ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

新しいことに挑戦すると、怖い夢を見る話

 先日、鍼灸師の革新的な講習会があるとのことで、その運営スタッフをお手伝いさせて頂きました。

  普段は学校と病院に居て、鍼灸師の先生方にお会いする機会が少ない私ですが、こういった交流会・勉強会は新しい出会いがあり、刺激を受けます。

 

  刺激は刺激なんですが、破天荒な私でも新しい人たちに会うことは怖くてたまらないんだよ、なお話。

 

  弱音です。

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

www.tenishoku-serapisuto.net

 

めりーさんは何もすごくない

  学生ですでに交流会へ参加している人はそう多くは無いよう。

  意識の高い学生は外部の勉強会へ参加することもあるようですが、私ほど積極的に発信する学生というのは本当に少ないようです。

 

  色んな場所へ行き、新しいコミュニティへ参加するのはとても楽しいですが、次々にこなしていくと、どうしても知り合いが増え、(たぶん)それなりの社会的な立場をお持ちの方とも接する機会が増えていきます。

 

  立派な方々だな、と常に思うのですが、立派な人というのは「自分がすごい」という自覚があまり無いので、「そんな気をつかうなよ!」みたいな感じで接してくださいます。

  私がすごいなあ、と思う先生は、本気で「気、つかうな」と仰っていて、気をまわしたようなことを言うとなかには怒る方もいる。まじすげえ。

  一方、表面上は「気をつかうな」と言いつつ実際は「もっと俺を立てろ」みたいな方もいる場合もあって、塩梅が難しいといつも思います・・・。

  だったらそうやって言ってよ(´Д` )

  私はおだて上手ですよ。

 

 

  そんな感じで目上の先輩と絡みまくっているので偉い人耐性が異常に高いです。

  基本的に緊張しません。ビビりません。

  ひとりでジョークをブッこむ場合もあります。

  誰とでも話せます。

 

  コミュニケーション能力が叩き上げられました。

 

 

 

  そして冒頭の鍼灸師の先生方の講習会でふざけて写真とったのがコチラ。

 

 

f:id:mogemilk:20170717230747j:plain

 

  見てください、この命知らず。

 

  後ろでまじめに勉強している人たち、鍼灸師など立派な先生方ですよ。

  講師の先生も某有名大学関係者というエリート。

 

 

  あれは何だ・・・!?

  バカか・・・!?

  天才か・・・!?

 

  いや、めりーだ!!

 

  とどこかで言われていることでしょう。

 

 

 

  さて、こんなことをしているめりーさんは命が惜しくないのでしょうか。

 

 

  実は死ぬほど怖いです。

 

 

  新しい人との出会いとは、すべてのケースで、今までのコミュニティより、私の主観では優れていると感じる人たちに出会います。

 

 

  そして必ず、その日は怖い夢を見ます。

  恐怖の悪夢を見て、ハッと目覚める。

  決して私は無謀なバカではなく、わかってて冒険しているんです。

  いつか誰かに怒られる、干される、いじめられるかもしれない。

  その日を恐れながら、自分の中の恐怖と戦っています。

 

 

そこまでして得るもの 

  じゃあバカキャラ止めたらいいじゃないの。

  そう思われることでしょう。

  でもこのリスクを背負ってまでバカキャラになることは、それ相応のメリットがあるのです。

 

  バカキャラのめりーさん。

  どうでしょうか。

  あなたの前に私が現れたら。

 

  忘れませんよね・・・?

 

  そう。飛び出たバカは忘れません。

  飛び出た天才は妬まれますが、バカは愛されるんです。

 

  そしていつも思うのが、社会において、本当に大事なことは、勉強ができること、成績が良いこと、愛想がいいこと・・・そうではない。

 

  本当に大事なことは、面白いことだと思います。

 

  面白さとは正義です。

  人は面白いものが好きです。霊長類は好奇心旺盛なのです。

 

  面白ければ、堅い話も聞いてもらえます。理想や夢を語れます。それがどんなに難しかったとしても、面白ければ、やってみようかな、という気になるんです。

  面白ければ、言葉が心に響くんです。

 

  何のリスクもなしに利益を得ることはできません。

  利益が大きければ大きいほど、リスクも大きくなります。

 

  でも

  誰かに嫌われるかもしれない。

  こんな程度のリスクで、人に言葉を伝えることができるんです。

 

 

  以前は面白いことを頑張って考えて言ったり行動したりしていて、やっと面白いなと言ってもらっていましたが、最近は特に何もしていないのになぜか「お前面白いやつだな」と言ってもらえます。

  怖いけど頑張っているおかげで、面白さに磨きがかかってきました。

 

  励ましてくれる仲間がいる。患者さんも、知らない人だって、応援してくれます。

  だからこの調子で頑張る。

  これが、私らしさだと思います。

 

 

  ・・・でも昨日は怖い夢を見てよく眠れなかったので、今日はたくさん寝ようと思います!

  おやすみなさい〜〜!!

 

*ちなみに上述の勉強会については後日記事を改めようと思います。