ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

アフィリエイトが儲からないと嘆いていたら、外国人プログラマーがアドバイスしてくれた話

 こんにちは。

 突然ですが、来年以降の学費が足りません。

  寄付してくださる方はお問い合わせフォームまで・・・。

 

  実は学費のためにアフィリエイターを始めたのですが、1年やっていても稼いだ金額はたったの3万円程度・・・。

  そんなうまくいくわけもなく、時間がかかるものとは聞いていましたが、ここまで儲からないとセンスがないのかなあとちょっと凹みます(^_^;)

 

  学費の納入まで数ヶ月とかなり迫ってきているのですが、「まあなんとかなるかなあ」とあまり考えておりませんでした。ところがいよいよ「金足りないなコレ」と気付き始め(遅い)、なかなか成長しないアフィリエイトの他にもライティングなどの仕事に着手し始めました。

  果たして春までに学費ぶん一人で稼げるのか!?稼げなくて入試も受けられないのか!?

  そんなドキドキハラハラを楽しんでいる私ですが・・・

 

  「アフィリエイトが稼げないよ〜〜」と言っていると、なにやらいろんな人が助言してくれます。

 

 

f:id:mogemilk:20171122142323j:plain

 

私は稼げないアフィリエイター?

  まずは私のアフィリエイターとしての経歴をご紹介しましょう。

 

ツール /ブログ

期間/1年3ヶ月

アクセス数/月間16,000PV

総収入/たぶん3万円くらい

 

  1年間、自分なりに色々頑張ってきたのですが、まだ月収に換算できるほどの収入がありません・・・。稼げるアフィリエイターのブログには「稼ぐならアフィリエイト!副業として始めて1ヶ月で10万超えた」とか、景気のいいことが書いてあるのですが、そんな天才はごくわずかで、ブログでは全体の90%のブロガーがまったく稼げないそう・・・。

 

  ブログじゃなくてユーチューバーやれば?とかTwitterは?とか色々言われるのですが、ブログという媒体にこだわっているので、儲からなくてもこの調子で頑張っていきます・・・(´ω`)

 

外国人プログラマーの助言

  色んな外国人とシェアハウスで一緒に暮らしていますが、1番仲良しの友人がベトナム人のニックくん(仮名・27歳)。

  ニックくんは留学生として来日し、そのまま日本に就職したプログラマー。仕事のストレスが半端ないらしく、「ふぁっきんジャパン!!」が口癖です。日本の悪口を言いつつも優秀なプログラマーらしく、だいぶ稼いでいるよう。カッコイイなあ。

 

  関係ないのですがシェアハウスの住人にはプログラマーが多くて、かなり儲かってるみたいな話をたまーに聞きます。お金の話はやらしいのであまりしませんが、プログラマーって社畜だけど、今一番稼げる仕事のよう。

 

  そんなニックくんは時々私を呼び出してくれる。私が一方的に話すときが多いのですが(ゴメン笑)、ある日珍しく私のブログについてアドバイスしてくれました。

 

外国人から見た日本のブログ 

  先日、好きなブロガーさんの記事をFacebookでシェアしたら、それをニックくんが見てくれたそう。

 

参考

日本の「失敗=悪」「ミスは許されない」文化はマジで異常 | まじまじぱーてぃー

私がいつも読んでいるブロガーあんちゃさんの記事です。あんちゃさんは最初から稼いでいた天才の方のブロガーです。いいなあ。

 

  この記事には外国でウエイトレスがお皿を割っても、誰も怒らないけれど、日本では失敗すると厳しく叱責されることについて、日本の文化を批判するような内容が書かれていました。

  私はこの意見にとても共感しました。日本の文化っておかしいし、私には合わないんだもん。

 

  しかしニックくんによると、ベトナムでウエイトレスがお皿を割ったりしたら、めちゃくちゃ怒られた上に弁償させられると言うのです。

  著者のあんちゃさんが偶然見た現場は柔らかなムードだったようですが、地球には色んな国があり、失敗が許されないのは日本だけではない、とニックくんは説明してくれました。

  もちろん彼も日本の文化は変わっている一面もあると言うし、日本の文化の悪口も言います。でも、それだけではない。ものごとには二面性があり、どちらが良いとも、悪いとも言えないというのです。

 

  彼が私に最も伝えたかったのは、一面しかピックアップしない文章は、内容がうすくなり、誰も読まない、ということ。

  私自身はあんちゃさんの記事に深い意図を感じたのですが、外国人である彼はもっと色々な事情があることを知っているので、内容がうすいと感じているようでした。

 

  ひとつの記事を見ても、見る人によって感想が違う。

  多くの人がたくさん考えてくれるような記事を書け、と言われました。

 

 何事も出来ない人の方が強い

  ニックくんは自分の経験も話してくれました。

 

  ベトナムでは高校の時に自分より勉強のできる人にバカにされていたけど、悔しくて頑張って、その人よりもいい大学に入ることができたそうです。

  大学で日本語を専攻し、最初はやる気がなくて遊んでばかり。3年生の時に、成績が悪いにも関わらず、「お前は勉強はしないけど、日本に興味があるんだから、日本に行けばいいんじゃない?」と先生に言われ、そこから猛勉強。そして来日し、日本語学校へ2年通った後、プログラマーとして日本で就職しました。

 

  ふざけてバーカバーカとかいっつも言ってるけど・・・

 

  超優秀じゃね?

 

  逆の立場に立つとわかりやすいですが、日本人で留学してそのまま外国に就職、って、かなりすごいですよね。

  すげえええ!!!

 

  ニックくんは儲からないアフィリエイターの私に、こうもアドバイスしてくれました。

 

  「オレは日本語が出来なかった。だから超頑張った。最初からできたら、それ以上やらなくていいけど、できなかったら、頑張るから、できるようになる。いっぱいやるでしょ。だからめりーも、超頑張ったらいい

 

  できないことがある時、乗り越えられない原因は、大抵の場合「諦めるから」です。

  たしかに人生を振り返ると、できないことの方が私は頑張ってきた。そして結果的に誰よりもできるようになりました。

 

  私は鉄棒の逆上がりができなかった。だからできるようになりました。

  私はトランペットが下手だった。だからできるようになり、倍率の高い音楽の学校へ進学しました。

  私は勉強ができなかった。だから頑張って、今ではクラスメイトに勉強を教えています。

  私は友達を作れなかった。だから今はたくさんの友達に囲まれています。

 

  挙げるときりがないほど、できなかったことは沢山ある。

  一方で唯一最初からできたこともあるんです。それは、「絵」。子供の頃から上手で、苦労したことがありませんでした。小学校の時は、描く絵の全てが表彰されるほど。本当に美術だけは最初からできたんです。

  だから、練習しませんでした。教育も受けなかったし、みんなに褒められて調子に乗っていたんですね。プロを目指したこともあったのですが、結果的に、二度と描かないと決めるほどイヤになりました。

 

  でも苦手でできなかったことは、今も好きでいます。諦めたくない。

 

  だから理論上は、アフィリエイトも稼げるようになる。

 

  数字が伸びない、儲からないと、稼げないことばかり囚われて落ち込んでしまうのですが、頑張っていればどこか成長している部分があるはずです。私で言えば、PVは右肩上がり、一度も下がったことがありません。これってすごいですよね!!

  だから、くじけないで、素直に悔しがって、頑張る!

 

  稼げないブロガー、アフィリエイターのみなさん!

  ここにも稼げない人がいます!(笑)

  だから一緒に頑張りましょう〜〜!!