ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

海外旅行一人旅、中国。北京・大連を食べ尽くす!グルメレポート・ジャンクフード、ファストフード編

 

  中国への一人旅、短期留学。勉強の合間に色々なものを食べました。以前はレストランについてまとめましたが、今回は挑戦したジャンクフードや、ファストフードについてまとめます!

 

関連記事

tenishoku-serapisuto.net

 

 

便利なファストフード

色々なレストランに行きましたが、好きだったのは身近なファストフード。

中国語が話せないので基本的には大学の学生や教授と一緒に食事をしました。学内の食事といえば学食。大学の学食は1日に1回は必ず行き、その時のガイドのおすすめをチョイスしてもらっていました。

 

学食レポート

  こちらビビンバ。学食は中華料理がほとんどですが、学生や教授によると、この学食の中華料理はあんまりイケてないらしい。この日は教授がビビンバをチョイス。

f:id:mogemilk:20171103090554j:plain

  たくさんの野菜とコチュジャンの味付けが絶妙。変わっていたのは具に茹でたウリが入っていたこと。日本は漬物以外であまりウリを食べないので新鮮でした(冬瓜はスープや煮物で食べるかな)。

  となりにあるのは桂花陳(キンモクセイ)のジュース。甘酸っぱくて香りがよくてとっても美味しい!中国のソフトドリンクはとても甘い。以前グアムに行った時も、ジュースが喉が乾きそうなくらい甘くて驚きましたが、日本の飲料は甘みがやわらかいよう。

  そういえば先生が「日本はブドウ糖が甘味料として使われているけど、中国ではショ糖(一般的な砂糖)が使われているからより甘いんだ」と教えてくれたことがあったなあ。

 

 

  こちらは魚肉のスープ。油揚げのようなものは、魚肉からの加工食品だそう。日本で言うところのちくわとか、かまぼこのようなところでしょうか。

f:id:mogemilk:20171103091948j:plain

  塩味で魚のコクが出ていて美味しかったです。魚肉の方はかまぼこのような風味。他にはもやしが入っていました。私はこれでご飯を食べるのはちょっと薄味だったかなあ。

 

 

 

  こちらは鳥の骨つき肉とジャガイモの炒め物と、これまたウリの炒め物。どちらも味付けはオイスターソースやソイソースなど。

f:id:mogemilk:20171103091449j:plain

  甘辛しょっぱくて美味しかった!ごはんの進む味付けでした。鶏肉は骨ごとぶつ切りにしてあって、ちょっと食べるのが大変です。

  普段、私が住んでいるシェアハウスでも、中国人が骨つき肉を調理しているのを見ていました。「日本は骨つき肉を売ってないね」と言われたので、「食べるのが大変じゃん。なんで骨つき肉なの?」と聞いたら、「骨つき肉は、味が違う」と言われました。おお、さすがグルメの国の人。どう違うかは私の舌ではわからんのですが、骨つき肉には骨つき肉の味の良さがあるらしい。

・・・でも食べるのが大変だからなぁ(笑)

 

 

 

  こちらは同じ建物の別フロアの学食。カフェテラスのようになっていてちょっとおしゃれだった。

  豚肉の炒め物、鶏肉の炒め物、ほうれん草の炒め物、黄色いものはカボチャの粥です。デザートにドラゴンフルーツ、ドリンクは桂花ジュースでした。

f:id:mogemilk:20171103092252j:plain

  茶色いのは基本的にオイスターソースっぽい味付け。学食レストランは安いので(?)凝った料理はあまりないよう。毎日食べたらちょっと飽きそうですねw

 

中国で1番有名なまんじゅう屋

  病院の近くにあった、中国一有名なまんじゅう屋さんへ連れて行ってもらいました。なんでもプレジデントが大好きで、有名になったとか。

f:id:mogemilk:20171103093924j:plain

  ピクルス、まんじゅう、あずきやかぼちゃ、青豆の粥スープ。

  日本のまんじゅうといえば甘いものを想像しますが、肉まんみたいに、中に色んな具が入っています。ニラ、ひき肉、青菜など、味付けは薄く、素材の味がよくわかりました。皮は厚くてパンのような弾力がありました。好みで黒酢に付けて食べます。

