ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

北京は東京よりも便利?初めてのおひとりさま海外、中国旅行!北京の交通機関と市街のようすレポート

  初めて一人で海外旅行へ行ってきました。未知の国、中国へ行くにあたり、ネットで調べる噂や、テレビの印象はあまり良くないもの・・・。

 

 

  生きて帰ってこれるのか!?

  拉致られて内臓を盗まれたり・・・売り飛ばされたりしないのか!?

  はたまた、間違って逮捕されて死刑になったりしたらどうしよう!!

  ((((;゚Д゚)))))))

 

  渡航前1ヶ月はガクブルでした。

 

  だけど私の場合は、短期留学ということで学校や病院、多くの人が関係していたので、怖いので行けませんなんて口が避けても言えない。意を決して行ってみたら・・・

 

  北京はほとんど東京だった。

 

  今回は初めての北京について、私の感想をまとめます!

 

関連記事

www.tenishoku-serapisuto.net

 

 

北京の交通機関

  北京は空港からもアクセス良好な中国の首都。交通網が発達していて、とても便利な街です。北京空港からはタクシーで30分程で市街に出られます。

 

空港

  北京空港は世界でも指折りの広さ。とても芸術的で美しい空港です。新しくてキレイ。とんでもなく広いので、飛行機を降りてから入国まで15分以上歩きました・・・(笑)

f:id:mogemilk:20170928222111j:plain

  空港にフリーWi-Fiが無いと聞いていたのですが、行ってみたら「あれ、あるじゃん」と思って使ったものの、結局速度が微妙で自分のレンタルWi-Fiに切り替えてしまった覚えがあります。  

  街中でもフリーWi-Fiは限られた場所にしかありませんでした。海外にフリーWi-Fiだけを頼りにレンタルせず行く方がいるようですが、中国では持参した方がいいと思います。

 

地下鉄

  北京の主な交通手段はタクシー、バス、地下鉄の3つです。地上の電車はありません。地下鉄は駅も電車もこれといって特別汚いとは思いませんでした。日本と同じ。電車の椅子はプラスチック製で、あんまり座り心地が良く無い。でも汚されたりすることがないので、日本も真似したらいいのになあ、と思いました。

 

  北京の地下鉄、バスはどちらも「Suica」みたいなカードの電子マネーを使います。日本には私鉄、JR、首都圏、地方などで色んなカードがあるそうですが、中国には基本的には一種類しか無いそう。

  一種類の方がいいと思うのですが、日本は私鉄がある関係か?オリジナリティを追求してしまう国民性からか?やたら沢山ありますね(笑)

 

  それから、地下鉄ではどの駅でも改札前に荷物検査があります。

  空港と同じように(電子機器などを出す必要はありませんでした)コンベアのチェック機に荷物を入れ、飲料を持っている場合は「飲め」と指示されます。

  シェアハウスの外国人に聞いた限りでは、地下鉄で荷物検査をしているのは中国くらいだそう。しかもけっこう厳しい。最初は戸惑いましたが、ガードマンもとても手際が良いのですぐに慣れました。

 

こちら地下鉄駅前の写真。

f:id:mogemilk:20170928222551j:plain

  写真の左側にはフルーツの露店がありますが、こういった露店は非常に多くて、本当によく見ます。基本的にはナツメ、ミカン、ザクロ、マンゴーなどのフルーツが多いのですが、時々、靴下や帽子などの衣料品の露店も見かけました。

 

 

  せっかくなのでこの露店でナツメを買ってみました。日本では馴染みのない果物ですが、と書きます。

  乾燥させて漢方薬にもする健康に良い果物だそう。

f:id:mogemilk:20170928223133j:plain

  大きさは3〜4㎝くらいで、硬い実です。食感はリンゴのようで、かじった瞬間、「パリッ!」と良い音がします。味は梨のようなのですが、ほんのすこしえぐみがあって、なんだか身体に良さそうな味がしました(笑)真ん中には小さな種が入っていて、これは私は出して捨てていました。中国ではとってもポピュラーで、よく食べる果物だそうです。美味しかったです。

 

 

  日本では「中国に行くとお腹を壊す」「食中毒に気をつけろ」なんてよく言われていて、色々ビビっていたのですが、どんな食べ物を食べてもお腹を壊すことはありませんでした(ただし、ナマモノや貝類は全く食べていません)。

  果物は露店で売っているので、全体をよく洗いましたが、全く問題ありませんでした。

  私は念のため、日本で整腸剤を買っていって、毎日飲んでいました。これのせいなのかな?どうなんだろう。

 

武田薬品 ビオフェルミンS 350錠 【指定医薬部外品】 4987123135184

 

 

レンタルサイクル

  そうそう、交通で便利だったのが自転車です。

  北京市内では大量に同じ色の自転車が鍵付きで路駐してあります。

f:id:mogemilk:20170928223926j:plain

  これ、実はレンタルサイクルで、スマホからレンタル出来る優れもの。申し込みやお金の支払いはスマホで済むので、ピピっ!とやると一瞬で借りることができます。

  行きたいところまで行って、要らなくなったらまたその辺に停めて鍵をかければOK。返す必要もありません。変なところで停めても、回収の人が取りに来るよう。超便利ー!!

