ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

手に職つけた、ひとりのセラピストのブログ。意識低い系。

両国にぎわい祭りでお灸体験会を手伝ってきたよ!話題の美顔灸、ベテランによるマッサージがワンコインで受けられる!

先日、両国にぎわい祭りというイベントの一角で、マッサージ体験会と、お灸体験会が行われました。

 

 

新卒鍼灸師で私もお手伝いさせて頂くことになり、多くの患者さんに美顔灸を施灸させて頂きました。両国にぎわい祭りのイベントレポートです!

 

 

f:id:mogemilk:20180429110750j:plain

 

 

両国にぎわい祭り

www.enjoytokyo.jp

 

 

ワンコイン・マッサージとお灸

両国にぎわい祭りは、両国駅周辺で大々的に行われておりましたが、そこから徒歩で少し離れた一角、スタンプラリーの中継地でもある杉山神社には、ワンコイン(500円)でプロによるマッサージや灸施術が受けられるコーナーがあります。

 

 

両国にぎわい祭りでは、杉山神社で毎年「ワンコイン施術」が行われているそう。

 

 

f:id:mogemilk:20180429120623j:plain

 

 

東京都鍼灸師会の先生に、「両国にぎわい祭りというイベントを手伝わないか」とお声をかけて頂き、鍼灸師として初めてお手伝いさせて頂くことになりました。

 

 

こちら去年の両国にぎわい祭り、施術会の様子

f:id:mogemilk:20180429105943j:plain

 

 

杉山神社

両国にぎわい祭りのスタンプラリーの中継地でもある、この杉山神社は江ノ島杉山神社の分社で、はり治療の大先生、杉山和一を祀っているそうです。

 

 

杉山和一は幼少期に失明し、その後鍼術を学び、現代のはり治療の基礎とも言える部分を作りました。

 

 

さらに世界初の視覚障害者教育施設も作られた偉人だそうで、全ての鍼灸師が絶対に知っている超有名な方。今は江ノ島や両国で神様になっておられた・・・。スゴイ。

 

 

f:id:mogemilk:20180429110731j:plain

 

 

そんな由緒ある両国、杉山神社の一角で、恥ずかしながら新卒鍼灸師のワタクシも、施灸させて頂くことになりました!スゴイぞ!!!

 

 

まずは新卒鍼灸師として鍼灸の神様にお参り・・・。

f:id:mogemilk:20180429110844j:plain

 

 

めりー   (今の病院ではり治療が導入されますように・・・そんで給料がめっちゃ上がってウハウハできますように・・・なにとぞ・・・なにとぞ・・・)

 

はりの神 (お前は色々と新人のようなのでもう少し勉強しなさい

 

 

というお告げがあったようななかったような。

 

 

f:id:mogemilk:20180429120703j:plain

 

 

話題の美顔灸、ワンコイン体験会

両国にぎわい祭りの施術体験会では、はり治療はせずにお灸だけの施術体験ということで、現場で主流として使われる台座灸の他に、先生方が普段使われているネパール棒灸やます灸、棒灸というような、ちょっとマニアックなお灸も用意されました。

 

 

f:id:mogemilk:20180429112810j:plain

 

お灸とは

お灸をご存知でない方も多くおられますので、簡単に説明いたしますと、植物のヨモギから作られる乾燥葉の「もぐさ」というものを肌の上にのせ、そこに火をつけて温める治療法です。

 

 

古くから日本の家庭の医学として行われてきました。

 

きゅう

 

 

 

もぐさを米粒大からあずき大の円錐形にし,皮膚上の経穴 (けいけつ,つぼ) の上に置き,火を点じて刺激を与える療法。もぐさの原料はキク科植物のヨモギである。広義には,特にもぐさを用いないでも,経穴上に類似の温熱刺激を与える場合をもいう。起源は明確でないが古くから東洋に発達した民間療法で,日本には5~6世紀に中国から朝鮮を経て伝えられた。初めは主として外科的疾患に用いられたが,のちにはほとんどあらゆる疾患に適用されるようになり,肩凝り,頭痛,喘息,胃腸病,神経痛,生理異常,便秘などには特に効果があるとされる。

https://kotobank.jp/word/灸-51932

 

 

日本では西側で普及しているそうです(私は東京出身なのでお灸はこの業界に来るまでやったことがありませんでしたが、母は九州出身で、お灸の話をよくしていました)。

 

 

婦人科疾患や女性の不定愁訴に強く、個人的には生理痛や冷えはお灸で治しています。

 

 

昔は乾燥葉をそのまま使っていましたが、最近は一般の方でも家庭で簡単にできる、台座灸というものが市販されており、安全にお灸をすることができるようになりました。 

 

せんねん灸 はじめてのお灸 4つの香り 100点入

 

プロはこちら

もぐさの山正 - ホーム

 

 

 

準備をしていると続々とお客様がいらっしゃり、あっという間に大盛況。

 

 

地元両国の方の他にも、両国にぎわい祭りへ遊びに来た方たちがたくさんいらっしゃいました。

 

 

f:id:mogemilk:20180429112521j:plain

 

 

中でも人気だったのが美顔灸。

 

 

低温の台座灸をお顔に乗せて、温め、血行を促進し、お肌の調子を整えます。

 

 

f:id:mogemilk:20180429113032j:plain

 

 

よく一緒にお仕事させて頂くことの多いハリック先生に施術させて頂きました。

 

 

うーん、顔がカッコいい。

 

 

隣ではベテランの先生がネパール棒灸を施術されていました。

 

 

初めて見た〜〜!