  日本は塩をよく取ると聞いていましたが、このまんじゅうは塩気が無くて「日本の味って濃いんだなあ」とよくわかりました。私は自然の味も好きなので、とても気に入りました。

  これ、日本でも食べたいけど、絶対人気出ないなあ・・・。

  食文化の差って大きいわ。

 

 

マーケットのフードコート

  1度だけフードコートで食事をしました。これは魚のスープに、黒い麺が入っています。

  日本語が堪能な教授から、「日本人の口に中国の魚料理は合わないようだ」と聞いていたので、あえて挑戦。ソイソースベースのスープに、タラのぶつ切りが入っていて、薬味が載っています。すごく美味しかった!

f:id:mogemilk:20171103094506j:plain

  タラはぶつ切りなので骨がめちゃめちゃ入っている。この日のガイドは医学部の超お嬢様だったのですが、骨は皿に避けず、テーブルの上に「ぺっ」と捨てていたのでびっくりしました。

  中国では魚の骨やカラ、串焼きの串などを皿に乗せずにテーブルや床に捨てるらしい。まあ、食べ物じゃないけども・・・ちょっと、ねえw  これには驚きましたw

 

  一緒にオーダーした水餃子。黒酢に付けて食べます。ニラとひき肉がすこし入っていてすごく美味しかった!!北京で食べたまんじゅうや餃子は、野菜がたくさん入っていてとても美味しかったです。野菜が具のメインでした。

f:id:mogemilk:20171103095016j:plain

  となりにある白い椀は、ガイドによると「スープ」と言っていたので、「なにか出汁が入っているのかな?」と飲んでみると、ただの白湯だったwww

  日本でも中国人が白湯を飲むのを目にしていましたが、定食に白湯が出てきたのは驚きましたw

 

 

フルーツが安い

  中国はフルーツが安い。ドラゴンフルーツは駄菓子のような金額で食べることができました。東京で買ったら100倍しそうな(笑)

  中国ではいたるところでフルーツの露店を見ました。日本でおなじみの果物も見ましたが、ほとんどが初めて見るような果物。いくつか挑戦しました。

 

 

  こちら露天で買ったナツメ。日本で見たことがありませんでした。

f:id:mogemilk:20171103092835j:plain

  大きさはひとつ5センチくらいで、皮ごとかじります。リンゴに似た食感で、味はナシのよう。すこしエグ味があります。ナツメは漢方薬でも重宝されているそうで、美容と健康に良いらしい。安くて美味しかったけど、食べ切れませんでした(笑)

 

 

  こちらはマーケットで買ってきたナシとブドウ。ナイフが無いので皮ごと食べられるものをチョイス。

f:id:mogemilk:20171103093055j:plain

  ナシは西洋梨のような食感なのだけど、21世紀梨よりはパサパサしていました。あんまり美味しくなかった(笑)ブドウは日本でも輸入のものをよく食べていたので、食べ慣れた味でした。

 

 

  こちらはハスの実。ハスって果物なのかな?(笑)

  睡蓮の花の散った後、中心の部分を取ると、中に種子が入っていて、それをむいて食べる。滋養強壮にとても良いらしい。

f:id:mogemilk:20171103093315j:plain

  ふわふわの子房を割ると中に丸い種子が均等に入っています。種子も硬い皮に覆われているので、これを剥いて食べます。

  カリッとした食感に、ほんのりと自然な甘み。テレビを見ながらぽりぽり食べたくなる感じですw

 

 

挑戦したジャンクフード!

