ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

敏感肌のコスメ。お金をかけるなら何がいい?基礎化粧品は安物が良いが、ファンデーションを見つけるのが大変

  私は敏感肌です。なんとそのことに気づいたのが数ヶ月前。

  たまにどうも肌荒れするなあと思っていたのですが、若さでカバーされていたらしく、今まで何とかなってきていた。

  でもどうやら年齢で体質が現れてきて、合わないものをつけると酷い皮膚炎を起こすようになりました。

 

  今回はこんな私のコスメをご紹介します。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

f:id:mogemilk:20161213164615j:plain

 

気づいたのは今年の花粉症

  私は色んなアレルギーを持っているようですが、それほどひどくならないのであまり気にしていませんでした。春はくしゃみが出るので花粉症だと知っていたものの、毎年鼻炎薬を飲まずにマスクをして過ごしていました。

 

  ところがどういうわけか今年の花粉症は顔にアレルギーが出たんです。

  もう目の周りが痒くて仕方がない。放っておいたら顔全体が赤く腫れて、痛みが出てきました。人生初、皮膚科を受診。顔面崩壊でお化粧ができませんでした(泣)

 

理由は化粧品もある

  女性は年齢で体質が変わっていくこともあります。私が30歳を過ぎたことも原因の一つであると思っていたのですが、それとは別に、確実に例年と違うことがひとつだけありました。

 

  それは、化粧品を変えたんです。

  ファンデーションや化粧水を例年と違うものを使っていました。化粧水は塗った瞬間に痛みが悪化したので、

完全にコレだわ・・・

と気づいたのですが、ファンデーションはなかなか痛みが出なかったので、春が過ぎても気づきませんでした。

  しかし花粉症の季節も終わった頃にまた皮膚炎が起きたので、どうやらこのファンデーションを使いつつ、空気が悪い、ストレスがあるなどの他の要素が加わることで炎症を起こすようだと気づいたのです。

 

  一つの要素では出ないものの、そこに何かが加わると途端に症状が出る。こんなことも人体にはあるようです。勉強になるなあ。

 

天然由来化粧品

  基本的に、天然由来成分の化粧品には炎症を起こしません。色々使ってみた中で、一番刺激が少なく安全なようです。

  私はビタミンCなど柑橘に含まれる何らかの成分に激しく反応します。入浴剤でも反応が出るので、よほどダメなのだと思います。

  柑橘由来かどうかは分かりませんが、化粧品には酸化防止剤としてビタミンCがよく含まれていますが、どうもこれがダメ。塗ると痛くなります。

 

  以前は化粧品も自分で作っていたのですが、今は忙しいので買っています。

  かぶれるのでたくさんの化粧品は使わないのですが、私が使っている安全だった化粧品をご紹介します。

 

基礎化粧品

化粧水  

ハトムギ化粧水スキンコンディショナー

 

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

  こちらは色んなドラッグストアで売っていて、とても手に入りやすい化粧水です。値段がものすごくやすい。大丈夫なの?と思うくらい安いのですが、かぶれない。

  経験上、基本的に食べ物系化粧水は安全です。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

  ただ保湿力は低いので、冬場など保湿が必要な時は以下を併用しています。

 

保湿剤  

無印良品スウィートアーモンドオイル

無印良品 スウィートアーモンドオイル 200ml

  こちらはネットか無印良品でしか手に入らないのでやや入手が面倒。最近はファミリーマートも無印良品のコスメを取り扱っていますが、保湿用オイルは置いてないようです。

  乳液やクリームなどが使えないので、天然由来の植物油で保湿剤しています。

  無印良品の天然オイルはオリーブオイル、セサミオイル、ホホバオイルなど数種類あります。別にスウィートアーモンドである必要はないのですが、なんとなくコレを買ったから使っている感じです。

  ただし天然由来である以上、劣化で悪くなって油臭さが出てくることがあります。酸化しにくい成分なのですが、半年くらいたつと臭いが出てくることがあるので、注意が必要です。

 

ボディ  

カウブランド  牛乳石鹸

カウブランド石鹸 青箱バスサイズ135g*6個

  ボディソープは特にかぶれることは無かったのですが、私は単純にこれが好き。石鹸って泡だてている時に洗ってる感があって良いんです。これで顔を洗ってもまったく症状が出ないので、どうやら私には合っているよう。

  ボディもフェイスもこれ一つです。

 