 

 

  私も一度、乗ってみました。

f:id:mogemilk:20170928224358j:plain

  なかなかの乗り心地!!何しろ手続きや支払い無くすぐに借りられるっていうのが本当に便利だった。でも日本は道が狭いからこういうのは導入しにくいのかなあ。マナーやルールが中国だから出来ることなのかもしれませんね。

 

  なんだかこんなにカワイイ自転車もあった。

f:id:mogemilk:20170928232912j:plain

 

 

時刻表が無い話

  そうそう。中国には時刻表なんてものはありません。なぜかって?待てばそのうち来るからです。

  日本人の時間への執着は異常だそうですが、時刻表が無いなか交通機関を利用して思ったことが、「あ、時刻表っていらねーんだ」ということです(笑)

  バスは大体15分くらい待てば1本来ます。それより遅いのは、渋滞が関係している。これは日本と一緒ですね。地下鉄はもっと早くて、10分以内くらい。ラッシュの時は山手線と同じくらいか、それよりすぐ来るそうです。

 

  こちらバス停。時刻表がどこにもありません。

f:id:mogemilk:20170928224649j:plain

  思えばバスの時刻表なんてその通りにはまず来ないのだから、いらないんですよね。でも決めたがりで時間に厳しい日本人には、時刻表はなくてはならないもののようです。

 

 

北京の街並み

  北京は中国の首都ということもあり、本当に発達しています。高いビルがたくさんあって、道を歩いていると空が小さいのは、本当に東京と同じ景色だと感じます。でも、その中に広い公園があって、空を遮るものが木々に変わるのは、中国の土地の広さを感じずにはいられません。

 

建物と自然

  こちらはハイウェイ上の歩道橋の上からとった夕日。この辺りは道が空いていますが、ラッシュどきはどの道も混雑します。

f:id:mogemilk:20170928225322j:plain

 

 

  大学の裏手にあった公園です。都会の公園にしてはとんでもなく広くて驚きました。公園には散歩をする人がいたり、犬の散歩をする人がいたりするのですが、太極拳をしている人や、中国の将棋盤が置いてあって、老人たちが集まって白熱しているのを見ると、おお〜中国っぽいなあと思わずにはいられませんでした。

f:id:mogemilk:20170928225932j:plain

  木々も日本のものとは違うもので、見たことがないような花や果実をつけていました。名前がわからない。

 

 

  そうそう、中国にはカラスがいません。

  ベトナムにもいないと聞いていたのですが、日本にしか?生息していないよう。カラスがいないのには驚きましたが、外国人は日本の真っ黒いカラスを見ると、同じように驚くそうです(笑)いや、見た目が大きいから、もっと驚くのかなあ。

 

  よく見た野鳥は、オナガとカササギです。オナガは日本でも街中でよく見る鳥ですが、カササギは生まれて初めて見ました。

  尾が長く、飛ぶ姿の美しい鳥だったので、写真に収めたかったのですが、武器がタブレットカメラしか無く、敵も警戒心が強くて全く撮ることができませんでした・・・。無念。

 

オナガ

f:id:mogemilk:20170928230824j:plain

引用  

●オナガ&ツミ - 森の青葉 Ⅱ-BORGで身近な野鳥撮影ブログ

 

カササギ

f:id:mogemilk:20170928231019j:plain

引用

Pica pica Pictures, Pica pica Images | NaturePhoto

 

 

日本でもお馴染みショップ

  こちらテナント兼住宅のビル。こういうタイプのビルは本当に多くて、商店街でも無い普通の場所に、たくさんお店がありました。

f:id:mogemilk:20170928231455j:plain

  ケンタッキーフライドチキンやセブンイレブンなど、日本でもお馴染みのお店もよく見ました。

  中国のケンタはモーニングがあって、お粥が安くて美味しいらしい。今回の旅行では勇気が出なくていけませんでしたが、次回は絶対トライします!!

  セブンイレブンについては、日本と本当に同じで、安心して使うことができました。ビールやおつまみも買えて、とても便利!セブンイレブン様様です!!

  ただ、中国はタバコは専門店やマーケットでしか販売がありませんので、セブンでタバコは買えません。雑誌売り場が見えるところにあることも無くて、日本のセブンよりがらんとした印象でした。

 

 

気になる気候

  中国旅行を考えている方が、一番気になるものの1つが、気候。

  よく「空気が悪い」「排気ガスが」と聞きますが、一部の化学薬品にアレルギーがあり、光化学スモッグで時々目に反応が出る私ですが、特に何ともありませんでした。

  ただし、スモッグが出ている日はあって、遠くがかすんで見えます。一応マスクをしてみましたが、取っても何も起きませんでした。

f:id:mogemilk:20170928231913j:plain

  ただこれは人によると思うのですが、特別体質でなく、健康な人は、それほどビビらなくていいのかなあと思います。

  天気は初日が雨上がりだったようですが、それ以外はほとんど晴れていました。空気は常にカラッとしていて、ジメジメした日本より過ごしやすかったです。手洗いの洗濯物がよく乾いて助かった。

  天候のせいか?食べ物のせいか?私はなぜか日本にいる時よりも、体調が良かったと思います。 

 

 

 

  今回は中国旅行から北京の環境についてだけお話しました。行ってみて初めて分かったことが色々あるので、また記事を改めてまとめていきます。

 

  とりあえず1つ言いたいのが

 

  みんな中国にビビりすぎだ!

  ・・・あ、行く前の私は、かな・・・?(^_^;)

 

  ではまた!