  短期滞在とは言え、ホテルに1週間の長住まいは初めて。部屋でも色々食べてみようと思って、マーケットで買い食いしましたw

 

 

  こちらキムチ味のポテトチップ。

  え!?キムチ味!?でしたが、ガイドのおすすめで挑戦。気になる味は・・・

f:id:mogemilk:20171103095507j:plain

  めちゃめちゃ

  ウマイ〜〜〜!!!

  キムチっていうから酸っぱいのかと思ったのですが、ほんのり辛くてあましょっぱくてビールが進むうぅぅう!!!って感じでした。ギザギザカットで「ザクッ!」と食感がはっきりしているのも良かった〜〜!!これ日本に欲しいイィ!!!!

 

  こちらはハニーバター味のポテトチップ。

  近年は日本でも甘いポテトチップがありますが、安定のウマさ!

f:id:mogemilk:20171103095841j:plain

  うーん、でも普段あまり甘いものを食べない私にはちょっとしつこかったかなあ。ビールには合わない味でしたっっw

 

  マーケットで日清のカップヌードルを見つけました。

  よし、食べてみよう!と買ってみたものの、そういえば箸を持ってないぞ・・・と開ける時に気づいた。

  ・・・が、なんと!!!

  中国のカップラーメンにはフォークが入っています!!

f:id:mogemilk:20171103100034j:plain

  べべべ・・・便利〜〜〜〜!!!

  日本だと、食べ物の中に食べられないものを入れるのはタブーなので、これは出来ないかもなあ。

  3種類食べてみましたが、うーん、日清のカップヌードルはこれといって衝撃的な味ではありませんでしたね。やっぱり美味しい。以上。

 

 

  これは!!と思ったのはエースコックのパクリ

  マークも似てたんですけど、多分ちがう?スーパーカップのパクリみたいなのがあって、この「牛肉麺味」がめちゃくちゃ美味しかった!!!

f:id:mogemilk:20171103100550j:plain

  「牛肉麺」は、ポピュラーなラーメンで、牛肉が乗った麺にパクチーなどの香味をかけて食べる物。レストランでも食べました。

  カップラーメンにもパクチーが入っていて、香りがよく出ていてめちゃくちゃ美味しかった!!!日本人はパクチーが苦手な人が多いので、こういったレトルトには基本的に入っていませんが、ドライパクチー入れるだけでこんなに美味しくなるのなら女子向けに日本でもやってほしいなあ。

 

本場のムーンケーキ

  マーケットではムーンケーキ(月餅)売り場があって、たくさんのお菓子が並んでいました。日本で月餅というとあんこ味の一択ですが、中国では色々な味、形のものがあります。

  私が挑戦したのはこちらの3種類。f:id:mogemilk:20171103101504j:plain

  日本の月餅を「おいしい」と思ったことがない私。なんか・・・パサパサな中にあんこがモッテリ入っていて・・・モタれる・・・。みたいな。

  が、食べてビックリ、本場の月餅でした。

 

  うんまぁああぁあぁあぁいいいぃぃぃ!!!!

  とくにバラ味がめちゃめちゃおいしいぃぃぃい!!!

 

  バラ味(花の薔薇です)って微妙に意味わからないんですけど、すっごくいい匂いがして、皮はパラパラと落ちるのですが、中はしっとりとしていておいしいいぃぃ!!

  バラ味をおすすめされて、「うそーん」みたいな感じで騙されたと思って食べてみたらすっごくすっごく美味しかった!!

  なるほどね、これはおすすめだ!!!

 

 

 

  と、色々挑戦して食べてみた中国一人旅。

  なぜかジャンクフードの方がテンションが高いのですが(笑)聞いていたほどまずいものは無かった。むしろなに食べても美味しかったです!!!

  が、帰ってきて中国話を日本人にすると、やはり「なにがいいのかわからん」という人がちょくちょくいますので、世間に揉まれた私だから良かったのかもしれないw

 

  中国は食べ物の国。1回の短期滞在程度ではほんのすこししか食べられませんでしたが、次は食事メインで旅行に行きたい!思いのほか美味しい国で驚きました!

  海外旅行お好きな方、おすすめですっ!!