ひとりのセラピストのひとりごと

ひとりのセラピストのひとりごと

ひとセラは、手に職つけたい人、つけた人の総合情報ブログ。

彼氏・彼女が欲しい人はマッチングアプリで簡単に出会える!マッチングアプリで恋人と付き合う5つのコツ

 私は30代の女性で、長らく彼氏がいませんでした。

 

  そろそろ結婚を意識する年齢、

 

 

  周りの女性は子供がいる方が多く、

 

 

  いよいよ追い詰められて来ました(笑)

 

 

 しかし職場に出会いがない。

 

 

  そこでマッチングアプリを利用してみたところ、

 

 

  思いの外簡単に彼氏が出来てしまったので、

 

 

  今回はマッチングアプリの使い方についてまとめます。

 

 

マッチングアプリとは

 以前は「出会い系サイト」などという名前で男女が出会うインターネット掲示板がありましたが、本人確認などがなく、安全面で問題視されていました。

 

 

 近年では独身男女が出会うツールとして、マッチングアプリというサービスがあります。要は昔で言う出会い系。

 

 

 

 正直、マッチングアプリという名前、怪しい・・・。

 

 

 本当に出会えるの・・・?

 

 

 安全なの〜〜?

 

 

 と、ものすごく疑っておりましたが、まあ駄目元でインストール。

 

 

 私が使ったのはこちらのマッチングアプリです。

  

 

 

 

 facebookで広告をよく見かけることも多く、

 

 

  facebookアカウントでログインも出来ます。

 

 

 

 facebookでマッチングアプリを使っているのがバレたらどうしよう・・・と心配でしたが、通知や広告が増えることもなく、プライバシーは保たれていました。

 

 

 

 マッチングアプリのログインには本人確認も必要で、私は運転免許証の写真を送って本人確認をしました。

 

 

  マッチングアプリでは18歳未満の利用者を避けるためにも本人確認をしているようです。

 

 

彼氏ができるまで

 このマッチングアプリは相手のプロフィールを読んで、「いいね!」を送り、相手も「いいね!」すると、マッチングが成立します。

 

 

  それから初めてメッセージのやりとりができる、と言うシステム。

 

 

 

 今回のマッチングアプリでは、女性は最初は無料ですが有料コンテンツがあり、男性は最初から月額料金がかかります。

 

 

 マッチングアプリでメッセージのやりとりをするまでは早く、マッチングアプリインストールから1週間ほど、2人目の人が実際に会うまでに至り、その方とお付き合いすることになりました。

 

 

 私はカッコいいからという理由でお医者さんが好きで、以前からお医者の彼氏と付き合いたい・・・と思っておりました(笑)

 

 

 このマッチングアプリで、お医者さんとマッチングすることができましたので、幸運にも自分の好みの人と付き合うことができました。

 

 

マッチングアプリ、彼氏・彼女の作り方

 今のマッチングアプリは管理が厳しいので、10年くらい前に比べてかなり安全になったと感じました。

 

 

 しかし本気で恋人を作り、付き合うとなると、やはり使い方にはコツが必要だと思います。

 

 

プロフィールはしっかり書く

 今回使ったマッチングアプリはプロフィールを詳細に書けるようになっています。

 

出身、年齢のほか、職業、年収、子供に対する意識、出会うまでに必要な時間、離婚歴など、出会うために必要な情報を得ることができます。

 

 

 さらに、このマッチングアプリでは自由記述形式の紹介文も載せられるので、その人がどんな人か、大まかに分かるようになっています。

 

 

 マッチングアプリのプロフィールはできるだけ詳細に記入したほうが自分に合った相手に声をかけてもらいやすくなります。

 

 

 自由記述の紹介文を書いていない人がいましたが、これは絶対にある程度のボリュームで書いた方がいいです。書いていないと興味が湧きません。

 

 

 書いていても5行くらいで終わっていると、それ以上知りたいと思えません。

 

 

  例文を見ることもできますので、できるだけ詳しく書いたほうがよいと思います。

 

 

顔写真は分かりやすいものを

 マッチングアプリのプロフィールには写真を何枚も載せることができます。

 

 

  この写真を見て第一印象を判断していましたが、自信がないのか、自分の顔写真を載せていない男性が多く見られました。

 