シャンプー  

メリット リンスのいらないシャンプー

メリット リンスのいらないシャンプー ポンプ 480ml

  リンスインシャンプーを使っています。これは私以外の人にはあまりおすすめできません(笑)

  私は超素直なストレートヘア。

  まるで私の性格を現すかのようです。

  そこで普通のシャンプーとかコンディショナーを使うと、髪がサラサラすぎてまとめにくくなります。リンスインシャンプーは洗い上がりが雑(指が通らない)なのですが、私にはそのくらいがちょうど良い。

   整髪剤を使わないのでサラサラさせすぎないようにしています。あまり真似しないで下さい(笑)

 

f:id:mogemilk:20161211004316p:plain

 

  と基本的な化粧品はこれだけです。

  全部安物。

  肌への優しさを追求したらなぜかこうなりました。化粧品は本当に(逆の意味で)値段で選んじゃダメなようです。

 

  ところがファンデーションとなると話が違います。安物を使って酷い目に遭いました。

  そしてファンデーションは天然由来を探すのが結構大変。自分で作ることももちろん出来ません。

  私が探した中ではほぼこのブランド一択と言ったところです。

 

化粧用化粧品

ベース  

24h cosme 化粧下地

24h cosme プレミアム ナチュラルベースエッセンス カラーレス 30ml

  24hシリーズは天然由来成分使用ということで肌に優しく、24時間落とさなくても大丈夫というキャッチコピー。さらに「premium」は年齢肌のケアを化粧しながら出来てしまうそう。天然成分のみの化粧下地です。

  私としては肌ケアよりも、とにかくかぶれない、安全なモノという選定をしました。肌ケアとか24時間落とさないとか色々良いみたいなのですが、私的にはかぶれなければあとはどうでも良いです。

 

 

  ちなみに24hはあまりドラッグストアに取り扱いが無いので買うのが面倒。

  私はネットで買いました。探すのも大変なので興味のある方はこちら24hコスメ から買うと良いでしょう。

 

 

ファンデーション  

24h cosme ミネラルファンデーション

24h cosme プレミアム ミネラルファンデーションセット02.ナチュラルオークル

  こちらは天然由来成分のみ配合のファンデーション。結構いい値段です。化粧品の添加物のアレルギーは病院で調べるのが難しいので、「使って合わなければ他のもの」というように自分で冒険して合ったものを探す必要があります。

  ファンデーションなんて値段の上限の無いものですが、あまりに高級品に手を出しても合わなかった時が悲惨。とにかく天然成分重視で選びました。

  ただ天然由来は放っておくと腐ります。私は毎日お化粧するので、腐る前に使い切れそうですが、たまにしかお化粧をしないという方は不向きかもしれません。

  冷蔵庫でしまうのも出した時に結露(空気中の水分が冷たいものにつく現象)がおきて状態が悪くなりますから、お気をつけ下さい。

  

 

  24hはネットで本当にスキンケアできる?などと騒がれていますが、かぶれなければそんなもんどうでも良いわい。

  皮膚科を受診してから議論しやがれ普通肌どもが。

 

  おっと、、、またもや毒が出てしまいました。

  アレルギー起きているかな・・・?(^_^;)

 

 

では続いて

 

チーク  

ロレアルパリ ルーセントマジックパウダー

ロレアル パリ ルーセントマジック パウダーブラッシュ B2 スウィートコーラル

  チークでかぶれたことは無いようです。ただファンデーションをつけている時はチークもつけているので、絶対大丈夫ということは無いでしょうが、発色が良いものを使うことを心がけています。

 理由は以下、アイシャドウで記述します。

 

アイシャドウ  

レブロン  カラーステイクリーム アイシャドウ

レブロン カラーステイ クリーム アイ シャドウ 730 ソフトブラウン

  アイシャドウも発色重視です。

  なぜ発色が大事かというと、色の出が悪いものは何度も重ねて塗ることになり、肌への摩擦が増えます。サッと一回塗って完結できるような発色、広がりの良さを持ったものでないと肌に余計なストレスがかかります。

 

 

  一番良いのは化粧しないことなのですが、三十路のすっぴんは、私にはハードル高すぎます・・・。

  修行が足りません・・・。

 

 

  他にもハイライトのパウダーも使ったりしていますが、あとは特にこだわりの無いようなものですので、ここまで。

  また良い化粧品を見つけたらご紹介しようと思います。

  ではでは(^ω^)