ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

アラサー・アラフォーで歳を聞かれて「いくつに見える?」って言う人がムカつく話。歳をとるのって嫌なこと?年齢は生きた証なのだから、誇りに思え!

 私はアラサーですが、現在瀬戸際におりましてもうすぐアラフォーになろうとしています。まあ今年34歳なんですけど、高校生の時って34歳ってすごいババアだと思っていました。でもいざなってみるとまだまだガキンチョだなあ、と思うことの方が多い。大人っていつなれるんだろう。

 

 さて、女性として気になるのは歳をとるにつれ外見的な特徴が増えていくこと。アラフォーっていうと、ぼちぼち白髪が出てきたり、シワとかたるみも出てきます。

 世の女性は歳をとることを恐れている方も多いのでしょうが、個人的には加齢を武器にした方が人生においてめちゃんこ有利だと思うんです。今日はこんな話。

f:id:mogemilk:20180301210450j:plain

歳を偽る人がわからない

 私はアラサー世代なので周りには20代後半から30代前半の人が多いのですが、たまに自分の歳を偽る人がいるんですよね。私には全く理解できないんですけれど、年齢って大抵の人は見た目で分かるじゃないですか。

 

めりー  「A子ちゃん、いくつ?」

A子 「いくつに見える〜?」

めりー  (了解)

    「えーっ わかんないなあ・・・。24歳かな?」

    (まあ多分私と同じくらいだけどな)

A子 「えっ!うそー!?嬉しい!本当は32歳なんだよね」

めりー  「えー!若いね!信じられない」

    (やはりな)

 

 っていうこれ、法律で決まりがあるの!?くらい毎回やるわああああ

 

 いちいち若く見られたことを喜ぶな!!

 それ、100%お世辞だからなああああ

 

 わかった。もうこれやめよう。次に言われたら思った通りに言おう。私はいい人すぎるんだよな。

 

 はい。

 

 

年齢は絶対的個性だ!!!

 年齢ってその人の特徴を一番最初に表す個性だと思うんです。

 なんか犯罪があった時の目撃証言で、「年齢はどれくらいに見えました?」って聞くらしいじゃん(実際に聞かれたことはない。刑事ドラマの見過ぎ)。人の外見的特徴を言い表す時に、年齢は必ず言いますよね。

 そして時間(=年齢)は全ての哺乳類に平等なものです。時間だけは平等。年齢はそれぞれ種により異なりますが、少なくとも人間の間では時間は絶対的に平等なものです。

 

f:id:mogemilk:20180222000623j:plain

 どうでもいいけど一部の生物には若返るものがあるそう。単細胞生物(なんとか菌)とかクラゲの一種とか。ずるいぞ!

 

 加齢を憎み、平等に経ていく時間を否定するのは理にかなわないことだと私は思うんです。

 

 確かに外見的にシワシワババアになってくのは悲しいことかもしれませんが・・・じゃあさ、その今ババアの皆さんは、20代の時って、そんな美女だった・・・?って思うんですよねえ。

f:id:mogemilk:20171210015039j:plain

 20代の時のめちゃめちゃ美女は、多分アラフォーになってもくらいに型落ちするだけで、元が良いんだから幾つになったって美人だと思うんですよねえ。美人はちょっと歳とったくらいでは変わらないと思うの。

 過去の栄光にしがみつく奴ほど、その栄光大したことないってことあるじゃない。あれ。

 

 だいたい等しくシワシワババアになる年齢も決まっていて、どんなに努力しても80歳くらいになったらみんな同じ顔になります。なんせDNAがほとんど同じだからな。

 

アンチエイジングは無駄な抵抗なのか?

 しかし女性は化粧品にお金をかけます。高価な化粧品はたくさんあって、上を見るとキリがありません。

 一本1万円もするような化粧品を使っている方は大変な努力をしていると感じますが、色々勉強して思うのは、肌の状態って結局体調なので、健康であれば綺麗なんですよね。

 

 (どうでもいいのですが私は肌にアレルギーがあるようで食べ物由来の化粧品しか使えません。それも食べ物由来であれば肌が炎症する可能性が低いというだけ。添加物によってどの化粧品が使えるのかが全くわからないので、一度安全を確認したものを使い続けます。ここ数年は激安のハトムギ化粧水です。)

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

 私が気になるのはシミなのですけど、シミもホクロも正常な反応の結果、生きているとできていくものなのでしょうがないよう。

(シミやホクロは原因は微妙に違いますが、どちらも黒い色が沈着する現象です。人間は日光の紫外線から体を守るために、光を吸収する黒い色素を作る機能を持っています。)

 

 目立つものは美容整形でレーザー手術できたりするようなので、いつかやってみようかなあと思っています。

 