 

 真は分かりやすいものを載せた方が声を掛けてもらえる確率がかなり上がります。

 

 

  顔も知らない人と、付き合うことはおろか、マッチングアプリでメッセージのやりとりをしようとはなかなか思わないからです。

 

 

 

 マッチングアプリでの顔写真のコツは、単純で、分かりやすいこと清潔な髪型と服装であること笑顔であること(笑顔のくだりは人の好みなので絶対ではないと思いますが・・・)。

 

 

  この程度だと思います。

 

 

 

 容姿の美しさはハッキリ言って関係ありません。

 

 

  本気で恋人が欲しいのなら、ケータイカメラで簡単に撮れますから、マッチングアプリプロフィール専用の写真を作った方がいいでしょう。

 

  

相手の「いいね!」に返す

 今回使ったマッチングアプリでは相手のプロフィールが詳細に乗っており、職種や年収までも知ることができます(嘘を書いていたら、わかりませんが)。

 

 

 心理的にどうしてもマッチングアプリの年収に目がいってしまい、高い人を狙って「いいね!」していたのですが(笑)、相手方の好みは私にはわかるわけもなく、あまり「いいね!」が返って来ません。

 

 

  返って来ても、やりとりせずに終わることが多かったです。

 

 

 やってみて思ったのは、

 

 

  マッチングアプリでは相手の「いいね!」に返すのが最も効率的だと思いました。

 

 

  写真やプロフィールなどをみて相手はすでに自分のことを気に入っているので、マッチングアプリでその後のやりとりが続きやすくなります。

 

 

LINEのID交換は落ち着いて

 マッチングアプリは男性が初めの方から有料で、

 

 

  メッセージのやりとりにお金がかかります。

 

 

  女性は気にせずやりとりできるのですが、

 

 

  男性はマッチングアプリでケチって直ぐに「LINE教えて」と言うと、私としては引きます。

 

 

 

 と言うのも、マッチングアプリは月額料金がべらぼうに高いわけではないので、

 

 

  出会うまでのちょっとした出費をケチる人とは正直結婚したくない、付き合うのもいやです。

 

 

  ケチな男は嫌われます。

 

 

 付き合う、そして結婚を視野に入れた相手を選ぶためには、経済力や懐の深さの判断も必要です。

 

 

  男性陣には申し訳ないのですが。

 

 

 こちらもマッチングアプリで男性が有料であることは知っていますので、ある程度やりとりしてからLINEに切り替えました。

 

 

 それでもマッチングアプリのメッセージのやりとりにお金を払うのが嫌だ、と言う男性は、事情を伝えてID交換をしましょう。

 

 

 

 個人的には、何事も焦りは禁物だと思います。

 

 

直ぐに会おうと言わない

 本気で恋人が欲しい人は、会う前のマッチングアプリやりとり中に、ある程度本当にこの人でいいか考える時間が欲しいです。

 

 

  会わないと始まらないとは思いますが、

 

 

  マッチングアプリは知らない人と知り合うサイトなので、リスクもあります。

 

 

 まずその人が安全な人間であるかどうかを判断するので、私は会うまでにある程度時間が欲しいです。

 

 

  マッチングが成立して、直ぐに「いつ会う?」と言われても、引きます。

 

 

 気持ちを抑えて、冷静に信頼関係を築いていくことが必要だと感じました。

 

 

 彼氏・彼女を作ること自体は簡単だった

 と言うわけでマッチングアプリで私はあっさり彼氏ができました。

 

 

  いい人と付き合うことができて本当に嬉しかったです。

 

 

 ただ、この歳で独身の理由はほかにもあり、私は継続が苦手なので、そこが新たな課題点です・・・^^;

 

 

(お医者の彼氏とは、その後、半年で破局してしまいました^^;)

 

 

 彼氏や彼女を作ることと、関係を維持することは、また別の問題。

 

 

  だいたい半年くらいしか続かないことが多く、

 

 

  今までの反省を活かして次の彼氏は大切にしていこうと思っています。

 

 

 マッチングアプリは本当に簡単に出会うことができます。

 

 

 職場に出会いがない方は、上手に使って婚活にお役立てください。

 

 

 

 

保存保存