしていますが、特に「カラダを動かすような記憶」は小脳が記憶します。

 

  子供の時に自転車に乗っていたけれど、何年も乗らずに、また乗ってみた時、最初にもどってバランスが取れない、なんてことはないですよね。自転車は何年経っても、一度乗れるようになったら、乗ることができます。それは小脳が自転車の乗り方を記憶しているからです。

 

  マッサージはカラダを動かします。

  ですから、マッサージは基本的には小脳が記憶するということになります。

 

マッサージを習っている時のあるある

  先輩にマッサージを習っている時、特にリラクゼーション店では私は非常に面倒でした・・・。

 

  最初は何もない状態で、技術的こともよくわからない。全くの素人です。先輩に教えてもらう時、順番を覚えるのが大変です。  集中してよく見て覚えようとするのですが、なかなか覚えられない。

「じゃあはい、やってみて」と言われ、がんばって思い出しながらマネしていると、

(何人もの先輩に、同時に)

「そうじゃない、ここはもっとこうやるの!」

「違う、こうやるって教えたでしょ!」

「そこはもっと丁寧に!」

・・・・

 

  んもおおお 順番っ覚えさせてええええ!!!

 

  ・・・となったのは私だけではないはず・・・。

 

  人は考えている時に他人から何か言われると、それがどんなに適切だったとしても邪魔になるのです・・・。

 

  子供が親に「宿題やったの!?」と言われて、「今やろうと思ってたのに!!もう!!」となる、アレです。完全にやる気が削がれます。

 

マッサージの上手な教え方と覚え方

  ではどうしたらやる気を削がずに教えることが出来、モチベーションを保ちながら教わることが出来るでしょうか。

 

  「マッサージを習う」という行為を分解してみます。

 

  マッサージを習うこととは、

①手技の順番を覚えること

②手技の精度を上げること

  の、2つの要素に分けることができます。

 

  特別な才能が無い限り、初めてのことは、ひとつずつやった方が、情報が整理されて記憶しやすくなります。ですから、この2つは別々に教える必要があります。

  つまり、最初に技術は無視して順番を覚え、次に技術の水準を上げる練習をします。

 

  初めに覚えるべきことは、手技の順番です。

  初めて習う時は下手でしょうが、順番を覚えることだけに集中します。習う方は、それ以外の注意を受けても、一切無視して、順番を覚えることだけに集中します。

  リラクゼーションサロンはなぜか体育会系なので、人間関係にカドが立たないような言葉遣いをする必要がありますが、心の中では「うるせえな、今覚えているんだよ」でOKです。

 

  手技の順番だけに集中すれば、覚えることはそれほど大変では無いはずです。

  下手でも手技の順番を完璧に覚えたら、今度は技術的なレベルを上げる練習をします。

 

  具体的には、強もみができるように母指圧の練習、揉む速度が一定になるように、安定感の練習、マッサージの手を作るための軽擦の練習などです。それはまた別の記事・文献を参考にして下さい。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

f:id:mogemilk:20161211004818p:plain

 

  個人的に思うのは、なんでもそうですが、マッサージを習う時、先輩の意見を全面的に受け入れる必要は無いと思います。

  マッサージは極論的には好みの世界になってしまいますので、百人いれば皆んな違うのが当たり前です。目的によってもやり方は違うので、あくまで参考程度にとどめておくべきです。

  そもそも、本当にすごい人はリラクゼーションサロンにはいません。

  こういう言い方をすると怒られそうですが、リラクゼーションサロンは素人の延長ですから、本当に勉強したい人は、各自学校へ行きましょう。

 

  でも人間関係は大切です。

  一番大切です。

  ぶっちゃけ手技とか成績が最低でも、周りの人に気に入られていれば仕事を続けることが出来ます。

 

  ですから、先輩のアドバイスを聞いた時は、心の中で「うるせーなザコが」とか思っていたとしても、

  「そうなんですねーっ!!さすがです!勉強になります!」

  と言いましょう。

 

  私は「さすがです」と「勉強になります」は殺し文句としてリアルに多用してます(笑)

 

  え?

  心の中では「ザコ」とか思ってるんじゃ無いかって?

  私はどんな先輩、先生もとっても尊敬していますから、本心しか申しておりませんよ!!ほ、本当です!!え?本当ですってば!!

 

 

  マッサージ初心者諸君、世の中は上手く渡って行きましょう。

 

  では。