化粧品は薬と同じ

 私は個人的には化粧品は肌の管理をする薬のようなものだと思っています。荒れるとそこからばい菌が入ったりして病気の元になります。肌の最大の機能ってバリアなんですよね。怖いばい菌ってたくさんあるんですが、肌によって体の中に入れないようになっているんです。もし傷やニキビがあると、そこから菌が入ってきますので、場合によっては病気になります。だから、肌は大事。

 なので健康を維持するために化粧品を使うのは必要だと思うのですけれど、シワやたるみをなくすための化粧品って意味あるのかな・・・?と思っています。

 もちろん、アンチエイジングの良い化粧品は高い技術で作られていますから、効果はあります。だから値段が高いのだもの。でも、その化粧品を使い続ける限りは効果が出るでしょうが、やめたら元に戻っちゃいますよね。一生使い続けなければいけない。

 一生使い続けたとしても、おばあちゃんになったら必ず顔が変わるじゃないですか。

 だからなんか・・・意味を感じないんだよなあ・・・。 

f:id:mogemilk:20180228070153j:plain

 糖尿病とか、心臓病とか、薬を飲まなければ命を落とすような病気の人たちは、一生薬を飲み続ける必要があります。そうでないと明日の命に関わります。

 でもお肌のことって、バリアが保たれていれば機能的には問題がありません。だからアンチエイジングの高価な化粧品を使う意味を感じないんですよねえ。そういうとこ女としてダメなのかなあ。

 だって、何しろ歳は絶対とるんですよ。もうこれは宇宙の心理。絶対的ルール。

 だったら、歳をとることを恐るよりも、楽しみにした方が人生が楽しいと思うんですよね。

 

その白髪は生きてきた証だから

  どんなに頑張ったって時間は戻れないんですよね。しかし科学の発達はめざましく、各方面で美容に期待される研究がなされています。

 今はどこの世界でも再生医療を頑張っているようですが、肌に応用できるようになるのはいつのことやら。ちなみに私は個人的には再生医療に否定的です。

f:id:mogemilk:20171210014519j:plain

 まあそんな医療論はさておき、今日増えた白髪や、シワは、今日を生きた時間の結果なんですよね。時間を経た証明です。みなさん色々な人生を歩んでいると思うんですけど、今日を生きたことって素晴らしいと思うんですよ。今、この瞬間死んでしまう人もいるのだから。

 若くいたい、美しくいたいっていう気持ちは普通のことかもしれませんが、それがあまりに強くなり、老化を憎むことになってしまうと、それは今日生きたことを否定しているように感じます。

f:id:mogemilk:20180303094408j:plain

 老化は人生のステップアップだと思います。

 私はそれなりに多くの高齢者とお話してきたんですけど、おばあちゃんって本当に心が強いんですよ。明るいし、動じないし、カッコいいんですよね。私もこんな風になりたいって思っています。

 

病院のおばあちゃんが美しいと思う話

 もうすぐ辞めちゃうんですけど、今は循環器内科の入院病棟で働いています。循環器っていうと、一言で言うと心臓の病気の人がたくさんいます。心臓の病気って命に関わるので、大変な現場にいるなあと思っているのですが、そこで話す患者さんは、自分よりむしろ私の心配をしてくれるんですよね。

f:id:mogemilk:20180223195309j:plain

  私は看護助手といってパシリみたいな仕事をしているんですが、大きな病院なのでパシリも結構大事になってくるんです。輸血や人工呼吸器を運んだりするので、重要な仕事だと感じています。

 

 そんでちょっと手違いや急変対応で患者さんを待たせてしまうことも時にはあるんですけど、本当に全ての患者さんが「忙しいのにごめんね、ありがとうね」って言うんですよね。待たせて悪いのはこっちの方なのに。

f:id:mogemilk:20171127102646j:plain

 内科は人生の終わりが近い患者さんも入院することがあるのですが、時には認知症で話ができないような方もいます。でも楽しいと笑うし、話すし、明るいんですよね。笑っているお顔は少年少女のようなんですよ。看護師さんを口説くおじいちゃんがいたり、口紅をさしているおばあちゃんがいたりして、人はいくつになっても男だし、女なんだなって。

 

 肌の話じゃなくなっちゃいましたけど。

 

年齢をポジティブに捉えよう

 何が言いたいかって、年齢を嫌だ、嫌だと思うのはやめた方がいいと思います。

 その年齢は、誇りに思うべきです。

 

 アラサーでも、アラフォーでも、アラフィフ・・・そのあとは還暦?それ以降・・・年齢は、生きてきた誇りです。プライドを持って自分の歳を言えるようになったら、その時はホンモノになっていると思います。

 まあ歳を若く偽る人がニセモノというわけではありませんけれど。

 

 とりあえず私は年齢に関するお世辞を言うのを卒業します。めんどくせえ。

 次はこうしよう

 

めりー  「A子ちゃん、いくつ?」

A子 「いくつに見える〜?」

めりー  「ごめん、さほど重要な問題ではなかったわ。ところでさ」

A子 「」

 

 

 

 では。