 

 

f:id:mogemilk:20180429113308j:plain

 

 

ちなみにこの患者さんとしておやすみになられている方、静岡のビッグな大先生

 

 

知らせをお聞きになり、はるばる両国にぎわい祭りへ遊びに来て下さいました。ひえー!

 

 

ネパール棒灸はこのように棒状になっており、木の筒が付いています。手ぬぐいを患者さんの服の上に乗せて、そこに着火部を当てて温めて行きます。

 

 

火の面が手ぬぐいについているのですが、燃えない上にちょうどいい温かさ。

 

 

不思議だー。

 

 

f:id:mogemilk:20180429113501j:plain

 

 

この他にも円形の金属のケースに、あらもぐさを入れて火をつける、温灸ケースなるものもお持ちになっていました。

 

 

いろんな道具が出てくる〜〜!

 

 

f:id:mogemilk:20180429113854j:plain

 

 

温灸ケースは見た目は蚊取り線香入れの小さいバージョンって感じ。腰や背中に乗せると、じわ〜〜と温かくなります。

 

 

上の写真でお持ちなのが、私が中国で買ってきた棒灸入れてコロコロするや〜つ(仮称)

 

 

使い方を簡単にお伝えすると、これ便利じゃ〜ん!と言いながら早速使われておりましたw

 

 

適応力高すぎるw

 

 

この「棒灸入れてコロコロするや〜つ(仮称)」、中国にも詳しい先生に伺っても名前が不明で、現在も調査中です。マニアックすぎるw

 

 

とりあえず棒灸入れてコロコロするや〜つ(仮称)と呼んでいます笑

 

 

超仕事ができる感じの女性の先生がお持ちだったのがます

 

 

木の箱にあらもぐさを入れ、火をつけます。もぐさは接地面から離れているので、程よい温熱が広範囲に届きます。

 

 

f:id:mogemilk:20180429114832j:plain

 

 

もくもく・・・。

 

 

気分は燻製、でしょうか。でも患者さんは寝ているので、いぶされているのは鍼灸師の方w

 

 

女性の先生はやはり美容に興味のある方に非常に人気があって、お話される様子も可憐。ふ・・・ふつくしぃー・・・!

 

 

普段はフランクな先生も、施術中はプロの顔。

f:id:mogemilk:20180429114640j:plain

 

 

こう、お仕事の様子を近くで拝見させて頂くことはなかなか機会がありませんので、とても勉強になりました。

 

 

両国にぎわい祭りの施術体験会では、二つのブースが用意されています。

 

 

お隣のブースではあん摩マッサージ指圧師の先生方がこれまたワンコインマッサージをされておられました。

f:id:mogemilk:20180429115627j:plain

私は普段、あん摩マッサージ指圧師としてのお仕事をさせて頂いておりますので、勉強のためにしばし拝見・・・。

 

 

マッサージって、ずっとしていると手の筋肉が発達してきてふくよかな手になるのですが、みなさんの手元を拝見すると、マッサージの鬼みたいな手をしている・・・。

 

 

めちゃんこカッコよかったなぁ〜〜。

 

 

無言で患者さんに向き合う姿は職人そのもの・・・。うーん、憧れるなあ。

 

 

ところでどうでもいいのですが、私は職人に憧れます。

 

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の他に長らく憧れているのは窓拭き職人です。

 

 

高いビルにブランコみたいな足場で、サッと窓を拭いているのが死ぬほどかっこいいです。

 

 

最近は畳職人もブームです。刃物とか、専用の道具を使う職人もカッコいいので、お医者さんとか看護師さんとか医療関係者に憧れている理由はここにあります。

 

 

はい、どうでもいいー。

 

 

 

 

両国にぎわい祭りという名前のとおり、杉山神社もにぎわっておりました。あっという間に時が過ぎ、閉店の時間。

 

 

心残りは、大盛況で忙しくて・・・マッサージもお灸も受けられなかった・・・。

 

 

鍼灸師の先生は「勉強になるから受けてきなさい」と仰ってくださったのですが、普通に忙しかった・・・。

 

 

無念・・・。

 

 

来年の両国にぎわい祭りでは絶対に受けさせて頂きたいです!

 

 

大先輩と一緒にお仕事させて頂いて、本当に光栄でした!!

 

 

みなさん、ありがとうございました!!

 

 

両国にぎわい祭りでは、毎年東京都鍼灸師会による施術体験会を開催しております。

 

はりきゅうを 受けたことが無い方でも、ワンコインでプロによる施術を受けることができます。

 

 

どちら様も、ぜひお試しください!!

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存